企業法務マンサバイバル

ビジネス法務に関する本・トピックのご紹介を通して、サバイバルな時代を生きる皆様に貢献するブログ。

【本】『ネット炎上の研究』― 炎上騒ぎを利用するメディア

 
NHKの番組等でも取り上げられ、話題となりつつある本書。「企業はむやみな情報発信を控えよ」と説教するばかりの従来のネット炎上対策本とは一線を画し、炎上参加者を定量的に分析したうえで、人々の自由な情報発信を萎縮させないために社会として炎上をどう抑制するかを提言します。


ネット炎上の研究
田中 辰雄 (著), 山口 真一 (著)
勁草書房
2016-04-22



本書前半では、これまでの日本のネット炎上事件を網羅的にまとめています。2016年4月刊行ということもあり、直近ではオリンピックエンブレム事件あたりまでがフォローされています。炎上した経緯、ブログ記事のスクリーンショット、SNSの写真(プライバシー配慮の目隠しあり)や企業側の謝罪文等の集積は、資料的な価値も高いと思います。

s-IMG_6674


著者らはこれらを振り返ったうえで、アンケート調査および日経テレコン/Twitterデータ等をもとに独自の定量的分析を行い、炎上発生と拡大のメカニズムを明らかにします。ちなみに著者らの分析による犯人像は、

炎上に積極的に参加している人は、年収が多く、ラジオやソーシャルメディアをよく利用し、掲示板に書き込む、インターネット上でいやな思いをしたことがあり、非難しあっても良いと考えている、若い子持ちの男性であるといった人物像(P112)
炎上事件に伴って何かを書き込む人はインターネットユーザの0.5%程度であり、1つの炎上事件では0.00X%のオーダーである(P137)

だそうです。

s-IMG_6672


私も何度か所属組織でネット炎上に巻き込まれた経験があります。そうした経験を何度か重ねると、慣れ・落ち着き・開き直りのようなものがでてきて、炎上当事者になってもあわてずに状況の観察ができるようになります。そのうちに、自分が関わらない団体で発生した炎上についてもわがごとのように注意深く観察するようになりました。そこで私が感じていたのは、
  • 炎上参加者のほとんどが10代後半〜20代前半の時間を持て余した若者である
  • 鎮火させようと反応するほどかえって燃料を提供することになるためほうっておくのがよい
ということです。本書の調査の母集団が20歳以上ということもあってか、人物像は私の観察経験から少し乖離していますが、本書の分析結果の信ぴょう性は高そうというのが私の感想です。


ところで、本書では取り上げられていなかった点として、ネット炎上騒ぎにおけるメディアの責任についても、もう少し真剣に検討したほうがよいと思っています。炎上の功罪が話題になるときにはいつもSNSやそこで炎上加担者となる一般人ばかりが批判の矢面に立たされているのですが、それ以上に、マスメディアが「取材コストを掛けずに手軽にニュース化できるネタ」として安易に取り上げる姿勢に問題があるのではないか、と常々感じています。

 twitter等で炎上発生
   ↓
 △泙箸瓮汽ぅ箸でき被害とは無縁なネットユーザーたちも騒ぎだす
   ↓
 B膽蠖景梗劼自己の運営するウェブサイトの記事として記事を掲載
   ↓
 い修離ΕД峙事を見た読者が義憤にかられそれを拡散しエスカレート
   ↓
 タ景綱椹罎了飜未坊悩
   ↓
 Δ修凌景控事をさらにテレビが取り上げて・・・

結局、新聞社という社会的にはその名義に信用力を備えたメディアがそれを取り上げるかどうか、具体的にはまたはイ離譽戰襪飽楾圓垢襪どうかが、ネット炎上全体の大きさと企業側の対応コストを左右する2つの大きな分水嶺になっています。メディア側としては、紙面や電波という有限なリソースを割いて取り上げるまでのバリューがあるかを、ウェブでのネットユーザーの反応を見ながら決めているところがあると思います。しかし、本書の分析通りここで焚き付けている人々がほんの一握りの同一人物だとすると、社会全体がその一握りに踊らされている感は否めません。

というか、メディアもそれを分かっていてやっているというのが、本当のところなのでしょう。
 

【本】『その音楽の<作者>とは誰か リミックス・産業・著作権』― VRによって加速する古典的著作権からのパラダイムシフト

 
法務パーソンが音楽著作権処理の実務に携わると、業界の現実や慣習が著作権法の建前どおりになってないことがあまりにも多すぎて、イライラします。といっても、法律が現実や慣習にあわせてキレイに改正されるチャンスは、そうそう巡ってくるものではありません。

こんな状況がいつまで続くのやらと重たい気分になるのですが、そのイライラの原因を具体例をもって解きほぐし、法務パーソンの精神の健康を支えてくれるのがこの本。





英米法的「コピーライト」と大陸法的「著作権」との衝突


著者増田聡先生が指摘する、イライラの根本原因は、一言で言えばこれ。

著作権制度上の「楽曲の権利者」はその音楽の「作者」とは必ずしもイコールではない。(P154)

その理由と歴史的背景について、英米法上の“コピーライト”と大陸法の“著作権”制度の成り立ち、およびベルヌ条約の批准を目的として、混乱の最中で制定された日本の著作権法の成立の過程を、詳細に紐解きます。

コピーライトの原理はあくまでも「複製」に関わる経済的利権の配分や調整に発したものであり、情報複製産業の秩序維持と国家によるその統制との間で発展してきた法制度であって、「作者の権利」保護とは異なる理念に発したものである点だ。端的に言えば、コピーライトによって保護されるのは「(芸術)作品」の価値というよりも、作品の「商品」としての価値である。(P103)
「著作権」はコピーライトと異なり、保護の焦点は「作者」にある。作品は作者の人格の表現であり、故に作者が及ぼす作品への支配権は法的に正当化される。その作品から生じる経済的利益を作者が享受するのはもちろん、英米的コピーライトには見られない、作品の改変やその公表、あるいは氏名の表示・非表示などのコントロールを作者に与える「著作者人格権」(仏 droit moral)もまた原理的に当然認められることになる。後述するベルヌ条約に加盟することによって始まった日本の著作権制度も、法制度上この制度に分類される。(P104)

こうして大陸法を前提とした法律を作っておきながら、音楽の現場では、商業的な必要性から英米法的な著作権処理がなされ、法制度の例外として部分部分でこれを受け容れてきたという実態があります。法務パーソンとしてはここにイライラを感じるわけです。なんで法律と現実が綺麗に整合していないんだ!と。


広告音楽における大陸法的「著作権」の放棄事例


ここでいう法律と現実が綺麗に整合していない事例として、本書では、クラブ・ミュージックの現場と、広告と音楽のタイアップ・システムの2点を取り上げています。

個人的には、クラブ・ミュージックに関する指摘についても(弊ブログのこの記事この記事などで触れたこととの重なりも多く)頷くことばかりでしたが、弊ブログの読者層に本書を紹介するという意味では、広告音楽タイアップの事例のほうが親しみやすいでしょう。

s-IMG_1360

広告音楽タイアップにおいて音楽提供サイドは、著作権制度が保証する経済的権利(広告における著作物使用料)を放棄し、迂回した形(プロモーション効果による楽曲のヒット)で音楽からの収益を期待する。この広告音楽タイアップの戦略は、法的な理念の上では「作者の権利」であったはずの著作権が、「出版権」「原盤権」という形に変換され、複雑な業界の力関係のなかで経済的なリソースを担保する利権となってやりとりされている現状を顕著に示している。広告音楽を、著作物使用料を期待できるビジネスの場として用いるか、あるいは楽曲のプロモーションの場として著作物使用料を免除するか、といった音楽提供サイドの戦略は、公益法人であるJASRACをもアクターとして巻き込みながら、複雑な業界諸アクター相互の力関係により媒介される。そこでの著作権制度は、うまく利用して経済的価値を生み出させるための装置である一方、JASRACの規定改定に見られるように、業界内の力関係を反映して変容していくものでもある。

先に概観したように、日本の著作権制度は大陸法的な「作者の権利」の保護という原理を機軸に成立しているとされる。がしかし、それはあくまでも法的なレベルでの理念であって、現実の音楽著作権ビジネスの実務においては、「出版権」「原盤権」という音楽産業のシステムにおいて慣習的に成立している利権を、さまざまな使用実態のなかでいかに効率的に活用していくかがポイントになることが見て取れる。(P151-152)


「現実」と「仮想(拡張)現実」の区別の崩壊


著者自身は、こういった現状については「肯定も否定もしない」「ただできることは(略)諸概念のささやかな交通整理を行うことであるにすぎない」と本書冒頭P8で宣言しています。それもあってか、本書はその末尾P206で、名和小太郎著『サイバースペースの著作権』を紹介しながら、こうおとなしめに締めくくられています。

名和小太郎は、今日の著作権制度における基本的原理を揺動させている諸原因を、大きく七つにまとめている(名和1996:174ー176)。
1 個人的制作から集団的制作への変容
2 既存の著作物を素材にする著作物の増加
3 ネットワークにおける著作物(どこの国の法律を適用するか)
4 コピー技術の発達によって、著作物使用の許諾権が行使し難くなる
5 市場をバイパスして流通する著作物の増加
6 伝統的著作物の諸カテゴリーを横断するようなデジタル著作物の増加(マルチメディア作品など)
7 「複製」と「公衆伝達」の区別の崩壊(インターネットなど)
古典的な著作権制度の基盤を危うくしているこれらの社会的変化は、その制度が依拠している原理、十九世紀的な作者概念のゆらぎの原因でもあり、その結果でもある、ということだ。

しかし、ビジネスに携わる者として、著作権制度についてこれだけの不安定な要素が見えている現状を看過できないのではないでしょうか。

そして私から付け加えるならば、2016年の今、ここにさらにもう一つの社会的変化がはじまりつつあるということを指摘しておきたいと思います。それは、

8 「現実」と「仮想(拡張)現実」の区別の崩壊(Virtual Realityなど)

です。


このVine動画内で実演されているのは、VR Chatというコミュニケーションプラットフォームです。VR技術の利用事例としては非常に単純なものですが、このような、ヘッドマウントディスプレイの中に広がる360度の「VRという別世界」の中で、他人のアバターがディスプレイやスピーカーでコンテンツを視聴している姿を私のアバターがヨコから垣間見る、というシチュエーションにおいて、
  • 私以外のアバターが、「現実世界」の私の書籍を「VRという別世界」で“私的”に閲覧する
  • 私以外のアバターが、「現実世界」の私のバンドの曲を「VRという別世界」で“私的”に演奏する
とき、どのような権利処理がなされるべきか?単にブラウザやアプリを通じSNS上で他人の著作物を利用するのとはまた違った、複雑な問題を孕んできます。

ブラウザ・アプリ時代のインターネットによって著作権制度が大きく揺らいだとはいえ、英米法・大陸法ともにパラダイムシフトと呼べるほどの変化には至らず、いわば小康状態が続いてきました。ここで次の技術であるVR技術がインターネットのプラットフォームになるかもしれないという未来が見えてきた今、その変化の加速度は一気に高まり、臨界点を迎えようとしているように思います。
 

iPad Pro 9.7inch Wi-Fi + Cellular 256GB 購入


iPad Pro 9.7inch Wi-Fi + Cellular 256GBを購入しました。私のiPad歴で数えると iPad2 → iPad3 → iPad Air に続く4台めのiPadになります。ApplePencil、Smart Cover&シリコーンケース、AppleCare+を合わせて税込167,724円也。Smart Keyboardは購入してません。


s-IMG_6572


今回買い替えに踏み切ったポイントは2つ。

まずは、なんといっても9.7インチでApple Pencilが使えるようになったという点です。早速手書きメモや絵を書いてみたところ、高性能な静電ペンを使っていても避けられなかった、“書いているうちに不意に小指や小指球が画面に触れて誤認識が発生してしまい上手く書けない”という問題が完全に解消されました。デジタルの強みであるデータ容量の大きさや検索性に加えてアナログならではの良さも取り込み、文句なしにiPadが紙の手帳を置き換えられる段階に到達したんじゃないでしょうか。Readdle社のScanner Proで紙文書をスキャンしてPDF Expertで手書きメモを加えたり、Apple標準のメモともデータ互換しさらに安心して使えるようになったEvernote(私も過去愛用していたPenultimateを吸収)のアナログメモ機能もフル活用できます。


s-IMG_1327s-IMG_1329


もう1点は、256GBモデルが出たという点。これまでのモデルは128GBが最大でしたし、母艦としてのmacありきの利用を前提としていたことから母艦mac側で消費することになるディスク容量も考えて、控えめな64GB以下を選択してきました。64GBですと、上述したスキャン+手書きデータ、電子書籍、自炊した本などのデータベースをすべて持ち歩くことはできず、母艦から厳選してデータを移動させる必要があります。もちろん、都度都度クラウド上のデータにアクセスしたりDLすれば事足りますが、OCRデータ含んだ1冊あたり100MBあるような本をDLしているのは時間の無駄。一方、256GBあれば、蔵書全部を一気にiPadに放り込んでもまだ150GB以上空きがあるため、新しいデジタル蔵書が増えたらiPadに直接足していくだけの(母艦macのデータとの入れ替えいらずの)カンタン運用。iCloudの200GBストレージも契約しておけば鬼に金棒。


なお、今回は、これまで以上にiCloudでのデータ管理が増えそうという点に加え、会社の業務もほぼクラウドベースになっていることもあって、テザリング利用を前提にしたWi-Fiモデルではなく、SIMフリーCellularモデルを選びました。このモデルからの目立たないながら大きな進化として、SIMトレーに入れるチップ型SIMだけでなく内蔵(組込み)SIMもデュアルで搭載する贅沢仕様、かつ内蔵SIMについてはiOSの設定画面からかんたんにプリペイド契約ができるという点があります。国内用に格安SIMをトレーに挿しっぱなしにしておいて、海外では内蔵SIMで現地契約するといった使い分けもでき、大変便利だと思います。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール
Google