名刺情報で堂々と商売している会社があるというのもビックリしましたが、それをSalesforce.comが買収したというのにもまたビックリ。

Salesforce.com、企業名簿サービスのJigsaw買収(ITPro)
米Salesforce.comは米国時間2010年4月21日、企業名簿サービスを手がける米Jigsawを買収することで、両社が合意したと発表した。買収金額は約1億4200万ドル。これに加えJigsawの業績に応じて最大10%を上乗せする。買収手続きは2010年5〜7月期に完了する見込み。

 Jigsawの設立は2004年。本社は米カリフォルニア州サンマテオ。約2100万人分の企業名簿データベースをオンラインで提供している。ユーザーの協力によりデータを収集しており、同社によると、1日に約2万5000件の情報が追加/編集されている。名簿情報には、企業名/電話番号/個人名/肩書き/住所/電子メールアドレスなどの情報が含まれる。

カッコよく言えば、今流行のクラウドソーシングサービスなのでしょうが、やってることは、ユーザー同士が入力した名刺情報をお互いに共用しちゃおう、という名刺情報交換サービスです。日本で今こんなサービスをやったら、きっと「個人情報保護法違反だ!」と大騒ぎになるでしょう。

なぜそういう騒ぎにならないのか。その要因の一つに、以下紹介するJigsawの確固たる思想と合理性があるのではと。そして、このJigsawの存在に、これからの個人情報保護とビジネスのあり方が見えてくる気がします。

「何でも保護」と易きに流れず、思想と合理性を追及する

Jigsawのサイトには、こんなことが書いてあります。

Remove Me or Edit Preferences

Are you in Jigsaw? Find out and take control over your information. Jigsaw's mission is to increase efficiency in the buying and selling process by providing a collaborative database of business contacts. Salespeople, marketers, and recruiters are able to target and find the right business contacts with accurate data. Companies are able to provide up to date information about their business and gain visibility. Individual business professionals can take control over their information by setting their communications preferences and providing instructions on how they would like to be contacted.

意訳すれば、
嫌だったらデータベースから削除するか、公開方法を厳しいものに変更すればいい。しかし、ジグソーのミッションは、コンタクトを取りたい同士が間違いのないデータに基づいて確実に“ビジネス目的のコンタクト”をとれる環境を作り、生産性を高めることにあることを分かってほしい。われわれのミッションの実現は、結局のところ、すべての会社とすべてのビジネスパーソンのためになるのだから。
どうせみんなが必要としている名刺情報なんだから、ヘタに隠すよりも、お互いに協力して面倒がない状態を作った方がいいでしょ?というわけです。

さらに、保有する情報に対するJigsawのスタンスがシンプルに伝わってくるのが、同じページにある“Some important Jigsaw rules”と呼ばれる3つのルール。

No personal (non-business) contact information of any kind is allowed in Jigsaw.
Mobile numbers are prohibited.
No SPAM. The Jigsaw Terms of Use Agreement prohibits members from using Jigsaw for the purposes of spamming.

つまり、
あくまでも、(個人情報ではなく)ビジネスコンタクト情報だけが入ったデータベースなのであって、(その証拠に)モバイルの電話番号は入力禁止、SPAMを送ることは情報利用者に対して禁止を命じている。
だから、問題ないでしょ?と。
※ちなみに、同社プライバシーポリシーによれば、情報開示許諾についてOpt-in/Opt-outのどちらの方式をとるかも細かく設定できるようです。

このJigsawの思想に共感をすれば、このクラウドに参加し、いやだったら離脱(情報ごと削除)したらいいだけの話だ、というわけです。
そして、200万人を超える登録者の数と、Salesforceによる買収額の大きさを見る限り、少なくともアメリカにおいては、個人情報保護の要請よりも便利さを追求したいという要請の方が勝った、ということだと思います。

思想もなしに、そして合理性を追求することなしに、過度な個人情報保護意識ばかりが先走ってしまうと、こんなサービスをやろうという発想すら出なくなってしまうでしょう。両手を上げて肯定するものではありませんが、すぐに個人情報保護偏重になってしまいがちな日本のビジネスプレイヤーとして、このサービスに学ぶべきところは多いです。