ひさびさに硬派な本のご紹介になります。

会社法の本は色々出版されましたが、本日現在法務マンの目から一番信頼できそう&実務で使えそうだなと思っている本はこの本。

ビジネス弁護士大全2006』で弁護士数による法律事務所ランキング1位となった長島・大野・常松法律事務所の弁護士陣が執筆した会社法本です。

700ページ超のボリュームを誇るハードカバー仕立てとなっており、それだけでも頼り甲斐があります(笑)。

旧商法からの改正点だけでなく、会社法全体について一から漏れなく触れられているので、旧商法の知識が全くない人でも読むことができます。もちろん、改正点を抑えながら勉強したい人も、解説の中には旧商法から何が変わったのかについてきちんと言及されているので問題ないと思います。

章ごとのサマリーが各章の冒頭についているのが特にいいです。役員から個別テーマについて簡単な説明を求められたときなどに反射的に答えるのに丁度良い程度のまとめかたになっています。

ビジネスパーソンが気持ちよく働ける社会作りに向けて頑張ります。ご支援いただける方はこちらをクリック!(blogランキング)