アメリカの著名なウェブメディアであるBUSINESS INSIDERで、こんな記事を見つけました。

The 20 Biggest Legal Stars On Twitter(BUSINESS INSIDER)
Twitter has become one of the best places to get your news. And legal news is no different. These 20 Twitter all-stars tweet all the analysis of the legal world you'll ever need to know, from news on major cases to the state of voter ID laws. We've ranked famous legal experts you'd be a fool not to follow.

日本ではFacebookに押されてオワコンと思っている方も多いTwitterですが、上記記事にもあるように、速報性と網羅性が求められるニュース・情報源という視点で見ると、数あるSNSの中でもTwitterが2012年時点で最も優れたメディアだと私は思っています。機能的にはGoogle+の方が圧倒的に充実していて、個人的にも滞在時間が一番長いのですが、TwitterはGoogle+と比較して法務パーソンが圧倒的に多い(おそらく30倍ぐらいの差があります)というのが、Twitterならではの強みでしょう。

逆に多すぎるあまり、いったい誰をフォローしたらいいのか見当がつかず、いまいち活用できている手応えがない、という方もいらっしゃるかもしれません。そこで、私がリスト(http://twitter.com/takujihashizume/legalworkers)している400名超の法務系パーソンの中から、独断と偏見で、「ビジネス法務系ニュースを幅広く抑えるならこの20人」と思う方を、以下フォロワー数順でご紹介させていただこうと思います。


TwitterID
フォロワー
所属
一言紹介
nobuogohara 58,840 関西大学大学院特任教授 日本でコンプライアンスといったらこの方になってしまった感
isologue 32,947 公認会計士 会計と法務を跨るテーマに言及、一貫してベンチャー支援
yjochi 23,435 弁護士 元検察官目線での刑法ネタ多、時にガジェットネタ連投
tamai1961 21,985 東大先端研 知財法、最近はJASRAC理事として著作権関連
HiromitsuTakagi 18,782 産総研主任研究員 情報セキュリティ、IT企業の痛いところを突く事で有名
suzukimasatomo 10,119 新潟大学教授 個人情報保護法、プライバシーの第一人者
Hideo_Ogura 9,715 弁護士 著作権法、ネット上の匿名論にも敏感に反応
igi3 8,786 弁護士 法務系ニュースの速報性では右に出る人はいません
fukuikensaku 8,571 弁護士 著作権法、特に映画を中心とするエンタメ法の第一人者
kamatatylaw 6,165 弁護士・弁理士 特許、企業経験から士業のあり方についても一家言あり
osugi1967 4,727 中央大学ロー教授 会社法、金商法、法科大学院制度への言及も
shimanamiryo 4,138 神戸大学教授 著作権法を中心に、知財法のトレンドをつぶやく
okaguchik 3,789 水戸地方裁判所判事 裁判実務、判例ネタ、そしてアイコンファッショニスタ
_nat 3,322 米国OpenID財団理事長 アイデンティティとプライバシーを股にかける存在
matimura 3,170 北海道大学大学院教授 情報法、e-discoveryなどITまわりに詳しい
theophil21 3,098 明治大学教授 労働法の大家、連続集中ツイートが特徴
takujihashizume 3,078 エンタメ企業法務 契約、労働法、エンタメ法と何でも…そう、私ですw
uwaaaa 2,955 弁護士 弁護士の日常ネタがとにかく楽しい
ikegai 2,932 東京大学大学院博士他 情報法の若手研究者トップ、海外事情に精通
tkuTokyo 2,660 弁護士 難解な金商法と企業実務をつなぐ解説が大変参考になる


一部isologueさん、HiromitsuTakagiさん、_natさんなど、この方は法務パーソン?という方も混ざっていますのは敢えてといったところ。また、Twitterという場の特性上どうしても知的財産や情報法に偏りがちにはなってしまっているきらいはあるかもしれません。でも、これらの方々のつぶやきを毎日ざっと読みするだけで、ビジネス法務のネタは大体網羅できると思います。

このリストに載るみなさんは、ほとんどが1冊は書籍を出版していらっしゃる方々。これが5,000人を超える上位層となると、雑誌・ラジオ・ウェブメディア等でのインタビューを求められるクラス、そして10,000人超となるとテレビへの出演も何度かされているような著名人クラスに。twitterのフォロワー数というのは、やはりリアルでの影響力も如実に表しているのかもしれません。

さて今回はフォロワー数上位の方々ばかり、twitter歴の長い方であればおそらくすでにフォロー済みであろう有名人の皆様のご紹介となりましたが、次回は、フォロワー数1,000人前後の、キラリと個性の光る法務系パーソンのみなさまを+20名ほどご紹介したいと思っています。