ライオンズ 4 - 2 マリーンズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今宮のホームランから歯車が狂いっぱなしのマリーンズ。
早くこの流れを止めないとズルズル負けが込んでしまいます。
マリーンズの先発は種市、ライオンズの先発は十亀です。

1回表。
秋山三振、源田ヒット、森さん新、中村サードゴロでチェンジ。
上々の立ち上がりです。

1回裏。
マーティンがヒットを放つと、鈴木がライトへのタイムリースリーベースヒットを放ち0−1。
マリーンズが先制しました。

2回裏。
1死から柿沼、平沢、荻野のヒットで満塁。
マーティンはファーストゴロに倒れますが、3塁ランナーがホームインして0−2。
マリーンズが追加点を入れました。

3回以降は種市の奪三振ショーが開幕。
3回表は秋山と源田が三振。
4回表は中村、栗山、外崎が3者連続三振。
スライダーとストレートで面白いように三振が取れます。

しかし6回表。
源田にツーベースヒットを打たれると、森にセンターへのタイムリーヒットを打たれて1−2。
ついに失点しました。

7回表。
木村文紀のソロホームランで2−2。
同点に追いつかれました。
木村はいったい何なんですか。
打率は2割台前半なのに、マリーンズ戦だけは打率.342も打っています。
他チーム相手に2割か1割ですよ。外崎がおとなしいと思ったら、新たなロッテキラーが誕生してしまいました。

8回表からマリーンズのピッチャーは松永。
しかし松永が栗山にツーランホームランを打たれて4−2。
だから松永は信用できないのです。

結局4−2で逆転負け。
先制したのにその後打線が沈黙し、種市を援護することができませんでした。
種市は12個も三振を奪ったのですが、木村のホームランが痛すぎます。
せっかく多くのお客さんが詰めかけたのに、情けない試合をしてしまいました。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング