年末の風物詩、ビジネスロー・ジャーナルのブックガイドの季節です。





「この覆面座談会企画に毎年登場してる法務担当者って、管理人のはっしーさんも入ってるんですよね?」と聞かれることがありますが、私がでるなら顕名ででますし、これまで入ったこともなければ、お誘いをいただいたことすら一度もないんですよ。誘われない理由が何かあるんでしょうね・・・。

s-IMG_2887


今年については、寄稿されている法務パーソンの方々もあまりマニアックな本を紹介されておらず、9割がた購入済みの本だったのですが、P38の匿名の電機メーカー法務担当者の方(多分私が知ってる人)が推されていた『英文契約書の法実務-ドラフティング技法と解説-』は、早速購入させていただきました。副題に「ドラフティング技法」とあったので当時スルーした記憶がありますが、この方の書評のとおり、書式集として普通に使える本ですね。

さてこちらも毎年恒例の便乗企画、企業法務マンサバイバルの基本書ブックガイドを以下ご案内します。ここでいう基本書とは、「これ一冊ですべてを賄う」という意味ではもちろんなく、「各法分野の定番本をまず一冊ずつこれから揃えるとしたら外したくない一冊」といったニュアンスで選んでいます。ご自身の所属業界や専門に応じて、適宜追加してください。


1.憲法

憲法 第五版憲法 第五版
著者:芦部 信喜
販売元:岩波書店
(2011-03-11)
販売元:Amazon.co.jp

企業法務で憲法ですか〜?という方には、bizlaw_styleの記事「法律家によるルールメイキング関与の可能性はあるか??」からの引用をご紹介。

そして、憲法感覚・人権感覚:規制の合理性を分析するために、上記の活動全てに共通して必要な感覚ではないだろうか?。(なお、私は昔、ある大物法務担当者に「センセーさあ〜、憲法論を語れない企業法務の弁護士なんてダメだよ!」と言われたことがありますが、今にして思えば深いですね。)

今日にいたるまで、プライバシーが憲法13条だけを頼りにしてきたのも、そういうことですよね。来年、個人情報保護法改正議論が大詰めを迎えるにあたり、上記は改めて刻んでおきたい言葉です。


2.民法



昨年のブックガイドで一度内田民法を選書していらぬ物議を醸してしまい(笑)、川井民法をご案内するという経緯がありましたが、残念なことに、その著者川井先生が今年お亡くなりになりました。民法改正が確実な中、川井先生の本をどなたかが補訂される可能性は低いと思われ、今年第三版が発刊されたばかりの我妻コンメンタールを推薦させていただきます。


3.商法



特に大きな動きがなかったはずの商法ですが、この本には今年も改版が入り第7版に。その必要があったのかは少し疑問。江頭先生って思っていたより商魂たくましい方なのかも…。


4.会社法

株式会社法 第4版株式会社法 第4版
著者:江頭 憲治郎
販売元:有斐閣
(2011-12-19)
販売元:Amazon.co.jp

去年も同じこと言いましたけれども、私は自分使いには『アドバンス 新会社法』推しです。が、定番として最初に1冊選ぶなら、やはりこちらなのでしょう。


5.金商法



BLJのブックガイドでは『ゼミナール 金融商品取引法』がおすすめされてました。たしかにそういう読みやすさも欲しいところですが、1冊となると情報量でこちらを。


6.特許法

標準特許法 第4版標準特許法 第4版
著者:高林 龍
販売元:有斐閣
(2011-12-15)
販売元:Amazon.co.jp

今年は私も特許法を多少学びながら、弁理士の先生方にどの本がいいのか聞きまくったのですが、結果わかったのは、これ!という本はない、ということ。ということで、昨年推薦のこちらをstayしました。個人的には、竹田『特許の知識 [第8版] 』をよく参照しますが、これももう再刷がないようで幻の書となってしまいました。なお、去年twitterで高橋雄一郎先生から、出願は特許庁のウェブサイト、係争向けは高部『実務詳説 特許関係訴訟』というアドバイスもいただいています。


7.意匠法

意匠法意匠法
著者:茶園 成樹
販売元:有斐閣
(2012-04-05)
販売元:Amazon.co.jp

意匠法の基本書自体が少ない中での新し目の書籍として。3Dプリンタも普及しだしたり、ソフトウェアのUIに意匠権が認められる方向性にあったりで、意外にこれから注目の法律になりそうな気がしています。


8.商標法

新商標教室
小谷 武
LABO
2013-06


硬派な方には、小野『新・商標法概説 』なのでしょうけれども、今年はやはりこちら。これまでの商標法の本に無かった、法と実務のスキマをきれいに埋めてくれる良書です。実用書のノリに近いものはありますが、今回はこれを。


9.著作権法

著作権法逐条講義 〈六訂新版〉
加戸 守行
著作権情報センター
2013-08-28


待ちに待った加戸先生の逐条講義の改訂版が今年でましたので、中山先生の『著作権法』と入れ替えました。中山先生の本は2007年刊で、改正に追い付けていないというのもその理由の一つです。


10.不正競争防止法



うーん、相変わらずの不作状態が続く不正競争防止法。昨年推薦した青山先生の本も、在庫が薄いようですのでこちらを。田村先生の『不正競争防止法概説』の改版が待たれます。


11.独占禁止法

独占禁止法
品川 武
商事法務
2013-02-07


今年の新刊本。いつも本棚の中でオレンジの表紙の輝きがひときわ眩しい。規制側の方々が書いた本ということで、どれか一冊となるとやはりこちらかなと。


12.下請法

優越的地位濫用規制と下請法の解説と分析優越的地位濫用規制と下請法の解説と分析
著者:長澤 哲也
販売元:商事法務
(2011-08)
販売元:Amazon.co.jp

こちらも去年からstayです。長澤先生は日経の弁護士ランキング8位にランキングされていました。


(文字数が多くなってきましたが続きます)
13.消費者契約法

コンメンタール消費者契約法コンメンタール消費者契約法
販売元:商事法務
(2010-04)
販売元:Amazon.co.jp

消費者契約法の解説は引き続き多数刊行されている中で、解説・解釈に偏りがなく、安心して読める本です。


14.特定商取引法



特商法はこちらが定番として評価が固まってきたように思います。


15.景品表示法



転職してから一番お世話になっている本かもしれません。消費者庁のウェブサイトも情報・Q&Aが豊富ですが、こちらの本の中のオリジナルの図表が役立つことがあります。特に、二重価格表示の価格表示ガイドライン判定フローチャートなどは、条文を読んでも理解を誤る可能性もあり、いつもそばにおいて仕事をしています。
@KTets先生から第三版が出ますよとのご連絡を頂き、リンク修正しました。いつもありがとうございます。


16.資金決済法

実務解説 資金決済法
堀 天子
商事法務
2011-07


昨年お薦めに選定した『バーチャルマネーと企業法務』もいい本ですし、立派な逐条解説本もありますが、今は堀先生のこの本が一押し。前払式支払手段の発行停止の手続きについて、しっかりと分かりやすく書いてあったのは、私が見た限りこの本だけでした。


17.個人情報保護法

個人情報保護法
岡村 久道
商事法務
2009-03



入手困難になっていた新訂版が、ようやく再版されました。個人情報保護法は改正の見通しですが、それまではこれしかないです。


18.行政法

行政法
宇賀 克也
有斐閣
2012-04-12


昨年の塩野三部作から変更。宇賀『行政法概説』3冊を1冊に凝縮し、かつ引用判例もそこそこ豊富ということで。


19.労働法



安定の菅野本です。この前書店で『労務トラブル予防・解決に活かす“菅野「労働法」”』なる本を見かけて、たまげました・・・。もちろん、菅野先生じゃない人が書いた本ですよ。書籍タイトルに商標権は無いとはいえ、大胆過ぎるw。


20.破産法・民事再生法

破産法・民事再生法 第2版破産法・民事再生法 第2版
著者:伊藤 眞
販売元:有斐閣
(2009-06-13)
販売元:Amazon.co.jp

最近は不景気な破産事件も減ってきたので、活躍の場面が少ないかも?


21.租税法

租税法 第17版 (法律学講座双書)租税法 第17版 (法律学講座双書)
著者:金子 宏
販売元:弘文堂
(2012-04-03)
販売元:Amazon.co.jp

現実的には、国際税務の方が問題になるケースが多いので、あまりこの本を紐解くことはないかもしれません。


22.民事訴訟法

民事訴訟法 第4版民事訴訟法 第4版
著者:伊藤 眞
販売元:有斐閣
(2011-12-22)
販売元:Amazon.co.jp

圓道先生の『若手弁護士のための民事裁判実務の留意点』の評価もうなぎのぼりのようですね。


23.英米法

アメリカ契約法第2版 [アメリカ法ベーシックス]アメリカ契約法第2版 [アメリカ法ベーシックス]
著者:樋口 範雄
販売元:弘文堂
(2008-05-09)
販売元:Amazon.co.jp

去年と同じく。これを読んだ後はぜひ平野先生の『体系アメリカ契約法』へ。


24.六法



すでに模範六法ではなくこちらが定番になったように思いますが、みなさまのまわりではどうですか?

 

2014.3.15 第二版

金商法・特商法について新版がでましたので更新しました。

2014.10.25 第三版
推薦本のご紹介およびリンクを一部削除しました。