Lawyers Move Toward IPhones, Give up BlackBerrys(PC World)

"You can open to review all PDF and Word files and Excel spreadsheets, and shortly Documents to Go will be available that will allow you to edit these files on the iPhone," he told The Industry Standard.


Will Firms Pick iPhones Over BlackBerrys?(Law.com)

Already, some of the early iPhone adopters are exploiting the "beyond e-mail" features of the device. At Sonnenschein, iPhone users can securely access the firm's network and -- via Safari, the iPhone's browser -- search and retrieve more than 6 million documents. "The nicest thing about the iPhone is that all the formatting, indenting and styles display on the screen," says Jurczyk. "[Apple] really nailed it on mobile browsing with Safari." Chapman and Cutler also provides remote access to its document management system. "Because the browser works so well, attorneys can go into our private Google search engine and pull any [file] they need," says Nugent.

メールを書こうにもキーボードがない、コピペができない、バッテリーが長持ちしない、セキュリティが心配といった、メール端末としてのiPhoneの数々の欠点はあれども、それを補うwebブラウズマシンとしてのユーザビリティと多彩なアプリケーションが、アメリカの弁護士の背中を押しているというわけです。

そして、この流れに追い風となるようなニュースが。

Apple ready for third generation of iPhone(CNET)

3月17日にはiPhoneの次期OS「3.0」がリリースされ、ついにコピペ機能が実現されるのでは?と話題になっています。

加えて、ハードウェア的にバッググラウンド処理と低電力化を実現したiPhoneの新モデルが6月頃に出るのでは?という憶測も流れはじめたようで・・・。

そういう目で見てみると、iPhone for everybodyキャンペーンの日付は5/31迄になっています。この憶測を裏付けるような日付です。悪い言い方をすると、今回のキャンペーンは現行モデルの在庫処分なのかもしれません。

ということで、なんだかんだ言いながら、iPhoneを買わない理由をまだ探し続けている私なのでした。