この不景気のどん底の今、スタッフ職の我々に求められるのは、無駄な管理業務の削減と効率化。

内部統制を手厚くするなんて言語道断・・・といった雰囲気すら漂うわけですが
バランスのとれた「管理」または「内部統制」は、間違いなく業務の効率性に貢献するものです。
そんな頼もしい言葉で、業務の効率化との両立という困難な課題にどう挑んだらよいのか、という稀有な視点で内部統制を語る本に出会いました。

内部統制で現場の仕事はこう変わる



COSOのフレームワークを使わずに内部統制を語る

監査法人トーマツに在籍する監査人としての経験に基づいて、内部統制の評価対象となる業務領域ごとに、日本版SOXが現場の社員に求める行動・考え方を分かりやすく解説しようと試みるこの本。

その分かりやすさへのこだわりがよく表れているのが、敢えてCOSOのフレームワークを使わずに内部統制を説明しきっているところ。

たいがいの内部統制本は、内部統制とは何かを語る際に「アメリカで提唱された“COSOのフレームワーク”っていうのがありまして、それに当てはめて考えると・・・」というお約束パターンにはまり、そこから先は読んでるこちらも眠くなるわけですが、

この本は、監査人が現場を業務ベースでチェックする際の視点にあわせ、販売・購買・資産管理・・・といった業務単位のフレームワークで解説をしていくという、ユニークなスタイル。

s-IMG_8726

COSOの焼き写しでない「現場がわかる言葉」で内部統制を語ることができるのは、著者の深い監査経験ならでは。

内部統制担当者じゃない現場の方でも、自分の業務と内部統制上の問題にリアルな結びつきを感じ興味をもって読めすすめられるような、そんな本になっています。

著者のように現場業務を隅まで理解し、かつCOSOのような学術的な言語でなく現場が理解できるコトバで内部統制の重要性を発信することができるようになってこそ、「現場の業務を阻害せず」かつ「有効な統制が働く環境を作る」という二律背反するものを両立させた内部統制を実現できるのだろうなと思います。