京のコンサル−仕事、学び、遊び−

京の経営コンサルとして、仕事で、趣味で、そして遊びで 日ごろ感じたこと、思ったこと、考えていることなど 徒然なるままに書き込みたいと思います。

念願の三徳寺投入堂(みとくさん なげいれどう)へ

昨5月27日日曜日、朝から快晴。絶好の行楽日和でした。

その中、朝7時半、京都駅前から「三徳寺投入堂」を目指してバスは動き出しました。名神、山陽道、
そして鳥取自動車道路、そして中山・東伯道路等を経て倉吉市へ。山間の道を経由して、12時前に山門前に到着。

昼食をとって、午後1時過ぎに「いざ投入堂」へ。聞きしに勝る難路でした。急な上り坂、鎖場も結構長く、そして足場の悪さも。カズラ坂(木の根が右往左往に這いつくばって)では、足を踏む入れるところもなく、さながらフィールドアスレチックの様相。そうこうしていると、今度は馬の背、牛の背という岩場に。片方は80mの断崖絶壁。楽しいとはいうものの、高所恐怖症の小生にはトホホ、冷や汗、脂汗、そして本当の汗も。


三徳山三佛寺 本堂 (道路から階段で
三徳山三佛寺


本堂前から見上げる地蔵堂(投入堂までの道にある)
地蔵堂


そうこうして、約1時間強。ようやく念願の投入堂の真下に。感激しました。
投入堂1



先達の若いお坊さんが曰く、結界門から入って、三途の川を渡り、今は冥途の世界。現世もつらいかもしれないが、今このように仏様の前に立つまでも結構つらかった、でしょう。と。

なるほどそうですね。


結構疲れましたが、歩数計では8千歩ほど。急な登りと急な下り。足やひざに効きます!!!

大溝まつり

毎年5月のGW、3日、4日は湖北、高島で「大溝まつり」が開かれます。今年は、曳山の引手ボランティアとして参加してきました。
京都・祇園祭の、そして大津・大津祭りの曳山(鉾)と比較して小ぶりですが、豪華さは引けを取りません。
CIMG2531

街並みもまだまだ捨てたものではありません。昭和のにおいがプンプン。そのせいか、観光客は予想外に少なめでした。宣伝広告がされていない、という点も大きいかもしれません。隠れたお祭りという感じがしました。
お神輿も出ましたが、中々勇壮でした。
小山の上のお宮さんから階段を下って、町中をめぐるということでしたが、町中は軽トラに乗せられて・・・現代的な風景でした。
CIMG2529


明後日は、仁和寺の裏山での八十八か所巡りに出現予定です。

念願の大塚国際美術館に

私のこれからの願いは、3大スポットの訪問です。
・投入堂・・・倉吉市
・大塚国際美術館・・・鳴門市
・大行寺山・・・熊本県美里町

その一つ、鳴門の大塚国際美術館に行ってまいりました。
ご存知の方も多いと思いますが、陶板を使った名画のコレクションで有名です。11時過ぎにつき、2時前まで在館していましたが、まだまだ見られなかった名画が多くありました。
入館して真正面にかの有名なサスティーナ礼拝堂が悠然と来館者を迎えてくれます。憎い演出です。

CIMG2524


もう一度行きたい美術館でした。

投入堂は断崖絶壁にあるお堂で有名です。こちらへは、来月下旬に参拝する計画です。大行寺山は参道が3333段の階段で有名です。889段の長命寺山へは地元でもあり数回お参りしたことがあります。

ともあれ、残りの時間を考えるとこの1,2年で尋ねたい場所です。

藤の老木、花を咲かせる

2018 藤の花


我が家の藤の老木、やっと花を咲かせ始めました。母が大事にしていた藤なので、我が家にやってきて50年近くになるのかな…

この2,3年、花芽も少なく、数本の枝に花が付きましたが、今年は大変立派に咲き始めました。うれしいですね。

この春は、京都・豊国神社でもらった「ひょうたん」を育てようと、先月末に種を植えました。昨日今日と2粒の種から芽が出てきており、残り3粒から芽が出ることを心待ちにしています。豊臣秀吉公をご祭神としているお宮さんなので、ひょうたんが象徴でもあり、多くの人に「ひょうたん」を育ててほしいと願っておられるらしいです。育ち始めたら、またアップします。

それにしても、花を育てるのは楽しいですね。いまさらながら気が付きました。


京の桜 散り始める

今日も暑い日中でした。ということで、桜の花も散り始めています。鴨川べりの桜は、風に乗ってパラパラと行きかう人の間に落ちてきていました。
KIMG0004

来週末は「葉桜」となるのではないでしょうか。

今年の入学式は、桜が咲いている状況ではなさそうです。

さて、
京都の玄関口、JR京都駅の混雑ぶりは筆舌に表し難いほどのすごさです。市民生活もままならないと京都の友人は話しています。バスしかり、錦通りはもとより、町中の銭湯までもがインバウンド客に占領されているようです。喜ぶべきことなのでしょうか?

4月7日から始まる”池 大雅”展 於:京都博物館

4月7日から”池 大雅”展が京都国立博物館で始まります!!

池大雅展は、京都では実に85年ぶり。前回は、昭和8年だったそうです。
また、展示点数は、前回が120点でしたが、今回は162点といわれています。国宝になっている絵画、重文になっている絵画も展示されます。
それから、18世紀の京都画壇の三巨匠、最後の一人の登場です。1995年に円山応拳、2000年に伊藤若冲、そして今年は池大雅。

4月7日から5月20日までの開催です。お見逃しなく。

一点、ご注意を。4月7日から4月30日までを前期として、5月2日から5月20日までを後期として開催され、前期には「寒山拾得図」が、後期には重要文化財の「蘭亭曲水・龍山勝会図屏風」が展示されます。寒山拾得図では指墨図に注目です。


そして、池大雅展では、ワークショップが開かれます!!!皆様が池大雅になったような気分になる仕掛けが待っています。ぜひ博物館2階のレファレンスコーナーにご来場ください。

とか言っている私は、京博ナビゲータとしてワークショップでボランティア活動をいたします。4月は2回(2日間)、5月は1回(1日)。

お待ちしていまーーす。


PS
「もの補助」のご検討は進んでいますか。起承転結と審査のポイントを外さないこと、これが採択される秘訣です。

小規模事業者持続化補助金の公募開始

小規模持続化補助金は、先週金曜日の9日に公募開始されました。

・補助率2/3で最大50万円。75万円以上の投資があれば、補助金は50万円となります。
・この補助金を利用できる業種は、ほぼすべての業種。お天道様に恥ずかしくない事業であればどのような事業でも応募できます。
・応募書類は、5月18日までに各地の商工会議所または商工会経由で提出します。
・過去にこの補助金を受けておられる企業・事業者でも今回の応募は可能です。

昨年度は、採択率が3割強と厳しい状況でしたが、たぶん今年度も同様かと思います。

私の関与先では、WEB改善、のれん製作、店舗のバリアフリー化などの採択例があります。ただ、ここ1,2年はWEB系の応募に対して結構厳しい評価をされるようになってきています。

全国の小規模事業者の皆様、どしどし応募してみてください。そして、経営力を向上させていきましょう。

平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」説明会

平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」(これが今年度の「もの補助」の正式名称です)についての説明会が開催されます。「もの補助」に関心をお持ちの皆様は、ぜひともご参加ください。昨年度の説明会に参加された方もぜひ参加を。例年と違う点が何か、その点こそが今年度の採択のカギにもなります。

京都府では、4回の説明会が計画されています。先着順の申込制です。

1 日時:平成30年3月12日(月) 午後2時〜4時30分 場所:ANAクラウンプラザホテル京都 2階 平安の間 【定員 300名】 京都市中京区堀川通二条城前

2 日時:平成30年3月20日(火) 午後1時30分〜4時 場所:サンプラザ万助 2階 ぺルラ 【定員 60名】 京都府福知山市篠尾新町3−88

3 日時:平成30年3月29日(木) 午後2時〜4時30分 場所:京都リサーチパーク 西地区4号館B1階 バズホール【定員 240名】 京都市下京区中堂寺粟田町93

4 日時:平成30年4月3日(火) 午後1時30分〜4時 場所:プラザホテル吉翠苑 【定員 50名】 京丹後市峰山町杉谷943

滋賀県の場合も同様に4回の説明会が開催されます。

説明会に参加する必要があるのですか?とよく聞かれるのですが、「もの補助」の性格が毎年変わります。昨年と同じ内容のように見えて、その実大きな変更点がある場合があります。今年度も昨年と違う点が見受けられます。その違いこそが、国が求めている「もの補助」の性格であり、その点を踏まえて応募すると採択される可能性が高まります。と、説明をしています。

今回の募集では、”2次募集の予定”が明記されています。皆さん、どのようにお考えになりますか。

ともあれ、応募をお考えの皆様は是非とも説明会には参加されるようにお勧めいたします!!!

「もの補助」の募集開始されました!!

人気の「もの補助」の募集開始ですが、ついに始まりました!!!
正式名称は「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」となりました。経営力向上計画の提出が前提のような名称です。

募集期間は、今日2月28日から4月27日までの2か月間。
補助金は、補助率1/2で1,000万円まで。小規模型では、補助率2/3で500万円。
ほぼほぼ大方の予想通りです。

驚いたのは、2次募集を予定すると明記されています。時期は未定ですが、今の段階で2次募集を予定するのは、今回10,000社採択といわれていましたが、前回並みの6−7、000社の、採択を予想されているように思います。

日本中小企業団体中央会のHPから募集要項を知ることができます。

関心をお持ちの皆様、さぁスタートです!!!

もの補助、小規模事業者持続化補助金の公募はいつ始まる???

今週も「もの補助」「小規模事業者持続化補助金」の公募開始とはなりませんでした。さてさて、今月中に始まるのでしょうか?

どちらも中小企業、小規模事業者さんには関心の高い補助金なので、昨日も今日もお会いした社長さんは尋ねてこられました。予想では、今週末でしたが・・・・

今月中なら、締め切りは4月末ごろになるのでしょうか。

気になります。本当に。
Profile

business_genki

GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ