2年超にわたり毎日着用し文字通り愛用した初代Apple Watchを、Series3に更新しました。

今回は前から狙っていたHermesモデルにチャレンジ。こちらは38mmサイズのGPS+Cellularモデルです。42丱汽ぅ困任靴選べないバンドもいくつかあって迷ったものの、自らもHermesモデルを着用していた銀座店の方の「画面が大きい42个離瓮螢奪箸發△襪、本来の時計のデザインとしては38个理想的サイズ」というコメントに納得、こちらを選択しました。


IMG_9795


Hermesモデル独自の伝統感あるパッケージ、そしてHermesモデル以外は選択できないオリジナルなデジタル文字盤とフォントを眺め、紙・ステンレス・液晶・シリコンといった素材は同じでもデザインによってまったく違う価値を感じさせる、著作権でも商標権でもないまさにトレードドレスの世界だなあと知的財産に思いを馳せつつ、早速設定を完了させて使用を開始。


Series 2は見送っていた私にとってWatchらしい機能面での初体験が、Apple Payによる決済機能です。ICカードやiPhoneをポケットから取り出す必要すらなく、常に身につけているこれをかざすだけで交通機関を使った移動も日常の買い物もできるのは、やはり便利です。

さらに、この小さい筐体になんとLTEも搭載しているわけです。BluetoothでiPhoneと連動させての通知・スケジュール管理の便利さについては初代から恩恵に預かってきましたが、通信すらもiPhoneなしに単独で行えるようになりました。短い電話ならこれでやるもよし、SNS・チャットの返事を音声入力でささっと返したりもできます。なお、あまり知られていませんが、WatchOS3から英語や中国語などは手書き認識も実装されており、音声入力しにくい状況ではこれも使えます。

バッテリー持続時間の課題は残るとはいえ、Apple Watchだけでほとんどのことができるようになったこの感じ、まさに小さいころにあこがれていたSFの世界が、思っていたよりも早く現実のものとなってしまいました。
 

「ネット・クラウド・ストレージ上にある大量の情報にアクセスできる手帳」としてiPad Proをヘビーユースしている私にとっては、iPad Proとこれさえあれば、iPhoneはカバンやポケットに入れっぱなしにしたままで触らない日が普通にあるんじゃないかと思います。