マリーンズ 6 − 1 ファイターズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

今日から東京ドームで日ハムとの3連戦。
一昨年は涌井がパ・リーグ最多記録の6被弾を喫して大敗するなどいい思い出がありません。
しかし、今日の日ハムは4番清宮というロッテをなめ切ったスタメンをかましてきました。
いくらなんでも4番清宮でロッテに勝とうだなんてバカにするにも程がある。
ロッテの意地を見せてもらいましょう。

先発は石川です。中継ぎで結果を出せずに戻ってきましたが、今日は好投。
たまにはこういう日があってもいいと思います。
1回裏に渡邉にタイムリーヒットを打たれて1点を失いますが、2回以降は得点を許さず、7回途中まで1失点で投げぬいてくれました。

しかし、マリーンズ打線が日ハムの継投策に対応できずゼロ行進。
堀、バーベイト、村田の継投の前に打線が沈黙し、6回までわずか2安打しか打てません。

7回表。
ファイターズのピッチャーはこの回から石川直。
まず先頭の井上がセンターへのツーベースヒットで出塁します。
ここで代走に岡を起用。
続く角中はライト前にタイムリーヒット。前進守備でしたが2塁ランナーの岡がキャッチャーのタッチをかいくぐってホームインしました。
これで1−1の同点。岡の好走塁が光ります。

7回裏。
石川が1死1,2塁のピンチを招いたところで降板。
2番手の東條が大田をサードゴロに打ち取り、さらに3番手松永が近藤を見逃し三振に仕留めてチェンジ。
継投策でピンチを抑えました。

8回裏は東妻が三者凡退。

9回表。
ファイターズのピッチャーは秋吉。
鈴木ショートフライも岡がレフトにツーベースヒットを放ち、角中もライトへのヒットで1死1.3塁。
レアード四球で満塁となります。
ここで中村がセンターへのタイムリーヒットを放ち3−1。
最終回でマリーンズが勝ち越しに成功しました。
さらに平沢がセンターにタイムリースリーベースヒットを放ち5−1。
とどめは細川がタイムリーヒットを放ち6−1。
この回5点を奪う猛攻で一気に点差を広げました。
9回裏は益田が抑えて試合終了。
東京ドームのハム戦で勝つこともあるんですね。
6−1で勝利し、連敗を止めています。

明日のハムの先発は吉田。打つしかありません。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング