就職して3年目以降、「日経新聞は一切読まない主義」を貫いてきましたが、『就活に「日経」はいらない 』と仰っていたはずの成毛眞さんが、この本でこんなことを書いていたので、ついつい日経電子版を契約してしまいました。

本は10冊同時に読め!: 本を読まない人はサルである!本は10冊同時に読め!: 本を読まない人はサルである! [単行本]
著者:成毛 眞
出版:三笠書房
(2013-03-27)

ネットでリアルタイムにニュースの速報が流れるような時代である。毎月何千円も払い、紙の新聞を取っている意味などないだろう。新聞をとっている人は契約を解除し、そのお金で本を買うほうが有意義である。
ただし、私は日経新聞だけは丹念に読んでいる。ビジネスマンたるもの、日経ぐらいは読んでいなければ仕事にならないからだ。「私の履歴書」などは本を1冊読むよりためになるかもしれない。
もし新聞を読むのなら、そこに書かれなかった情報を推測するために読むべきである。新聞は正義の味方などと思っているようでは甘すぎる。事実をねじまげて報道することもあれば、自分たちに都合の悪い情報は書かないこともある。

ビジネスパーソンのほぼ全員が読んでいる情報を一緒になって読んで何の得になるの?と思っていた天邪鬼な私には、この「書かれなかった情報を推測するために読む」という言葉がとっても響いてしまいまして。そういう読み方を意識したからか、9年ぶりということで多少読み手として成長しているからか、久しぶりの日経はとてもおもしろい読み物になっていました。

iPad2とiPad3両方でためしてみると、3だと拡大しなくても読めて、すこぶる快適。

s-nikkeidenshiban

仕事上気になっているキーワードで記事検索をしていたところ、ウェブ上の無料電子版では見出しすらアクセス記事が存在していたことをこれまた今さら知って驚きました。重要な情報は、みなさんが見出しのリンクを張ってSNSで知らせてくれるからいいやと思っていたのですが、甘かったみたいですね。すでにお使いのみなさんが便利便利とおっしゃっている記事ごとの保存機能も、評判通りです。

自炊書籍&ウェブリーダーとなっていたiPadの使い道が一つ増えて、軽量版retina9.7インチiPadの発売がさらに待ちどおしくなります。