ちょっと前のThe New York Timesの記事と、その後見かけたAbove the Lawの記事から。

With the Downturn, It’s Time to Rethink the Legal Profession(The New York Times)

The economic downturn is hitting the legal world hard. American Lawyer is calling it “the fire this time” and warning that big firms may be hurtling toward “a paradigm-shifting, blood-in-the-suites” future.

不景気が弁護士報酬を押し下げ、
それによって馬車馬のように弁護士事務所に働かされていた弁護士の働き方が変わり、
ロースクール生の弁護士という仕事への就職観も変わり、
それがひいてはロースクールの教育の在り方をも変えている、
というお話。


The 21st Century Lawyer: New Models for Practicing Law(Above the Law)

こちらは、21世紀の新しいリーガルプロフェッションのあり方を表した事例として、弁護士のwork/lifeバランスを重視したlegal firmであるAxiomやFlex-Time Lawyers LLCといった新しいスタイルのlegal firmを紹介する記事。

In the past, one of the main selling points of these alternatives to the Biglaw model -- MCC, Axiom, or FACTS -- was enhanced work-life balance. But now that the economy is in the tank, a new advantage is emerging: value. Under FACTS, a legal employer no longer needs to pay all lawyers the same amount of money for the same amount of required work (e.g., $160,000 for 2000 hours). Lawyers can select lower hourly targets and receive compensation that reflects their reduced workload.

いずれの記事も、「死に物狂いで働いて、時間でフィーを請求をする」時代が終わりを告げ、「専門家の視点という価値そのものを提供し、フィーを請求する」時代へと、弁護士・クライアントのどちらからともなく、変化してきていることを告げています。


再び、The New York Timesの記事から。

The past few decades of prosperity made a lot of lawyers wealthy, but they were not always good for the profession.

ビジネスパーソンの評価も、旧来の肉体労働を前提とした厳格な時間管理に基づく時間給的発想から、時間管理になじまない知的労働を前提とした成果主義的発想へと、変化してきているわけですが、

高額な報酬水準が先走り、それに呼応するように過度な労働を提供することで誤魔化されていた「本当のリーガルプロフェッションとは何か」が、弁護士の世界においても問われはじめています。