マリーンズ 3 - 7 ファイターズ
ニッカン式スコア
ダイジェスト映像

今日から札幌ドームで北海道日本ハムファイターズとの3連戦。
毎年のようにマリーンズを苦しめる野球巧者ですが、今のところ本調子ではありません。
この3連戦で勝ち越せないと首位ホークスの背中はどんどん離れていきますから、なんとしても勝ちたいところです。
まず初戦の先発はマリーンズが中村稔、ファイターズがマルティネスです。
スタメンは1番レフト角中、5番にファースト菅野、6番指名打者佐藤、7番センター岡というラインナップ。
打撃好調の加藤は腰に張りがあるそうでスタメンを外れました。井上も足を痛めているらしくベンチスタートです。
どうでもいいですがマルティネスがひげをそったらニッチローに似ていると思います。

1回表
角中がツーベースヒットで出塁。マーティン三振、中村ショートライナーで2死2塁。
ここで安田がセンターにタイムリーヒットを放ち1−0。
マリーンズが先制しました。

3回表。
角中がレフト前ヒットで出塁。マーティンショートフライで1死1塁。
続く中村の打席で角中が盗塁を仕掛け、ファイターズのキャッチャー清水が2塁に悪送球。
角中は三塁に進みました。バッターの中村は四球を選んで出塁。1死1,3塁となります。
菅野サードフライで2死1,3塁。
ここで頼れる打棒のルーキー佐藤がライトにタイムリーツーベースヒットを放ち3−0。
佐藤の一振りで2点を追加しました。
ここまではマリーンズが優勢でした。

3回裏。
立ち上がり好調だった中村稔が打たれます。
1死から清水レフト前ヒット、杉谷ライト前ヒットで1死1,3塁。
ここで松本にレフトへのタイムリーヒットを打たれて3−1。
続く西川は三振も松本が盗塁を決めて2死2,3塁。
中田は満塁策のため敬遠。2死満塁。
ここで嫌なバッター近藤に打たれました。ライト前にタイムリーヒットを打たれて3−3。
マーティンがボールをこぼしたのでエラーも記録されました。
そしてとどめは大田。レフトに勝ち越しのタイムリーツーベースヒットを打たれて3−5。
中村稔はこの回5失点。あっという間に逆転されてしまいました。

4回表。
ファイターズのピッチャーはこの回から加藤。
先発のマルティネスは3回で交代しました。
2アウトから角中が内野安打で出塁して猛打賞となるも、マーティン三振でチェンジ。
角中が出塁してマーティンが凡退するというシーンが3回もありました。

4回裏。
2死1塁の場面でピッチャー交代。
2番手に東妻が出てきました。
東妻は松本にツーランホームランを打たれてしまい3−7。
交代が裏目に出ました。

6回表。
1死から藤岡がヒットで出塁し、柿沼の代打に井上を起用。
しかし井上はレフトフライに倒れ、角中もレフトフライでチェンジ。

8回表。
ファイターズのピッチャーはこの回から玉井です。
腰の張りでスタメン落ちしていた加藤が岡の代打で登場。
今日の岡は3打数無安打2三振といいところがありませんでした。とてもスタメンで使える成績ではないのですが・・・。
加藤はセンター前ヒットを放ち出塁、藤岡レフトフライで1死1塁となります。
ここでなんと井口監督はキャッチャー江村に代打鳥谷を起用。
なぜこの打席で鳥谷なのか。問題はキャッチャー江村に代打を出したことで、控えキャッチャーがいなくなり、DHの佐藤をDH解除してキャッチャーに回さなければならないからです。
もし8回裏に佐藤が負傷退場したらどうするのでしょう。キャッチャーがいなくなるのです。
最終回ならいざしらず、リスクがあるのにDHを解除してまで代打鳥谷を起用するメリットがどこにあるのか。
私にはわかりません。

打ってくれれば文句はいいませんよ。
しかし実際は玉井の変化球にタイミングが合わず、ストレートに手が出ず見逃し三振。
最悪です。もはや大打者としても目も衰えています。
その後角中が四球を選ぶも、マーティンセカンドゴロでチェンジ。今日のマーティンは全然ダメでした。

8回裏。
登場が2死1,3塁のピンチを招きましたが、松本をファールフライに打ち取りチェンジ。

9回表。
宮西にあっさり3人で抑えられて試合終了。
3−7でファイターズに負けました。

試合後の井口監督のコメントです。
「自分の投球がまったくできなかった。攻めた投球ができなかった。変化球もストライクが取れないし、ストライクとボールがはっきりしていて、そのへんをなんとかしないとローテーションでは投げられない。(左ふくらはぎを打撲している井上は代打の1打席のみで交代したのは)まだ守備できるまでいっていない。今日はDHとも思ったが、そこまで回復していない。明日も状況を見て(起用法を)決めたい。なかなかメンバーがそろわないですね。加藤も腰に張りがあるのでスタメンでいけない。そのへんを我慢していかなければならない。(打線はチャンスはつくり)いい形で攻めていたが、大量点になるかが、こっちと向こうの差だった。」

中村稔に怒りをあらわにしていますが、そんなに勝ちたいのなら先日のように1点差負けで鳥谷を起用する意味がわかりません。

負け以上に、いろいろな意味で後味の悪い試合となりました。



ロッテ・荻野が一発、福田秀2安打 関西独立L選抜との練習試合で実戦復帰(スポニチ)
故障で2軍調整中のロッテ・荻野と福田秀が18日、関西独立リーグ選抜との練習試合(ロッテ浦和)にスタメン出場した。
 右大腿二頭筋を痛めている荻野は「3番・DH」で出場し、左越え2ランを放つなど3打数1安打2打点。「足の状態はよくなっています。まずはDHからとなりましたが早く守備についてフル出場できるようにしていきたいです。そして1日でも早く1軍に上がれるように頑張っていきたいと思います」とコメントした。

 右恥骨筋損傷から復帰を目指す福田秀は「2番・中堅」で2打数2安打1打点、1四球と上々の内容。「思ったよりも時間がかかってしまいましたがこれからしっかりと2軍でアピールをして1軍に呼んでもらえるように頑張りたいです」と早期復帰をアピールした。

 報告を受けた井口監督は「2人とも無事に出て、貴司(荻野)は走塁機会なかったけれど、DHでこなして、秀平(福田)もヒット打って走塁機会もあった。順調に来ていると思います。秀平の方が早いかなと思う。来週あたり合流できたらなと思います」と今後の見通しを明かした。



マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング