バファローズ 1 - 4 マリーンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日からマリンでバファローズとの3連戦。
先発はマリーンズが岩下、バファローズが田嶋です。
岩下のピッチングは素晴らしく、5回まで1本もヒットを打たれませんでした。
田嶋も序盤は良かったのですが、3回裏にやや制球を乱し、荻野に四球を与えます。
荻野が盗塁を決め、マーティン三振で2死2塁。
ここで鈴木がセンターにタイムリーヒットを放ち0−1。
マリーンズが1点を先制します。
さらにレアードがツーベースヒットを放ち2死2,3塁としますが、清田のライトフェンス際へのファールフライをオリックスのライト松井祐がジャンピングキャッチ。
ファインプレーに阻まれました。

5回裏。
マーティンがライトにソロホームランを放ち0−2。
打った瞬間ホームランとわかる弾丸ライナーでした。

6回表。
安達がセカンド内野安打で出塁。最初アウトだったのですがリクエストの結果覆りました。
その後2死1塁となり、ランナーの代走小田を牽制で刺してチェンジ。
オリックス西村監督がまたリクエストしますが、今度はアウトのままでした。

7回表。
福田四球、西野ショートゴロ、吉田四球で1死1,2塁。
ここでマリーンズはピッチャーを松永に代えます。
松永はモヤを三振に仕留めて交代。3番手は東條です。
東條はロメロに四球を与え、宗に押し出し死球を与えて1−2。
1点差とされます。
続くロッテキラー後藤はなんとかセカンドライナーに打ち取りチェンジ。
ピンチを最少失点でしのぎました。

7回裏。
オリックスのピッチャーはエップラー。
荻野がヒットで出塁し、マーティンの打席でエンドランを敢行。
マーティンはライト戦にタイムリーツーベースヒットを放ち1−3とします。
さらに鈴木がセンターにタイム李ツーベースを放ち1−4。
勝負を決めました。

マーティンは8回表にもライトフライをナイスキャッチ。
いいですね。

結局最後は益田が締めて1−4で試合終了。
谷保さんの1軍公式戦の担当試合数1800試合の節目の試合に勝利。
そして観客動員も100万人を突破しました。

明日も勝って上位を目指しましょう。


ロッテうぐいす嬢の谷保さん、通算1800試合到達(ニッカン)
ロッテの場内アナウンスを務める谷保恵美さんの1軍公式戦担当試合数が1800試合となった。連続試合担当は1593試合。デビューは91年8月9日・日本ハム戦(川崎球場)。連続試合担当は96年10月1日・近鉄戦(ZOZOマリン)から継続中。

谷保さんは球団を通じ「入社30年目で場内アナウンス担当を務めさせていただいて29年間。こんな日を迎えることになるとは夢にも思っていませんでした。裏方の私がスタンドのファンの皆様から拍手とコールをいただけるなんて、感謝感激です。こんなに幸せを感じた日はありません。本当にありがとうございます」とコメントした。

谷保さんにはロッテホテルよりソウルメインタワーペア宿泊券(2泊)がプレゼントされた。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング