スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』の二番煎じだったらどうしよう・・・と心配になりながら、やっぱり買ってよかったな、と思えた本。


スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則
著者:カーマイン・ガロ
販売元:日経BP社
(2011-06-30)
販売元:Amazon.co.jp



イノベーションを生み出す7つの法則、みたいなマニュアル本的サブタイトルがついていますが、最初から最後まで述べられていることをまとめると、法則は1つに集約されると思います。

それは、自分の情熱に素直になるということ。情熱がなければイノベーションは生まれないし、生み出し続けることもできない、ということ。

「顧客が求めている商品、売れる商品は何か?」から考えるのではなく、「自分が欲しい商品は何か」を追求する。自分が意義がある・美しい・必要だと思うからこそ情熱が生まれ、その情熱こそがいくつものイノベーションを生むんだ。だって現に、家庭用コンピュータにGUIとマウスというインターフェースを持込み(Macintosh)、アニメとCGを融合し(Pixar)、デジタル配信によって音楽の流通を変え(iPod+iTunes)、マルチタッチ技術と優れたインターフェースでモバイルインターネット革命を起こす(iPhone・iPad)という、4度もイノベーションを起こしたスティーブ・ジョブズという才能がそれを実証しているじゃないか。この本は、そう述べています。

s-jobsiapd2


もしかしてあなたの会社の経営者は、「お客様の求めているものは何かを探し、それを起案して報告せよ。コストとパフォーマンスのバランスが良いものは、社として採用しよう。」とか言っていないでしょうか?そのやり方では、顧客のアイデアを拝借し、そこに情熱を傾けているフリをして食いつないでいるだけで、イノベーションが生まれる見込みはない。どうやらそういうことのようです。

お客様の求めていることに答えて感謝されることそれ自体は素敵なことだったり、それによって時に食いつなぐことも時には必要だったりします。でもそればっかりになって情熱が持てないままでは、いつまでもその仕事で頑張り続けられないのも事実ですよね。