マリーンズ 11 − 6 ホークス
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

昨日は最後に力尽きたマリーンズ。
今日の先発はマリーンズが二木です。
一方のホークスはブルペンデーということで中継ぎの松田遼が先発です。

1回表。
先頭の岡がツーベースヒットで出塁。すすきのセンターフライで1死3塁となります。
ここで中村が犠牲フライを放ち1−0。マリーンズが先制しました。

3回表。
平沢が四球で出塁すると、岡がホームランテラスに飛び込むツーランホームランを放ち3−0。
リードを広げます。
続く鈴木はショートゴロ、中村四球で1死1塁となったところでホークスは先発松田遼を交代。
2番手に椎野を登板させました。
井上ライトフライ、中村盗塁、角中四球で2死1,2塁。
ここでマーティンがライトにタイムリーヒットを放ち4−0。
さらに田村もライトにタイムリーヒットを放ち5−0。
マリーンズがリードをさらに広げました。

4回裏。
柳田内野安打、デスパイネレフトフライで1死1塁。
ここで二木はグラシアルに死球を与えます。しかしスイングしているようにも見えます。
井口監督はスイングではないかと抗議に出ましたが、ほどなく球審が退場を宣告。
「井口監督を禁止行為で退場といたします」という説明だけではよくわかりません。

その後内川を三振に仕留めますが、松田に2点タイムリーツーベースヒットを打たれ2−5とされてしまいます。

5回表。
ホークスのピッチャーは奥村。
鳥越代理監督の元で一致団結したマリーンズ打線がホークスに襲い掛かります。
中村がヒットで出塁すると、井上、角中連続四球で無死満塁。
ここでマーティンのセカンドゴロの間に1点を追加し、田村犠牲フライでもう1点追加。
7−2とします。

6回表。
ホークスのピッチャーは杉山。若手ばかり出てきますね。
平沢のヒット、岡の送りバント、鈴木の四球、杉山の暴投で1死1,3塁。
ここで中村がセンターにタイムリーヒットを放ち8-2。
井上もライトにタイムリーヒットを放ち9-2。リードを7点に広げました。

7回裏。
二木は6回2失点で降板し、2番手に酒居が登板。
2死1,2塁のピンチを招くと、牧原にセンターへのタイムリーヒットを打たれて3−9とされます。
後続を抑えてこの回を終えますが、不安定なピッチングでした。

8回表。
岡四球、鈴木センターフライ、中村ショートゴロ、井上ヒット、角中四球で2死満塁。
ここでマーティンが押し出し四球を選び10−3。二けた得点です。
さらに田村がタイムリーヒットを放ち11−3。今日は打線が爆発しました。

8回裏。
東條が登板。
しかしグラシアルにツーランホームランを打たれて5−11とされます。
さらに2死1塁で甲斐にタイムリーツーベースを打たれて6−11。
今日の東條はちょっと不安定でしたね。

9回はチェンが抑えて試合終了。
きょうはマリーンズが大量得点で圧勝でした。
今年のホークスはマリーンズに苦手意識を持っているようなのでチャンスです。
明日も勝ちましょう。

さて、今日の井口監督の退場はハーフスイングに対して抗議することがルール上できないからだそうです。
最初から死球についてのリクエストをすればよかったですね。

「審判に近づいたら」アウト!井口監督即退場はルール(ニッカン)
ロッテ井口資仁監督(44)が選手時代を通じても初めて退場となった。ソフトバンク戦の4回。先発二木がソフトバンク・グラシアルに死球を与えた。この時グラシアルがスイングしていたように見えたため、井口監督がベンチを出て抗議。少し話をした後、嶋田球審が退場を宣告した。

井口監督はスイングかどうかに加え、死球が実際に当たっていたかにも疑問があったそうで「『これ以上(スイングについて)話すと警告になりますよ』と言われて。その後に死球かどうかリクエストしようかなと思ったところで退場だった。選手も死ぬ気で頑張ってるので、しっかり判定してもらわないと」と振り返った。

その上で「僕ももっと冷静になれば良かった。お互いもっと冷静にならないと、いい試合はできないと思うので。僕もチームに迷惑をかけたので反省したい」と話した。

嶋田球審は「ハーフスイングは審判の判断が最終判断。それに対してベンチから出た時点で警告なんです。審判に近づいたら退場。やりとりとかではなく、そのルールを適用しました。死球かどうかのリクエストはできますが、そのリクエストの話じゃなかった。井口監督は『スイングだ』と言っていたので」と、退場処分を下した経緯を説明した。

ロッテは監督退場後も着実に追加点を挙げて勝利。ソフトバンク相手に今季17勝目(8敗)を挙げた。同球団相手にシーズン17勝したのは00年以降は01年ロッテ(17勝11敗)、08年日本ハム(17勝7敗)に次いで、のべ3チーム目となる。監督退場後に代理で指揮を執り、円陣を組んで選手たちを鼓舞した鳥越ヘッドコーチは「少なからず動揺があったので。17勝? 選手が頑張った。それに尽きます」とたたえた。



こちらは残念なニュース。松永が左肩痛で2軍に落ちてしまいました。
不安定ですがいないと困るのが松永。
左の中継ぎの育成を急ぎましょう。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング