誰もが正社員として雇用されて定年退職までの生活を保証される時代は確実に終わるだろう。

そんなちょっとセンセーショナルな書き出しで始まるこの本。

“正社員”的な働き方を望まなくなった労働者の増加と、人件費削減という企業側の思惑とが合致し、日本の企業の正社員比率は減少の一途をたどっています。

今後も激増することが確実な“非正社員”たる業務委託社員やパート社員をマネジメントし、その能力を最大限発揮してもらうためにはどうしたらよいか。

企業側(経営者・人事部門)の立場から、来るべき変化への対応方法について述べる本です。

個人の立場としてどう対応すべきかについて考えたい方は、『ビジネス・プロフェッショナル』をどうぞ。どちらもリクルート・ワークス研究所所長の大久保氏による著です。

ビジネスパーソンが気持ちよく働ける社会の実現目指して頑張ります。ご支援いただける方はこちらをクリック!(blogランキング)