3. Restrictions. は、デベロッパーサイトおよびサービスを使う上での制限事項を定めています。


RADA3


You agree not to exploit the Site, or any Services, Apple Events or Content provided to you as a Registered Apple Developer, in any unauthorized way, including but not limited to, by trespass, burdening network capacity or using the Services, Site or Content other than for authorized purposes.

不正利用の禁止をうたっています。不正利用の例として、不正アクセス、ネットワークへの負荷を与える行為、許可範囲外利用等が示されています。


Copyright and other intellectual property laws protect the Site and Content provided to you, and you agree to abide by and maintain all notices, license information, and restrictions contained therein.

デベロッパーサイトおよびコンテンツについては、著作権法等の知的財産権法によって保護対象となっていること、デベロッパーはその権利を侵害せず保護することをデベロッパーに求めています。


Unless expressly permitted herein or otherwise permitted in a separate agreement with Apple, you may not modify, publish, network, rent, lease, loan, transmit, sell, participate in the transfer or sale of, reproduce, create derivative works based on, redistribute, perform, display, or in any way exploit any of the Site, Content or Services in whole or in part. You may not decompile, reverse engineer, disassemble, attempt to derive the source code of any software or security components of the Services, Site, or of the Content (except as and only to the extent any foregoing restriction is prohibited by applicable law or to the extent as may be permitted by any licensing terms accompanying the foregoing). Use of the Site, Content or Services to violate, tamper with, or circumvent the security of any computer network, software, passwords, encryption codes, technological protection measures, or to otherwise engage in any kind of illegal activity, or to enable others to do so, is expressly prohibited.

Apple社が別途契約で認めない限り、デベロッパーサイトおよびコンテンツを改変したり、二次的著作物を制作したり、デコンパイルすること等を禁止しています。上ではグレーでマーキングしてみましたが、you may not(may not は英文契約の語法で「禁止」を意味します)に続く“やっちゃいけない行為”の例示が長いので、文章が長く見えます。なお、2つめのmay not文の最後に、括弧書きで「((except as and only to the extent any foregoing restriction is prohibited by applicable law or to the extent as may be permitted by any licensing terms accompanying the foregoing)」とありますが、これは、独占禁止法等の観点からデコンパイルやリバースエンジニアリングの禁止をすること自体が違法となる可能性のある国も少なくないため(参考:一般社団法人知的財産研究所 知財研紀要収録『コンピュータ・プログラムの保護に関する 米・EU・日・韓の比較法的研究 −プログラム リバース・エンジニアリングを中心に−』) 、その場合にこの条文が無効とならないよう、その限りにおいて通常のライセンス条件を適用する旨が書かれているものです。
併せて、あらゆる違法行為を行うことや、他人による違法行為を幇助することを禁止しています。


Apple retains ownership of all its rights in the Site, Content, Apple Events and Services, and except as expressly set forth herein, no other rights or licenses are granted or to be implied under any Apple intellectual property.

最後に、確認的規定として、デベロッパーサイト、コンテンツ、イベントに関する権利は、そこに特に断り書きのない限り、Appleがそのすべての権利を保持しているとしています。


一般的に、BtoCのウェブサービスでの利用規約ですと、制限・禁止事項をとにかくたくさん列挙して具体的に理解をさせ、かつ威圧する手法が取られます。これに対し、PFサービスの規約では、BtoBということもあってか、上記Apple社の例のように規約上は包括的な記載にとどめ、細かいルールはガイドラインレベルで規制する手法が多く取られています。しかしその中でも、知的財産権の侵害だけは徹底して許さないという姿勢が垣間見えます。