先日、北周士先生主催のロビイング研究会に参加させていただき、その席で、風営法改正のロビイングをリードされたことで有名な齋藤貴弘先生とご挨拶をすることができました。

その齋藤先生がお勧めされていたこともあって、封切りまもなく見に行った映画がこちら。




建国の経緯を背景として合衆国憲法修正2条が国民に対し保障する、銃を保有し武装する権利。

これを規制しようとする側に立ち、全米ライフル協会をはじめとする強固な規制反対派と戦う女性天才ロビイスト、エリザベス・スローンの活躍を描くサスペンスムービーです。

ロビー活動は予見すること。
敵の動きを予測し、対策を考えること。

主人公スローン自身が映画冒頭から何度となく唱えるのが、このロビイストとしてのセオリー。銃規制キャンペーンの成功というプロジェクト目標に向かって、このセオリーに冷酷なまでに忠実に、プロとして仕事を遂行していく姿は、ビジネスパーソンであればまず間違いなく感化されてしまうはずです。

脚本は元英国弁護士のジョナサン・ペレラ氏、さらにパブリックアフェアーズ企業のグローバルパークグループがアドバイザーとして監修し、ロビイング業界の実態もリアルに描かれています。

主人公の強烈なキャラクター描写と、「シェイクスピア劇のよう」と評されるテンポの良いセリフ回しの連続。敵がTrump Card=切り札を使った後に自分の切り札を出す、「肉を切らせて骨を断つ」ようなスローンの手法はどこまで通用するのか?132分となかなかの長尺にも関わらず、純粋なエンターテインメントとして最後まで飽きずに楽しめる映画だと思います。


ロビイングなんて自分の住む世界からは縁遠くって・・・という方でも、ちょうど選挙が終わり、憲法改正の是非が論点となる時期が近づいた日本国民としては、コナーズ(元同僚ロビイストであり、敵)とスローン(主人公)のテレビ公開討論シーンで交わされるこのやりとりに、他人事ではない緊張を覚えるのではないでしょうか。



コナーズ:合衆国憲法は、時の試練に耐えた。決して揺らがぬ、完全無欠な権利を保証(劇中翻訳ママ)すべく起草されたものだ。あなたのような人々から国を守るためだ。憲法でケツを拭き、勝手な判断で書き換える。建国の父たちをバカにするつもりか。

スローン:完全無欠なものはない。憲法でさえも。
コナーズ:全購入者の身元確認は権利の侵害だ。“権利を侵してはならない”とある。

スローン:それは最も陳腐で貧弱な反論であって、論点なき者の言い分よ。

コナーズ:これは合衆国憲法だ。

スローン:もっと理性的な議論をすべきなのに—これでは不毛。 “憲法にある”では聖書や占いと同じ。知的レベルではまるで母親のスカートに隠れる臆病な子供と同じ。