10. Term and Termination. は、見出しの上では契約期間と契約終了について定められている条項、のはずなのですが、実際は期間は明確に定められておらず(つまり、終了するまでが契約期間)、契約を終了するための条件が書かれています。


RADA10


Apple may terminate or suspend you as a Registered Apple Developer at any time in Apple’s sole discretion. If Apple terminates you as a Registered Apple Developer, Apple reserves the right to deny your reapplication at any time in Apple’s sole discretion.

Apple社はいつでも任意にこのデベロッパー契約を終了もしくは停止し、さらにデベロッパーによる再登録を拒絶できることになっています。

You may terminate your participation as a Registered Apple Developer at any time, for any reason, by notifying Apple in writing of your intent to do so.

デベロッパーからも、デベロッパー契約を解除できます。しかし、その旨をAppleに書面で通知することが必要とされています。

Upon any termination or, at Apple’s discretion, suspension, all rights and licenses granted to you by Apple will cease, including your right to access the Site, and you agree to destroy any and all Apple Confidential Information that is in your possession or control. At Apple’s request, you agree to provide certification of such destruction to Apple. No refund or partial refund of any fees paid hereunder or any other fees will be made for any reason.

契約終了後の措置として、デベロッパーに対し、サービスの利用の停止と秘密情報の破棄を求めています。Apple社の求めに応じ破棄証明を出す義務もあります。一方、Apple社側に特にデベロッパー情報を処分する義務は規定されていませんので、義務はないことになります。なお、それまでに支払ったフィーは一切返金されません。

Following termination of this Agreement, Sections 1, 3-5, 7 (but only for so long as the duration specified by Apple for such usage), 10-19 shall continue to bind the parties.

契約が終了しても、1, 3-5, 7 、10-19 条は存続し、両当事者を拘束するとあります。では効力が消滅する2,6,8条は何だったかというと、これらはすべてデベロッパーのサービス利用権を定めた条項となっています。つまり、契約終了によってデベロッパーとしての権利はなくなるけれども、義務は全て残るというわけです。ここは気をつけたいところです。