【ロッテ】荻野貴司、FA行使検討…35歳220盗塁「自分の評価を他球団から聞いてみたい」(報知)
ロッテの荻野貴司外野手(35)が国内フリーエージェント(FA)権の行使を検討していることが19日、分かった。昨年6月に国内FA権を取得し、昨オフは宣言せずに1年契約で残留した。今季も残留が基本線とみられていたが、球界関係者によれば10年から過ごすチームに強い愛着を感じている一方で、近い関係者に「今の自分の評価を他球団から聞いてみたいとも思っている」と話しており、残留を含めさらに成長できる環境を求めているようだ。

 プロ11年目の今季は右足の負傷や新型コロナウイルスに感染した影響で53試合の出場にとどまったが、主に1番で打率2割9分1厘、出塁率3割7分、19盗塁とチームのリーグ2位に貢献。ソフトバンクとのクライマックスシリーズでも打率6割2分5厘と存在感を放った。

昨オフに残留を決断した時には「いろいろなけがをしましたが、ここまでユニホームを着させてもらってまだまだ恩返しができていない」とチーム愛は強い。ただ走攻守そろった外野手は、昨季初のゴールデン・グラブ賞とベストナインを受賞。今年で35歳だが「まだまだ自分ではやれると思っている」と話すなど、プロ通算220盗塁を誇る自慢の快足も衰え知らずだ。

 今後は納得のいく結論を出すため熟慮を重ねる。今季年俸7800万円は人的補償が必要なBランク。チームでは今季海外FA権を取得した沢村、唐川、国内FA権を取得した松永が行使を検討中。チーム屈指の人気を誇る荻野を含め、主力の大量流失を防ぐために球団が誠意を持って残留交渉に臨むことになりそうだ。

 ◆荻野 貴司(おぎの・たかし)1985年10月21日、奈良県生まれ。35歳。奈良・郡山高では3年夏に県大会準優勝。関学大では遊撃手でベストナイン5回。トヨタ自動車で2008年日本選手権優勝。09年のドラフト1位でロッテ入団。通算784試合に出場し、打率2割8分、32本塁打、214打点、220盗塁。172センチ、75キロ。右投右打。


今度は荻野がFA移籍を検討とのこと。去年は残留を決断してくれましたが、今年はどうなんでしょう。
藤原、和田が台頭し、菅野も外野手争いに割って入ってきました。井口監督は愛する福田秀を来年も使うでしょう。そうなると荻野の出番が減ることも考えられます。
ただ、故障の多い選手であり、しかも人的補償が発生します。獲得に動く球団はあるのか微妙なところです。
個人的にはマリーンズだからこそ輝けた選手であると思うので、マリーンズで引退セレモニーをしてほしいですね。


ロッテ・益田が見せ続ける男気とマリーンズ愛 沢村&唐川へ「残って下さい、と…」(スポニチ)
 ロッテの守護神・益田直也投手(31)が19日、ZOZOマリンスタジアムを訪れ、海外FA権を取得して去就が注目される沢村、唐川の2人に対して「残って下さい、という話は何度かした」と、「残留」を要請したことを明かした。
 益田自身は昨季FA権を取得。同時に権利を取得した同期の鈴木大地と何度も何度も話し合いを重ね、「俺は残ってこのチームで戦う」と決断。一方で鈴木は新たなチャレンジのために行使を決断し、楽天移籍を選んだ。

 益田は今季、120試合制だったにもかかわらず7年ぶりの大台となる31セーブを記録。事実上の自己最高の成績を残し、チームも昨季の4位から2位と躍進した。

 選手会長を務める右腕は「違うチームでやっていたらもっといい成績を残せたかもしれない。でも(自分の)選択はよかったと思っている」と話した。来季の目標はもちろん優勝。そのために「10月に失速した。しんどいところで勝つにはどうすればいいか。そこがチームの課題」と指摘。「家族もいてそれぞれの人生がある」と沢村、唐川の選択を全面支持する構えだが、優勝に向けて2人のセットアッパーの残留は最優先事項と考えている。


益田の言葉は2人に届くでしょうか。



にほんブログ村 千葉ロッテマリーンズ
  
プロ野球・人気blogランキング