13. No Warranty. は無保証条項と言われる条項です。まずご覧になって誰もが気付くのが、全部大文字で目がチカチカする!という点ではないでしょうか。


RADA13


これには法的な意味があります。米国法では、責任排除・制限を目的とした条項については、不利になる側の当事者が自発的に同意したかが裁判上で問題となるため、誰の目にもはっきりと飛び込んでくるこのような大文字表記で他の条項よりも目立つようにしてするのが通例となっているのです。「契約のときは見てなかった・気づかなかった」と言わせない、規約をみたデベロッパーが自発的に同意したことを主張しやすくするという効果を持たせるために、大文字にしているというわけです。


APPLE AND ITS AFFILIATES, SUBSIDIARIES, OFFICERS, DIRECTORS, EMPLOYEES, AGENTS, PARTNERS, AND LICENSORS (COLLECTIVELY, “APPLE ” FOR PURPOSES OF THIS SECTION 13 AND 14) DO NOT PROMISE THAT THE SITE, CONTENT, SERVICES (INCLUDING, FUNCTIONALITY OR FEATURES OF THE FOREGOING), COMPATIBILITY LABS, DTS SERVICES, OR ANY OTHER INFORMATION OR MATERIALS THAT YOU RECEIVE AS A REGISTERED APPLE DEVELOPER (COLLECTIVELY, THE “SERVICE ” FOR PURPOSES OF THIS SECTION 13 AND 14) WILL BE ACCURATE, RELIABLE, TIMELY, SECURE, ERROR-FREE OR UNINTERRUPTED, OR THAT ANY DEFECTS WILL BE CORRECTED.

Apple社やその関係会社等から提供された製品やサービスの正確性、信頼性、適時性等は保証されず、さらに欠陥があったとしても、それが修復されるかどうかも保証されていません。


THE SERVICE IS PROVIDED ON AN “AS-IS” AND “AS-AVAILABLE” BASIS AND THE SERVICE IS SUBJECT TO CHANGE WITHOUT NOTICE. APPLE CANNOT ENSURE THAT ANY CONTENT (INCLUDING FILES, INFORMATION OR OTHER DATA) YOU ACCESS OR DOWNLOAD FROM THE SERVICE WILL BE FREE OF VIRUSES, CONTAMINATION OR DESTRUCTIVE FEATURES. FURTHER, APPLE DOES NOT GUARANTEE ANY RESULTS OR IDENTIFICATION OR CORRECTION OF PROBLEMS AS PART OF THE SERVICE AND APPLE DISCLAIMS ANY LIABILITY RELATED THERETO.

ここに登場する“AS-IS” AND “AS-AVAILABLE” BASISという言葉は、英文契約の非保証文言の決まり文句です。「現状あるがまま」「利用可能な限り」で利用するという前提ですよ、という意味。サービスを利用してどういう結果になろうが、問題が発生しようがしりませんよ、とあります。


APPLE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING ANY WARRANTIES OF ACCURACY, NON-INFRINGEMENT, MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. APPLE DISCLAIMS ANY AND ALL LIABILITY FOR THE ACTS, OMISSIONS AND CONDUCT OF ANY THIRD PARTIES IN CONNECTION WITH OR RELATED TO YOUR USE OF THE SERVICE. YOU ASSUME TOTAL RESPONSIBILITY AND ALL RISKS FOR YOUR USE OF THE SERVICE, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, ANY INFORMATION OBTAINED THEREON. YOUR SOLE REMEDY AGAINST APPLE FOR DISSATISFACTION WITH THE SERVICE IS TO STOP USING THE SERVICE. THIS LIMITATION OF RELIEF IS A PART OF THE BARGAIN BETWEEN THE PARTIES.

Apple社は明示的にも黙示的にも、正確性・商品性・目的適合性を保証せず、第三者からデベロッパーが権利侵害を主張されないことも保証しないとしたうえで、全て自己責任でサービスを利用すべきこと、その条件で満足できないなら、唯一の救済策はサービスを利用しないことであると言い切っています。嫌なら使わなければよい。この契約はそういう契約なんだからというわけです。


To the extent that Apple makes any pre-release or other products, services or information related thereto available to you as a Registered Apple Developer, you understand that Apple is under no obligation to provide updates, enhancements, or corrections, or to notify you of any product or services changes that Apple may make, or to publicly announce or introduce the product(s) or service at any time in the future.

ここは厳密には無保証条項ではないから通常の小文字に戻っています。しかししつこいぐらいに、アップデート、機能強化、修正をする義務も、Apple社がする製品やサービスの変更を知らせる義務も、製品やサービスについて公表する義務もないことの確認をデベロッパーに求めています。