8614

ペルー・ボリビア旅行記の第6回です。
3日目はナスカの地上絵を見ます。
ピスコの空港からセスナ機に乗ってナスカの地上絵を見ました。

にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング
■ 3日目 2018年1月27日

DSC05455

ペルー・ボリビア旅行の3日目はセスナ機に乗って空からナスカの地上絵を眺めます。
ピスコ空港から1時間半のフライト。ナスカまで往復30分ですから、地上絵を見るのは30分間ということになります。
地上絵のあるエリアに着くと上記の写真のようなルートをたどり、主だった地上絵を上空から見ます。機内のどちらの窓からも地上絵を見られるように旋回しながら見ていくのだそうです。
セスナ機は相当揺れるとのことで酔い止めを飲みましたが、大丈夫でしょうか。


DSC_8304

11時44分。セスナ機に乗って出発です。


DSC_8305

ナスカへの遊覧飛行機には我々の他中国人の観光客が乗っています。


DSC_8312

14人ほど乗り込みました。機内は狭いです。そしてやはりというか、すべての座席にエチケット袋が用意されています。

DSC_8321

セスナ機はピスコからナスカへと向かいます。
この地方は年間降水量が1mm以下とほとんど雨が降らないそうで、乾いた大地が広がっています。
だからこそ土を掘って描いただけの地上絵が2000年も保存されてきたのでしょう。


DSC_8350

ピスコから30分。いよいよナスカの地上絵です。


DSC_8386

思っていたよりも飛行高度が高いです。地面ははるか下。これで地上絵が見えるのでしょうか。


DSC_8406

パイロットが「クジラ、クジラ、クジラ」と連呼しながら機体を大きく傾けて旋回を始めました。
第一の地上絵、クジラが見えているはずです。どこでしょう。


DSC_8415

あった!翼の下!そして揺れる!気持ち悪い!


DSC_8425

1眼レフカメラの16倍ズームでようやくちゃんと見えました。18-300の望遠レンズです。
肉眼で見るのはかなり大変ですよ。


DSC_8438

眼下には台形の地上絵が見えています。これは大きいので余裕です。


DSC_8460

続いては山のところに宇宙飛行士の地上絵が見えるはずです。


DSC_8479

「宇宙飛行士」と言いながらパイロットが旋回を始めました。
どこだ?


DSC_8490

山の端っこに見えているあれか?小さいぞ!


DSC_8492

16倍望遠でようやくこの大きさです。
宇宙飛行士と言いますが、タコ人間にも見えます。


DSC_8532

サルの地上絵。渦巻き型のしっぽが特徴的です。


DSC_8549

サルの下に謎の幾何学模様があります。


DSC_8561

翼の下には犬の地上絵が見えています。


DSC_8566

犬の地上絵。しっぽがピンと立っています。


DSC_8593

ハチドリの地上絵。この辺りは地上絵が固まっています。


DSC_8594

ズームしないで撮影するとこの大きさです。中央にハチドリの地上絵がありますが、わかりますか?


DSC_8601

望遠レンズでファインダーを凝視していると酔ってしまいます。
しばらく遠くを眺めて深呼吸をしました。


DSC_8612

上にコンドル、下に木の地上絵が見えています。


DSC_8613

コンドルの地上絵。芸術的な地上絵だと思います。


DSC_8615

コンドル。


DSC_8621

クモの地上絵。リアルですね。


DSC_8628

なんだかよくわからない鳥の地上絵です。
色々なガイドブックや本を読みましたが、何の地上絵だかわかりません。


DSC_8633

かなり大きな地上絵です。


DSC_8643

下の方に見えているのがアルカトラスの地上絵。ジグザグのくちばしが特徴的です。


DSC_8644

左側になんだかよくわからない鳥、右下にハチドリがあります。とても大きな地上絵です。


DSC_8653

地上絵のある地帯にパンアメリカンハイウェイが建設されたおかげで、貴重な地上絵が破壊されてしまいました。
左側のトカゲの地上絵が見事にぶった切られています。
駐車場の下には木、その右には手の地上絵があります。
車の小ささをみていただければ我々がどれぐらいの高さから地上絵を眺めているのかがわかると思います。
そして、地上絵の大きさも。


DSC_8654

ズームしないで肉眼で見るとこうなります。小さい!
テレビではもっと地面に近いところから見られますが、あれは取材用に特別な許可を得て低空飛行をしているのだそうです。一般人はこの高さからしか見られません。


DSC_8658

オウムの地上絵。


DSC_8682

地上絵を上空を飛んで30分。もう限界です。機体を恐ろしく傾けて旋回しますし、揺れも激しいので吐きそうです。実際に吐いている人もいました。
13時30分前にピスコ空港に着陸。一同ヘロヘロです。

ネットでは「ナスカの地上絵は小さくて面白くなかった。がっかりスポットだ」という感想が見られますね。
確かに小さくて見つけにくい地上絵もありました。飛行機が大揺れしてまるでジェットコースターの陽でしたし、二度と乗りたくありません。
ですがあのナスカの地上絵を肉眼で見ることができるというのはとても贅沢なこと。
感動します。間違いなく感動します。あのセスナ機にもう一度乗れと言われれば断りますけども、行ってよかったと思います。


DSC_8692

14時前に近くのレストランで昼食となりました。

DSC03014

開放的な雰囲気です。


DSC_8689

ペルー伝統のポテトサラダ。カウサと言います。


DSC_8690

魚とご飯。気持ち悪くてあまり食べられませんでした。


DSC_8691

デザート。


DSC_8693

15時前に出発。バスでリマへと戻ります。


DSC_8704

「フジモリ」と書かれています。大統領選挙のPRですね。ペルーは選挙ポスターではなく、壁に名前を書くことでアピールしています。


DSC_8708

リマ近郊のスラム街。


DSC_8720

ペルー中心部に入ると陽が暮れました。


DSC03015

夕食はホテルで。


DSC03016

牛肉と野菜の炒めもの。ペルーの定番料理でロサモルタードというそうです。

明日の朝は飛行機でインカ帝国の首都クスコに向かいクスコを半日観光。
午後はバスと鉄道を乗り継いでマチュピチュのホテルへと向かいます。
いよいよ高山地帯に乗り込みますから、体調を整えていきましょう。