マリーンズ 1 − 3 バファローズ
ダイジェスト動画
ニッカン式スコア

昨日は絶対に勝たなければいけない試合でした。
にもかかわらず投手を無駄に投入して負け。痛い、痛すぎます。
やはり京セラドーム大阪は鬼門なのでしょうか。
今日の先発はマリーンズが西野、オリックスが山岡です。
今年の山岡はマリーンズ相手に5試合投げて3勝0敗。
ロッテキラーというほどではありませんが、いつも抑えられている印象があります。

1回表。
荻野ヒット、鈴木送りバント、マーティン死球で1死1,2塁。
しかし井上はセカンドゴロゲッツーに倒れてチェンジ。
せっかくのチャンスを4番がゲッツーでつぶしてしまいました。
初回からこれでは「今日もダメか」と思わされてしまいます。
2回以降も得点の気配が無く、西野が踏ん張るしかない展開となりました。

3回裏。
先頭の西浦がライトへのツーベースヒットで出塁。西浦は3塁を窺いますが、マーティンの好返球で足止めします。
続くバッターは安達。安達は送りバントの構えからバスターを敢行します。
打球は前進守備のファースト正面へのゴロ。ファースト井上が3塁に送球し余裕で3塁アウトかと思われましたが、井上の送球が良くありません。
ワンバウンドの上勢いが無く、サード鈴木がベースの後ろで捕球する羽目になってしまいました。
何ということでしょう。オールセーフで無死1,3塁となってしまいました。
ここでロッテキラー若月がセンター前に落ちるタイムリーヒットを放ち0−1。
オリックスに先制を許しました。荻野が打球判断を誤り一旦後ろに下がってしまいました。

そして無死2塁となったところで宗が送りバントを決めて1死2、3塁。
続く福田は左中間にライナー性の打球を放ちますが、荻野が俊足を飛ばしてスーパーキャッチを決めます。
ただ3塁ランナーはタッチアップでホームイン。犠牲フライで2点目を失いました。
吉田レフトフライで長かった3回裏がようやく終わりましたが、0−2と2点のビハインドです。

4回裏。
ロメロがツーベースヒットで出塁。
モヤのライトフライで3塁に進み、中川のタイムリーヒットで0−3。
今日の山岡の出来が良いだけに、3点差はきついです。
中盤以降もマリーンズは山岡を打てず、7回終了時点でわずか3安打と完全に抑えられました。

回は進み8回表。
2アウトから藤岡が粘って四球を選び、荻野レフト前ヒットで2死1,2塁。
ここでオリックスは好投する山岡を降ろし、抑えのディクソンを投入します。
バッターは鈴木。なんとかしてほしい!
鈴木はファンの期待に応えセンターへのタイムリーヒットを放ち1−3。
ようやく1点を返しました。
さらにチャンスが続いたものの、マーティンはショートゴロに倒れてチェンジ。
1点だけでは・・・。

9回表。
2アウトから代打清田ライト前ヒット、中村レフト前ヒットで2死1,2塁とチャンスを作ります。
しかしレアードが外角低めのストレートに空振り三振。
痛い、痛すぎる。1−3でオリックスに連敗。西野は良く投げてくれましたが、打線の援護がありませんでした。
チャンスを作っても2アウトなんですよね。2アウトだとヒットか相手のエラーでしか点が取れませんし、なかなか巡り合わせが悪いです。

それにしてもオリックスに勝てません。
京セラドーム大阪での対戦成績は3勝10敗となってしまいました。
トータルでも9勝15敗でオリックスに負け越し。ソフトバンクには17勝8敗と大きく勝ち越しているのに、なぜか勝てません。

これで楽天が負けてくれればよかったのですが、西武の中継ぎ陣が打ち込まれて6−0で楽天が勝利。
1.5ゲーム差となりました。
いよいよ崖っぷちです。もう1敗もできません。
マリーンズが残り3試合、イーグルスが残り4試合。
マリーンズ3勝0敗なら楽天は2勝2敗以下、マリーンズ2勝1敗なら楽天1勝3敗以下でマリーンズのCS進出が決まります。
逆に楽天が残り4試合で3勝した場合は楽天のCS進出が決まり、マリーンズは4位となります。

なお、勝率が同率となった場合は直接対決で勝ち越しているチームが上位となります。
今シーズンはマリーンズが13勝10敗2分で楽天に勝ち越しているので、同一勝率ならマリーンズが上になります。
明日マリーンズが負けて楽天が勝つとマリーンズの4位が確定というのは間違いですね。

いずれにせよ明日負ければほぼ望みが絶たれるのは事実。
状況は厳しいですが、勝てばいいのです。可能性はあります。
ファンの声援の後押しで、ホーム3連勝を決めましょう。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング