ホークス 5 − 3 マリーンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

昨日の試合でマリーンズが4連勝!
厳しい日程の中マリーンズが頑張っています。
今日勝てば5連勝なのですが、実は井口監督になってから一度も5連勝したことがありません。
最後の5連勝は2016年。2年以上も前なのです。
今日は果たして勝てるでしょうか。先発はマリーンズが佐々木、ホークスが松本です。
なお、昨日の試合で死球を受けた三木は「千葉市内の病院」で打撲と診断され、抹消されずにベンチ入りしています。

2回裏。
角中がツーベースヒットで出塁。
清田三振、井上四球で1死1,2塁。
ここで田村の打球はファーストゴロとなりますが、打球が1塁ベースに当たってライトへと抜けていきました。
マリーンズにとってはラッキーなタイムリーヒットで0−1。マリーンズが先制します。
さらに続く平沢のファーストゴロの間に3塁ランナーがホームインし0−2。
幸先よく2点を先制しました。

5回表。
長谷川にソロホームランを打たれて1−2。1点差となります。
さらに上林と甲斐にヒットを打たれて無死1,3塁となったところで佐々木は交代。
勝利投手の権利を目前にしての交代でした。
2番手は永野。
永野は釜元を空振り三振、甲斐も盗塁失敗で三振ゲッツーとします。
そして牧原ショートゴロでチェンジ。ピンチを抑えました。

5回裏。
マーティンがソロホームランを放ち1−3。
点差を2点に広げました。

7回表。
この回から登板のチェンが誤算。
全く制球が定まりません。ボール球連発です。
長谷川死球、上林送りバント、甲斐四球で1死1,2塁。
ここで今宮にスリーランホームランを打たれて4−3。
一気に逆転されてしまいました。
チェンは負け試合では好投するのに、勝ち試合だとダメなピッチャーです。
疲れているチェンをこの場面で使うのは悪手でしたね。起用したベンチのミスです。

7回裏。
ホークスのピッチャーは嘉弥真。
平沢が四球で出塁。荻野が送りバントも、甲斐が2塁に悪送球。
無死1,3塁となります。
続くマーティンは三振も荻野が盗塁を決めて1死2,3塁。チャンスです。
しかし鈴木はふわりとショートライナーを打ちあげてしまいます。
そしてなんと3塁ランナーの平沢が打球を見ずにスタートを切っていました。
まさかのダブルプレーでチェンジです。
これはいけません。
平沢のボーンヘッドですが、ベンチから打球を見ずに走れというギャンブルスタートのサインが出ていた可能性があります。
ダブルプレーの危険を高めてもスタートを切らせる意味が分かりません。ゴロゴーで十分ですよ。
鈴木が倒れてもレアード、角中と続くわけですから。
もしギャンブルスタートのサインを出したのであれば、井口監督の勝負勘の無さがまた一つ証明された形となります。

8回表は酒居がデスパイネにソロホームランを浴びて5−3。
こうなると反撃の力も無く抑えられ、結局5−3で負けました。
勝てる試合だっただけに、チェンの起用と平沢の突入指示という監督の采配で落とした形ですね。残念です。








マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング