iTunesが強力に推進した音楽のデジタル流通革命に続き、Kindleもついに日本版が出て、いよいよ文字情報のデジタルな流通が日本でも本格化しそうな気運。そんな中水を差すつもりはありませんが、果たしてそのデジタルコンテンツのデータは誰のもので、何の権利に基づいて、いつまで使用できるのかを、きちんと整理しておいたほうがよいということをひしひしと感じる事例に接しました。

Barnes & Noble Decides That Purchased Ebooks Are Only Yours Until Your Credit Card Expires(techdirt)
Obviously, no one would expect a physical book to be subject to the whims of the publisher or the store it was purchased from. A sale is a sale, even if many rights holders would rather it wasn't. But, Barnes & Noble doesn't see it that way. Sure, you can buy an ebook from them, but you'd better keep everything in your profile up to date if you plan on accessing your purchases at some undetermined point in the future.

Yesterday, I tried to download an ebook I paid for, and previously put on my Nook, a few months ago. When I tried, I got an error message stating I could not download the book because the credit card on file had expired. But, I already paid for it. Who cares if the credit card is expired? It has long since been paid for, so the status of the card on file has nothing to do with my ability to download said book. I didn’t see anything in the terms of service about this either, but it’s possible I missed it.

バーンズアンドノーブル謹製の電子書籍リーダー“Nook”ユーザーが、アカウントに紐付いていたクレジットカードの期限切れとともに、そのデジタルコンテンツへのアクセス権すべてを失って大騒ぎという話。私はGoogle+でとある弁護士の先生からこの記事を教えていただきましたが、検索してみたところ、同じ話米国のさまざまなブログやtwitterでバズっていました。記事中イタリックになっているユーザーの証言の元ネタは“THE CONSUMERIST"という有名ブログにメールで投稿されたもので、その記事がバズのきっかけのようです。

記事中のメール投稿者は、「カードの期限が切れたらデジタルコンテンツのファイルにアクセスできなくなるなんてどこにも書いてない!」と怒っていますね。しかし、バーンズアンドノーブルのTerm of Servicesをよく読むと・・・

Terms and Conditions of Use(Barnes & Noble.com)
XII. DIGITAL CONTENT
Barnes & Noble.com offers Users the ability to purchase or download digital content, such as eBooks, digital magazines, digital newspapers, digital journals and other periodicals, blogs, applications (including applications developed by Barnes & Noble or third parties), and other digital content as determined by Barnes & Noble.com from time to time from and through the Barnes & Noble.com Site (individually and collectively, "Digital Content"). Barnes & Noble.com grants you a limited, nonexclusive, revocable license to access and make personal, non-commercial use of the Digital Content in accordance with these Terms of Use.
Digital Content is only available for purchase by Users with a credit card that has a United States billing address. By opening a Barnes & Noble.com account for Digital Content, you represent and warrant to Barnes & Noble.com that you reside in the United States and that you are capable of entering a contract under the laws of the United States.

Barnes & Noble.com reserves the right to modify or discontinue the offering of any Digital Content at any time. If a unit of Digital Content becomes unavailable prior to download but after purchase, your sole and exclusive remedy is the refund of the purchase price paid for such Digital Content. Some Digital Content may not remain available for re-download from your NOOK Library, if for example, the publisher of the Digital Content no longer retains the rights or other licenses, consents or permissions to that Digital Content. Digital Content already downloaded to your device[s] will not be affected.

  • バーンズアンドノーブルがデジタルコンテンツへのアメリカ国内における限定的な「アクセス権」を与えるものである
  • そのデジタルコンテンツは、アメリカ国内で有効なクレジットカードを所有する購入ユーザーのみが利用可能である
  • いつでもバーンズアンドノーブルがその「アクセス権」を剥奪することができる(すでに端末にダウンロードしたものまでには影響は与えないが、再ダウンロードできなくなる場合がある)
と書いてあります(本当はこの権利の章だけでこの5倍ぐらいの細かい規定がありますが)。従って、さきほどのメール投稿者の言う「カードの期限が切れたらデジタルコンテンツのファイルにアクセスできなくなるなんてどこにも書いてない!」ということはなく、よく読めば、(決済が完了していても)カードが使えなくなったらデジタルコンテンツにアクセスできなくなっても文句は言えないと利用規約上解釈できる、という状態でした。

s-a1180_001396

企業都合で言えば、地域ごとで管理するライセンス契約の手前、アメリカ国内での有効なカード保有者(≒アメリカ居住者)にのみアクセス権を認めたいし、その購入者が今生きているかどうかも把握できない以上、カード期限を流用してアクセス権管理をしたくなるのも無理はない気もします。そういったクレジットカード会社依存のアカウント運用がいいか悪いかという論点も含め、デジタルコンテンツの所有権=アクセス権は、いまやそのアカウント保持者の信用や生き死にを推定させるクレジットカードの期限と一蓮托生になっているのだという、興味深い現実を目の当たりにしてくれます。


知的財産が紙やプラスチックというモノに固定されて販売され、デジタルコンテンツへのアクセス権の期限と範囲をそのモノの寿命という自然の摂理で管理していた古き良き時代が終わり、寿命のないデータの所有権=アクセス権を販売するという形を取るようになった今、どこでその権利を終わりにするかは、この事例に限らず大きな問題になりつつあります。

現状、デジタルコンテンツビジネスを展開する各社の利用規約上では、「企業が自由にアクセス権を剥奪できるようにしておく → アカウント保持者の信用が怪しくなったらアカウントごと停止して、アクセス権を剥奪する」というかなりうさんくさいやっつけ運用でスタートしているわけですが、iTunesやKindleがこれだけ浸透し、ぞくぞくとあらゆる分野のデジタルコンテンツ化が進む今、権利者とユーザー双方が納得感のある期限の迎え方を考えなければならなくなりそうです。