最近、海外のウェブサイトを巡回しての情報収集の頻度を落としたからか、契約書に出てこないボキャブラリーに衰えを感じるようになりました。そこで、久しぶりに学生に戻ったような気分で、神部孝著『TOEFLテスト英単語3800』を使った英単語学習に取り組んでいます。

この英単語帳は過去2度チャレンジしながら途中で挫折した経験があり、その時の本書旧判が2冊とも残っていて、今回で通算3度(冊)目の購入となります…。





IMG_1907


英単語帳と言えば、社会人なりたてのころに取り組んだのが『Duo3.0』。こちらはご存知の方も多いはずで説明は不要かもしれません。淡々と頻度・ランク別に英単語が並べられた『英単語3800』と対照的に、短文の中に覚えるべき単語・熟語が効率よく詰めこまれているのが特徴です。今回、『英単語3800』を使った学習を再開するにあたって自炊(PDF化)してあった同書をペラペラめくって確認してみると、当時の私が何度かつまづいた跡も残っていて、懐かしかったです。


IMG_1904


さて、今回、英単語学習を再開するにあたって少しでも効率的・効果的な方法論がないかと探し、参考にさせていただいていたのが、AtsueigoさんのYoutube動画です。Atsuさんは、純ドメ・留学経験なしというところからオーストラリアの会計ファームに勤務し、日本人に向けて英語学習法をブログやYoutubeで発信し続けている方。この2つの動画は2014年と2016年のものですが、今年に入っても継続して発信を続けながら英語学習を継続され、自信の英語力を向上していらっしゃる様子がうかがえます。






Atsuさんが提唱する基本的な英単語学習戦略とは、まずは英単語帳全部をざっと通して全体をつかむことを優先し、そのあとは忘れてもいいから素早く何度も全体を回せというもの。それでも覚えにくい英単語を覚えるための具体的な3つの戦術として
(1)Google画像検索を参考にイメージで覚える
(2)同義語・派生語のメモリーツリーを作る
(3)マーカーとラインで復習を効率化
ことをお勧めされていて、これが私にとっては大きなヒントになりました。

特に(2)に関して、シソーラスで同義語を探して横にメモりながら覚えると、日本語がパッと出てこなくても英語の同義語は出てくるようになるのは、地味ながらも強力な学習法だと思いました。ちょっと感覚的なもの言いになりますが、たとえば、『英単語3800』のRANK3 No.1895にある

 prescribe  [動]処方する, 指図する

こういった、「単語自体は一見簡単そうでありながら微妙に覚えにくい」ものほど、英単語帳に書かれている日本語訳がそもそも日本語として日常使わないカタい語句だったりすることが多く、これを無理やり覚えても定着しにくいのです。ここで、シソーラスで"prescribe"の同義語を探してみると、"specify"と出てきます。このほうがシンプルですっきりと脳に入ってきます。英語を英語として理解することにもつながりますし、一度に複数の英単語をセットで覚えていることにもなるので、まさに一石二鳥・三鳥です。

IMG_1902


最近になって、英英辞典のCollins English Dictionary第12版とCollins Thesaurus第3版の二冊がセットで引けるアプリを見つけまして、この組み合わせがかなり便利ということに気づきました。というのも、同義語がほぼ確実にある形容詞とは違い、名詞などシソーラスで引いても同義語が出てこない語句も、このアプリで引けば英英辞典として英語でその語句の意味が簡潔に説明されているので、英語で理解することができるからです。例として再び『英単語3800』から、RANK3 No.1944にある

 archipelago [名]群島,諸島

をこの辞書で引くと、(上述のprescribeと違って名詞なので)シソーラスは表示されないものの、その代わりに英英パートで"a group of islands"というこれ以上にないシンプルな説明がなされていますので、これをこのまま覚えてしまえばよいというわけです。

IMG_1903


というわけで、最近取り組んでいる英単語学習法について書いてみました。残念ながら私は英語だけでゴハンが食べられるほど長けているわけではありませんし、そうなれるとも思っていませんが、サバイバルできる程度にはこれからも勉強を続けたいと思います。