日本能率協会マネジメントセンターの編集担当O様からご恵贈いただきました。『知財実務のセオリー』の著者岩永利彦弁護士・弁理士による、特許実務マニュアルの決定版です。





いままでの特許法分野の実務書は、実務書と言いながら特許「法」の解説に実務のエッセンスを添えた程度の書籍しかなかったと思います。それに対し本書は、<発明の発掘→先行技術調査→クレーム・明細書・図面作成→出願→中間処理→権利行使>の一連の特許業務が(知財担当者でなくとも)一人でできるようになるためのマニュアル本たることを主眼に置いた上で、その業務上どうしても必要となる新規性進歩性・均等論・相当の利益といった用語や法的概念について、必要に応じて噛み砕きながら説明するスタイルをとっています。

このようなスタイルで書ける人材が、元大手企業のエンジニアであり、その後弁理士→弁護士となられた希少なキャリアを持つ岩永先生しかいらっしゃらなかった、ということでしょう。

IMG_9129IMG_9130


本書の中で何度も繰り返し強調されているのが、以下2点です。
.レームチャートを書くこと
∪莵垉蚕冂敢困鯏按譴垢襪海

私の知る優秀な知財担当者は、確かに、どんな場面においてもこの2つを愚直にやっていました。私も形だけでも見習うようにしていたのですが、それがどれほど重要なのかを言語化できるまでには至っていませんでした。本書によってあらためて、,砲茲辰独明を客観的に評価できる状態にすることの重要性を、そして△砲茲辰匿卦性進歩性を具体的に認識・主張できる状態にすることの重要性を、それぞれ腹落ちさせることができました。


開発者が、自己の発明を会社の技術的資産となりうるものとして認識し、その発明をきちんと知財部門に情報共有し、特許として権利化されるサイクルを作るには、やはりどうしても開発者自身に特許制度の意義や仕組みを理解してもらう必要があるなあと感じています。そのためには、開発者が新人として配属された直後に、発明を自分で実際に生み出し、自分でクレームチャートを書き、自分で先行技術を調査し、知財担当者のサポートを受けながら出願するところまでを研修プログラムとしてしまうのが、手っ取り早い方法でしょう。

よい技術を生み出し、しかもそれがしっかりと権利化される強い会社づくりのスタートとしては、そうした体験型研修なども含め、どうしても経験ある知財担当者からのレクチャーが必要になってくるわけですが、そうした新人向けレクチャーのためのテキストとしてベストな書籍であると、自信をもっておすすめできます。もちろん、特許がわからない法務担当者にも。