ここ1ヶ月ぐらいで買ったカジュアルな本の中で、期待以上におもしろかったのがこれ。





折を見てこの本からいくつかネタを取り上げたいと思っているのですが、最初にとりあげたいのは、サバイバルを冠する弊ブログにぴったりな、「企業と個人の生き残りの方法としての差別化」についてです。

 差別化ということについて少し掘り下げていきたい。経営者の方を前にお話しするとき、私はよく次のようなことを言う。「競争が激しいときに、企業が生き残る方法は三つしかありません。この三つのどれかをしないかぎり競争に敗れることになってしまいます」、と。三つの方法の一つはもっとがんばることである。日本の企業はこれまで同質競争の中でがんばってきた。ただ、もっとがんばることは大切だが、同質競争の中で疲弊することでよいのか考えてみる必要がある。

 生き残りの第二の方法は、競争相手を消滅させてしまうことだ。企業経営で言えば、M&Aがその典型である。昨日までの競争相手でも、合併してしまえば明日からは仲間になる。M&Aは重要な手法であるが、しかし、どの企業でも利用可能というものではない。

 結局、私が一番言いたかったのは第三の方法であるのだ。それが差別化だ。競争相手との違いを出していくことで、厳しい競争の中でも生き残ることができる。いかに違いを出すのか、これを企業は真剣に考えるべきである。差別化できない企業は生き残れない。それぐらいに考えた方がよい。

 さて、以上で述べた経営の原則は、企業だけでなく、私たち個々人についても言えるだろう。職業人生を歩む中で自分の価値を高めていくためには、人にはないような何か特徴的なものを持つようにすることが非常に重要であると思う。

サバイバルのために「相手を消滅」させるっていうのは、人を殺したり人と合体したりすることができない自然人には大変難しい(笑)。となると、「もっと頑張る」「差別化」のいずれかまたは両方を欲張るしかないわけです。で、「もっと頑張る」っていうのは一生競争に勝ち続けるってことなんで、それはきつい。勘弁してよ。となると、伊藤先生のおっしゃるように「差別化」しか残ってない。


自分が他人と差別化できるポイントには、どんなところがあるだろうか。人柄などのアナログなスペックを除いた、法務パーソンとして職務経歴書に書けそうな差別化ポイントを書き出してみました。市場想定人数は、企業法務を職域とする日本の法務パーソン(弁護士含む)総人口を約2万人と仮定しての、自分の視界から見たざっくりとした推計です。

  • 企業法務経験10年以上
    →経営法友会第10次会社法務部実態調査における回答企業の人員構成比で約30%が「経験年数10年以上」であったことから推計すると、6,000人。

  • IT業界の法務に強い
    →IT業界ってどこからどこまで?はさておき、自認も含めれば5,000人ぐらいにはなりそう。

  • BtoB法務とBtoC法務両方を経験
    →法務職はBtoBが圧倒的に多いが、転職が当たり前になった今、両方経験がある人も増えている。3,000人ぐらい。

  • 契約法務・知財法務・機関法務をすべて経験
    →特に上場企業の機関法務経験という絞り込みまでかければ、ざっくり2,000人ぐらい。

  • 法曹資格を有する(予定w)
    →弁護士登録している組織内弁護士の方だけでも1,000人を超えていることを考えれば、登録を控えている方を含めて1,500人ぐらいか。

  • 論文が学会誌に掲載されたことがある
    →ちょっとハードルは上がるが、法務パーソンには少なくない。1,000人ぐらいはいそう。

  • 法務ブログをやっている
    →匿名の方を含めれば300人ぐらいか。

  • 企業法務に関する書籍を出版したことがある
    →ここまでくるとかなり絞られる。現役の方で150人ぐらい?じゃあここはもう少し伸ばそうかということで、今またほそぼそと合間を見つけては本を書いています。

こうして整理してみると、差別化要素の中でのポイントは、法務が求められるビジネス領域に先んじて自分の軸足を置き、その領域での経験・実績を積めているか、という点にあるんじゃないかという思いを強くします。資格をとることは、職を得るための入り口に立つ・ツブシを利かせるためには必要ですが、これだけ人数が増えてくるとそれだけでは差別化要素とまではなりません。また専門領域に関する論文・ブログ・書籍を書くことは、もちろん実績の一つとしてプラスになるとは思いますが、そもそも自分がテーマとしているビジネス領域がその時代においてメジャー過ぎたりニッチ過ぎたりすれば、そのアウトプットも世の中から求められないものになってしまいます。過当競争にならず世の中からは必要とされるといういい感じのビジネス領域はどこか?その狙いが当たれば差別化効果も大きいですが、逆にヨミが外れたときはツブシも効かなくなる。法務パーソンに限らず、これまで以上にその選択が重要になってくるんじゃないでしょうか。


さて、ここまでを小括すると、競争はしたくない → でもサバイバルのために何らか差別化は図らなきゃならない → ビジネス領域の選択が重要になる、ということなわけですが、じゃあどのビジネス領域が次に来るのか?が問題となります。それが分かったら苦労しないよって話ですよねぇと思っていると、丁度これを書いている最中に、シンクロするようなこんな記事に出会いました。

川上量生氏「競争したくないから、誰にもわからないことをやる」 WBSで大江アナに成功哲学を語る
川上:いや、無いですね。というか、別に人を食った発言をしているわけじゃなくて、KADOKAWAとドワンゴが何をするかって、みんな疑問に思ってるじゃないですか。みんな疑問に思ってるというのは、やっぱり何をするんだろうっていうのが分からないんだと思うんですね。

で、僕だってわかんないですよ。だから、それは正しいと思いますね。

大江:ただ、経営統合はしてしまおう、という……。

川上:面白いことは出来ると思いますね。思ってるんだけど、それって実際にやってみないとわからないじゃないですか。

大江:そうですね。分かるようなことはもう誰かがやっているだろう、ということなんですか?

川上:そうです、そうです。分かるようなことだったら、多分うまくいかないですよ。わかんないことだから多分うまくいくんだと思ってるんですよね。それは本当に思っています。
大江:ただ、統合したあとにこういうことします、っていうことが明確にないと、競合の方もどう戦っていいかわからないですよね。

川上:そうだと思いますね。

大江:それも、戦略のひとつですか?

川上:ひとつと言えば、ひとつですよね。やっぱりわかんないと競争しようがないですから。競争って僕、一番やっちゃいけないことだと思ってるんですよ(笑)。

大江:なるべく競争は避けて?

川上:はい。競争は無いほうがいいです。

川上さんらしい飄々とした、茶化したようなコメントではあるものの、競争にならないようにするために、これでいいのか自分でもわからないことを、他社・他人からもわからないようにすすめるということ、これが一番かもしれません。確信は持てないまでも、人知れずヤマを張って試行を繰り返してみるしかない。

このブログも今後は川上流に倣って、自分が何を考えているかバレないようにしていきたいと思います。だったら、何も書かないのが一番かもしれませんねー。