PRESIDENT 2009.5.4号の飯島元秘書官のコーナーで、「履歴書のウソの見抜き方」が記事になっていて、これが人材ビジネスに関わる私の目から見てもあまりにも強力なワザだったのでご紹介。


“年金記録台帳”で職歴も年収も筒抜けに

採用する側としては、直近の職場は別として、それ以前についてチェックしようとすると、そう簡単ではありません。
私ならどうするか。まず履歴書を提出してもらうまでは同じ。次に、それを受け取った後で、こう指示を出すのです。「次の面接までに社会保険事務所に行って、年金記録台帳のコピーをもらってきてください。」
持ってきてもらった記録を見れば、過去の職歴は一目瞭然です。
同時に、その記録で年金保険料の事業者負担額と本人負担額もわかるので過去の所得状況も把握できます。「前の職場では年収○○万円を得ていたので、その程度は欲しい」という本人の希望額が妥当かどうかもチェックできるというわけです。

以前、弊blogで「退職理由のウソの見破り方」のノウハウとして、
・離職票
・退職証明書
をチェックする技を紹介しましたが、この年金記録台帳との合わせ技を使うと、企業としてはもう鬼に金棒。
転職活動において「解雇」を「一身上の都合で退職」と嘘をつくと、こういうことになります(企業法務マンサバイバル)

「そこまでやるの?」という冷ややかな目をされている人事担当者や転職希望者のみなさん。履歴詐称で痛い目にあったことのある企業は、こうでもして確かめにいくんですよ。

そして、飯島元秘書官はこうも言ってます。
私は、目の前にいる人物が「なにをしてきたか」よりも「信用ができるか」が、人材登用のコツだと考えています。大きな話をする人よりも、自分について誠実に話すことのできる人を選ぶのです。

うそつきは泥棒のはじまり、ではないですが、私も飯島元秘書官の意見に賛成です。

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 5/4号