企業法務マンサバイバル

企業法務を中心とした法律に関する本・トピックのご紹介を通して、サバイバルな時代を生きるすべてのビジネスパーソンに貢献するブログ。

【本】『アメリカプライバシー法』— 米国プライバシー保護政策の理想と現実


Google、Apple、Facebook、Amazon...と、米国産まれのウェブサービスを毎日利用しているにもかかわらず、プライバシー法のこととなるとFTC3要件やCOPPAの上っ面ぐらいしか分かっていない、そんな私のような者のために翻訳していただいたような本。





米国プライバシー法については、ダニエル・ソロブのシリーズを読んだ後、ロースクール向けに書かれたテキストを一応は手に取りました。しかし実務からの距離は遠く、漫然と判例を読んでいても頭に入ってこずで、ずっと学習法に困っていました。加えて、EUでGDPRが本決まりになって以降のプライバシーの潮流は、ソロブが予測していたものからは大きく外れ、自分自身の学習の軌道修正の必要性も感じはじめていたところでした。

本書は、FTC(連邦取引委員会)によるプライバシー政策施行のタイムラインに沿って、米国におけるプライバシー法の発展の歴史と現状の課題を整理し概説する本です。したがって、1980年代後半の、FTCがプライバシーを消費者保護の問題として大きく捉えることになってからの歴史を中心としています。これは、日本で出版される米国プライバシー法に関する多くの書籍・論稿が、プライバシー権の起源となったウォーレン&ブランダイス論文以降のプライバシー近代史について語ることをしない(できていない)のとは対照的です。学説の紹介に終わらず、ビジネスへの当てはめによってどのようなハレーションが起きてきたのか、そんな観点を強く意識して書かれています。

IMG_0863

また、最終章にあたる6章では、「プライバシーの国際的取組み」と題し、最近のEUが掲げるプライバシー政策に触れた上で、EU法と米国法との衝突にも触れます。

IMG_0864

なんといっても本書の特徴はズバリ、「歯に衣着せぬ物言い」と言ってよいでしょう。たとえば、最近特に逆風が強まってきたアドテク業界(特にFacebookのようなプラットフォーマーや、DMPなど)が「情報ブローカー」化していることに対しての一言がこちら。

情報ブローカーを規制するための法律は,政治的に制定不可能である.その理由の一端は,非常に多くの大企業が——そして,政治家自身が——,国民に関するデータを蓄積するため,情報ブローカーを利用している,という事実に求められる.(P4)

ついでこちらは、児童オンラインプライバシー保護法、通称COPPAの運用実態についての一言。

個人に関する情報に関して非営利的な内部利用に関してまで,「Eメールとは何か」という形での同意をとることで同意要件を満たすというFTCの許容度は,なかなか厳しいものがある.結果として,サイトはCOPPAの要件をすべて取り込むか,または全く子どもたちがサービスを利用していないというフリをするかのどちらかとなってしまっている.(P97)

ここまで本当のコトを文字にしてしまってよかったんでしょうか(笑)と、読んでいるこちらが後ずさりをしてしまうほど。他の法律書ではオブラートに包まれた、厳格な法令をビジネスにおける実務に当てはめたときに感じる「虚しさ」について、ここまでズバズバと言及してしまう本は、日本の法律書でもなかなかお目にかかることはできません。

翻訳は、今年『EU一般データ保護規則』を出版されたばかりの宮下紘先生、日本の個人情報保護法にも精通する板倉陽一郎先生、成原慧先生らが担当されています。非常に読みやすく翻訳されているだけでなく、訳者解説として(本書では省かれた)原著Part1〜3までの要旨を巻末にまとめてくださるなど、丁寧なお仕事をしていただいたのが分かります。

連邦法ベースの解説であり、最近話題になったカリフォルニア州の新オンラインプライバシー法(CALOPPA)などの州法までをフォローするものではありませんが、米国のプライバシー法の歴史を概観してこれからを予測するのに、大変便利な一冊です。
 

IP Lightning Talk @merpay を開催

 
11月20日(火)夜、六本木のmerpayさんに会場をお借りして、久しぶりにライトニングトークを開催します!

merpay

今回のテーマは「特許」。その中でも「発明者とのコミュニケーション」に注目しました。

- 発明発掘や中間対応の際の発明者とコミュニケーション方法
- 発明者のモチベーションを鼓舞する施策
- 特許出願のためのコミュニケーション施策

など、各企業で発明を創発しそれを集めるために工夫して実施している施策について、かわるがわる5分ずつのライトニングトークで発表をお願いいたします。


presentation_man


なお、いつもなら参加費をいただいているLTですが、今回は会場を提供してくださるmerpayさんのご厚意により、参加費無料のうえに軽食と飲み物(お酒も)もご用意いただけることになりました!いつも以上に、ざっくばらんに情報共有ができればと思います。

特許業務に携わる方なら参加しない理由が見当たらないこのイベント。ご興味があるという方は、ぜひ下記リンク先の参加申し込みフォームよりお申し込みください。

IP Lightning Talk(11/20)申込フォーム

応募者多数の場合、ライトニングトークのスピーカーを務めていただける方を優先して詳細をご案内したいと思います。よろしくお願いいたします。
 

ルールメイキング思考を育てるための具体的手法

パブリックアフェアーズ→ルールメイキングの時代へ


古くはロビイングと呼んだり、2013年ごろには「パブリック・アフェアーズ」と呼ばれたりしてきた、政府、議会や公共の政策形成過程に積極的に関与していく活動。

最近では、経済産業省や水野祐先生が提唱する「ルール形成戦略」「ルールメイキング思考」という言葉が浸透しはじめ、その発想や思考法がさまざまな場面で必要とされ、世の中から求められるようになってきた感があります。

私以外では、柴田堅太郎先生のブログが2013年ごろに弁護士や法務部がこの領域で活躍できるかを論じた投稿をされていましたが、あれからそろそろ5年。行政の担当官が民間に下野するケース、元政治家秘書が転身するケース、戦略コンサルタントがそのままクライアントに移るケースなど、日本でもさまざまな事例がでてきました。

しかし、弁護士や法務出身者がこの分野で存在感を出せているかというと、ヤフーやメルカリなどの一部事例を除き、期待されていた人材供給量には到達していないのでは、という印象があります。

守りを固めるので手一杯?


これはなぜかと考えてみると、大きく2つの理由があるのかなと。

  1. 法務には、攻めに転じる前に、守りでやるべきことがまだまだたくさんある
  2. 法務パーソンは、どうしても石橋を叩いて渡る思考グセから抜け出せない

1についてはおっしゃるとおりで、「攻めの法務」は「守り」を固めたうえでないと、カウンターやオウンゴールで終了するだけ(by @igi3)。そのための仕事もやろうと思えばいくらでもあります。この点、会社が組織として完成してしまう前の早期フェーズから法務部門・法務担当を置き、守りを固めたうえで思いっきり攻められる体制を作ろうというベンチャー企業が増えてきているのは、よい傾向といって良いでしょう。

問題は2です。もともと安全・安心を固める役割を担ってきた法務パーソンが、どうしたら規制に挑戦する思考やマインドを育成できるのか? この点になると、具体的なアドバイスが聴こえてこないという現実があります。

54C4DE88-AAEE-4FE4-B833-F333EDA33292


「先回りしてブログに書く」というトレーニング手法


そこで私が提案したいのが、とくに、ルールメイキングに関わりたい法務パーソン向けの、ブログの新しい使い方です。

ブログというと、その語源である「log=記録」のとおり、過去に起こったことを書き記していくものなのですが、そうではなく、新しいルールメイキングのアイデア発表の場にしてはどうかと。

自分の業界を規制する法令・ルールが古くなっているとき、それを批判するだけでは、ただの日常の仕事の愚痴にしか聞こえません。しかし、
  • 今はこういう法令やルールがある・解釈がされている
  • しかし、現実はこういうことが多く、即していない
  • だから、現実と将来起こり得ることにあわせて、こう変えてみたら・解釈してみたらよくならないか?
というフォーマットで、自分が考えたアイデアをブログの記事という小さな単位で、所属する会社や組織よりも先回りして個人として世の中にぶつけてみる。そんなトレーニングを重ねてみてはどうか、という提案です。

こう考える理由は以下3つあります。

(1)基本的に守秘義務の心配をしなくてよい


法務パーソンがブログを書きにくい理由は、そこそこ危険な事件を処理する担当にもなりがちなだけに、今日起こったことをそのまま書いたら守秘義務に触れてしまいがち、という点があります。

いや、私は工夫次第でブログに書けると思っています(実際、多くの法務ブログはそうした工夫によって書かれていると思います)が、たしかに過去のことを洗いざらい書くのは、いくら関係者の匿名化や事象の抽象化をしたところで、それを読むことになるかもしれない相手方や関係当事者に配慮が必要なのも事実。

これに対し、まだ発生していない未来・会社の誰もまだ考えていない未来のことは、そうしたことを気にせず書けるという点がまず挙げられます。

(2)法務が考えるアイデアは、幸か不幸か職務発明にすらならない


とかくアイデアというと価値があるもので身内以外には秘めておくべしと思ってしまいがちですが、実行するまでは価値はないというのは、よく言われることです。ただし、机上の空論のようなアイデアでも、価値を帯びてしまうものがまれにあります。それが、職務発明となりうるアイデアだった場合です。しかも職務発明を出願前に公開してしまっては、会社が特許を受ける権利を得られなくなる可能性もあり、ペナルティを受けるおそれもあります。

しかし、ここで朗報というか、残念なお知らせがあります。法務が規制を打ち破る新しいアイデアをいくら思いついたとしても、

第二条 この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。

ルールメイキングのアイデアは、この特許法第2条の条文にある自然法則利用・技術的思想の要件を満たさない、ただの人為的な取り決めを新しくしていくものに過ぎず、法律上職務発明とはなりえないということです。いくら最初に思いついたとしても、ビジネス的には高度な提案だったとしても、発明にはならないとなれば、安心ですね(笑)。

(3)オープンソースカルチャーに馴染みやすい


仕事に関するアイデアを積極的に開示していくという話で似たような話としては、GitHubが育てた技術分野でのオープンソース・カルチャーがあります。

社内にルールメイキングのアイデアを表明したところで、法務を担当していない社員は自分のミッションに忙しい中、なかなかそれに共感し対案をぶつけてくれる人はいないでしょう。反応があったとしても、同じ悩みを抱えるものとして、ただの愚痴になってしまいがちです。外に発信するからこそ、似たような課題を共有する違ったものの見方を得ることができるのではないでしょうか。しかも、(2)にあるとおりそもそも権利が発生しないアイデアという点でも、オープンソースカルチャーに馴染みやすいものです。

GitHubについては、私が運営している別のメディアでも何度かお伝えしていることなので、ここでは詳しく述べませんが、実際そうした効果を期待して、法務からGitHubに実際に実行に移しているフェーズのアイデアを開陳して意見を公募する例も出てきています。

そんなブログを1年でも続けたらきっとスカウトされますよ


以上、法務パーソンがルールメイキング思考を育てるための、ブログとの付き合い方について、私見を述べてみました。

GitHubと言わずとも、ブログに書き、それをベースにSNSで自分の身近な存在に対してオープンに問いかけてみるトレーニングを繰り返すだけでも、ルールメイキング思考は十分に育つと思いますし、そんな発信をしている人がいれば、数多あるパブリックアフェアーズのポジションを求人している企業から、すぐにお声もかかるはずです。

そして何より、私自身が、そんな法務ブログを読んでみたいと思っている者のひとりです。

【本】『中小企業買収の法務』−日本における“venture deals”拡張版がついに誕生


次々と刊行されるM&A関連書籍市場において、類書になかったポジションを狙いすました、プロ向けの一冊。


中小企業買収の法務
柴田堅太郎
中央経済社
2018-09-05



本書で取り扱う事業承継型M&Aおよびベンチャー企業M&Aは中小規模の案件が多いため、例えば対象会社の十分でない内部管理体制や、小規模案件であることに伴う予算的制約からの作業範囲の合理的な限定など、中小規模のM&A案件であることに伴う留意点についても意識して触れている点は、特定の取引類型に特化している点に加えて、従来の書籍になかったところではないかと思う。(はじめにより)


このように、筆者柴田堅太郎先生自身が述べた特徴に加え、私が感じたポジショニングの妙を推させていただくならば、

M&A契約書の作り方に寄せた書籍
▲妊紂璽妊螢献Д鵐后頁禺事前調査)を中心にリスクポイントの指摘に寄せた書籍

このいずれにも寄せないという「勇気」ある選択をされた点にも、本書の特徴があると思います。

05E5C62C-0E56-4C2E-8EDD-45E807768E36


なぜそれが「勇気」なのか。はっきり言ってしまえば、上記2つのポジションをとらないことで、一見売れにくい本になってしまうから。ぶっちゃけ、「M&Aの契約」とか「法務デューデリ」という文字がタイトルに書いてあるだけで、法務担当者が(自分の会社に特に案件もないにもかかわらず)いつか来るかもしれないその日に備えてとりあえず買っておく行動に走る可能性があるのに、あえてそれをしなかったのは、勇気のいることだと思います。

何回か買収・投資案件にまみれて実務上の悩みを複数抱えたような経験者でないと、一見どう読んでいいのかすらわからない書籍に(もちろん本当はそんなことはないのですが悩みのレベルが高すぎるように)見えてしまう。ある程度それを覚悟したうえで、玄人に向けて「買収・投資する側・される側、このあたりはお互いに注意して取引しましょう」とメッセージするために書かれたかのような、そんな本になっています。この勇気のおかげで、これまでに書籍に書き表されることのなかった本当の実務のエッセンスが可視化された、貴重な書籍が誕生しました。

その類書にないエッセンスの表れを、見出し・キーワードレベルで以下ピックアップしてみたのですが、やはりこれらの「中小企業・ベンチャーとのM&Aの現実」が赤裸々に書かれた本はなかったなあと。

・複数の株主からの買取
・一物二価
・株券交付を欠く株式譲渡
・株主総会・取締役会の不開催
・支配権の移転による取引先による契約解除の懸念
・契約交渉プロセスにおける売主感情への配慮
・新株予約権付社債(CB)または有償新株予約権(CE)による資金調達
・キーパーソンの離職リスク
・経営株主のインセンティブプラン

M&Aだけでなく、最近激増するベンチャーへのマイノリティ投資を含めて書いてくださったことや、類書ではほとんど触れられてこなかったCB・CEにも触れていただいたのも、とってもありがたい。

唯一、これまでに本書に近いコンセプトの書籍があったとすれば、洋書ですがFeld/Mendelson“venture deals”なのかもしれません。といっても、同書を日本で広めたのは柴田先生自身のブログでしたし、同書の立ち位置はVCからマイノリティ出資を受けるベンチャー企業向け、本書は買収・投資を行う事業会社の法務・弁護士向けなので、バッティングはしていません。

791B0652-6A41-4A05-AF54-D5400F4CD6A8


私自身、柴田先生とは先生がまだ大手法律事務所に所属されネット上匿名で活動されていた頃からTwitterを通じてお知り合いになり、実際に会社法・税法関連の法律調査、中小企業のM&A案件、マイノリティ出資案件で何度もお世話になってきました。それらのどの案件も、誠実で信頼のおける、かつすみずみまで配慮と思いやりが行き届いたお仕事ぶりでした。

中小企業・ベンチャーのM&A・投資案件で起用する先生に迷われたら、柴田先生を候補のお一人として検討されることをお勧めします。そしてその際に、本書を事前に読み込んでおけば、柴田先生や相手方代理人との知識面での意思疎通もスムーズ になり、案件が成功する確率が高まることは間違いないでしょう。

ベゼルレスiPadしか選べなくなる恐怖の未来に備えて今のうちにiPad Pro10.5買っとけ


お仕事でもお世話になったことのある #起業しろ おじさんことSkyland Venturesの木下さんが、iPad Proを起業家に向けて激推し中です。

起業家にオススメなiPad Pro&Apple Pencil関連商品まとめ
ちなみに、iPad Pro+Apple Pencilは、ここ5年くらいで購入した商品の中で最も感動的な体験があります。起業家のような新しい何かを起こす仕事をしている人はぜひこの体験を感じて欲しく、持つべきものだと思っています。

私もまったくの同感で、実に6年前の2012年から「ビジネスにiPadがいいですよ、もう手帳とか使ってる時代じゃないですよー」と叫んできたのですが、こういう波が何度来ようが絶対に流行らないのが、iPadだということも知っているつもりです。

というのも、過去ブログでこれだけアツくおすすめしてきたにも関わらず、周りの知人・友人はほとんど買ってないからです(笑)。Apple Watchはボランティア販売員として何人にも売った実績があるのに、この差はなんなのか。

やっぱりApple製品はアップルストアで買うのが吉
iPadに見るアップル流“顧客資産”と“顧客満足”の作り方
PenultimateをEvernoteが買収 ― “紙”レベルのクラウドメモアプリの誕生へ
iPad Air購入(追記&追動画あり)
私のiPadの法務スクリーン
iPad Pro 9.7inch Wi-Fi + Cellular 256GB 購入
Apple Pencil Magnet Sleeve購入
【本】『僕らが毎日やっている最強の読み方』― ネットによる情報収集の欠点を克服する方法
iPad Pro 10.5inch WiFi +Cellular 256GB 購入
iPad/iPad Proを「手書きデジタルシステム手帳」化してくれるSONYのテンプレートPDFがすごい
iPad用ノートテイキングアプリのスタンダードは文字認識機能が追加されたNotabilityに軍配

ですが、今回ばかりはちょっと言っておきたいことがあります。

10月には新発売されるであろう新型ベゼルレスiPadは、1台目としては向かないので、もし迷ってるなら現行10.5インチiPad Proが手に入る今のうちに買っておけ!と。

細かい理由・マニアならではの理由はいくらでもあるのですが、今回は、一般のビジネスパーソンにとっての理由だけを3つ、挙げてみます。


理由1 ベゼルレスは持ちにくい


新型iPadの特徴として、iPhoneXを踏襲したベゼルレス(無額縁)仕様になるということがリーク情報でほぼ確定しています。一見、とってもカッコいいし、本体サイズも余分がない分コンパクトでいいじゃん!と思ってしまいます。

しかし、これは現行iPad Pro 10.5インチのヘビーユーザーだからこそ分かることなのですが、このベゼルレスのiPad、おそらく、手に持ってまともに使うことができなくなります

え、何を言ってるのか分からないですよね?ということで、写真をご覧ください。

FDD2B775-1B12-4CC5-8800-CEDFCF8E080B


これは、電車の中などで、現行10.5インチiPad Proを左手に持ってTwitterをやっているときによくある風景です。

そう、左手の親指が細いベゼルからちょっとはみ出てしまうことで、個別tweetをタッチしている(選択している)かのように誤って判定されているんですね。こうなると、画面を反対の右手で触ってスクロールしようにもできない状態です。9.7インチ時代はなかった10.5インチの唯一とも言える欠点がこれ。このような狭ベゼルならではの意図しないタッチが、あらゆるアプリで起こります。

10.5インチの場合、細いながらもベゼルはありますし、画面の上下にはさらに太いベゼルもあるので逃げ場があります(太いベゼル欲しさに横持ちすることもしばしば)。一方、上下左右が全部ベゼルレスになったiPadって、いったいどうやって手に持って操作するんでしょうか?

iPhoneサイズなら親指を画面にかけるような持ち方はしないので問題になりません。しかし、iPadはそうはいきません。アメリカ人並みのわし掴みできる手のサイズになるか、下からお盆を持つような感じで持てとでもいうのでしょうか(絶対滑って落ちる)・・・。

もしかしたら、左手で掴んでも問題ないように、OS的にベゼルに相当する外周部分を反応しないようにするのかもしれませんが、それはそれで開発者にとっては大問題になると思います。

理由2 ベゼルレスは値段が高い


2017年11月に発売されたIPhone Xの衝撃。それはOLEDディスプレイの美しさとともに、OLEDディスプレイのせいで値段が跳ね上がってしまったという点です。本体価格だけで約12万円と、CPU的にはほぼ同スペックのiPhone8とくらべても4万円近く高額になっています。一定の収入がないと手が出ない端末にあえてしてきた感があります。

それだけでなく、これはいざ購入してわかる盲点でもあるのですが、AppleCareの値段もこれまでのiPhoneの2倍近く、22,800円になってしまったというのが痛かった。

このiPhoneXの値上げ実績をもとに、画面が大きい分相対的に原価も上がるであろうiPadのサイズに鑑みて、ベゼルレスiPadの価格を予想してみましょう。

現行iPad Pro10.5 Celluler 256GBモデル 本体 101,800円
 → ベゼルレスiPadでの予想価格 約15万円?

現行Apple Care 9,400円
 → ベゼルレスiPadでの予想価格 約2.5万円?
  (もしかすると画面が大きい分、3万円行く可能性も…)

これだけで17万円
さらにApple Pencilとカバー(Sleeve)も必要になるので、20万円コースになるのは間違いありません。

さて、はじめて買うiPadに、20万円払えるでしょうか?

理由3 廉価版iPad9.7インチとiPad Pro 10.5インチはやはり別モノ


じゃあということで、9.7インチでPencilも使えるようになった廉価版iPadを買っておくか、というアイデアもあります。しかしこれはお勧めしません。少なくとも、iPad Proと違い、今慌てて買うものではありません。

まず第一に、廉価版iPadは継続販売されることは間違いないからです。さすがに今年出た製品を1年経たずにディスコンはないでしょう。といっても、iPad Pro 9.7インチは1年ちょっとで10.5に置き換えられ、ディスコンになったんですけどね(怒)。

もうひとつが、やはり9.7インチと10.5インチは同じiPadでも使い勝手がまったくの別物だからです。これは先代iPad Proを含め9.7インチを6年使い続けた経験から、自信をもって言えます。

数値的にも、表示面積の差が20%あります。ビジネスで本格利用しようと思うと、特に手書きメモやSplit View(分割画面)での使い勝手が違って来ます。さらに、Pencilの書き心地は、リフレッシュレート2倍になっただけでなく、画面ガラスの厚みの違いで数日使えばわかる圧倒的な違いが存在します。残念ながら廉価版として設定されているだけのことはあり、10.5インチが出た今となっては、9.7インチは妥協の産物でしかありません。


ということで、 新しいベゼルレスiPadが出てiPad Pro 10.5インチがディスコンになる前に、現行iPad Pro 10.5インチを買っておいたほうがいいよ、というお話でした。

私ですか?うーん、それでも人柱として買っちゃうかも…。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

はっしー (Takuji H...