純米蔵 富久錦・ユーハイムといった食料品のパッケージから、Discovery Channelのロゴデザイン、内田洋行のような伝統的企業のCIリニューアル、そしてHISが運営する「変なホテル」のトータルディレクションまでを手がける奇才、北川一成さんのルーツと仕事術に迫るムック本。




 
私は、このブログで紹介する法務関連書籍やビジネス書以外にも、できるだけ幅広いジャンルの本や雑誌を読むようにしているつもりです。つもりだったのですが、インプットを広げる気持ちの余裕が持てていなかったのか、とくにこの2年間は、自宅の本棚とkindleを見る限り入れ替わりで入ったのは数えられるほどにとどまっていました。それに気づいたのが先日の引っ越しの時。

この引っ越しはいいタイミングと、強制的に本を捨てたりブックスキャン送りにして本棚に余白をつくり、かねてより消費者としては好きだったデザインやファッション領域のインプットを増やすようにしていました。そんな中、普段から色々なアドバイスや刺激を頂戴している水野先生のご縁で、GRAPH展開催中の北川さんのお話を伺った次第。

IMG_0809


このGRAPH展のみどころの一つが、普段北川さんの事務所に設置されている「回廊型本棚」が、そのままの形で移設されているところです。

IMG_0785

IMG_0784


人の本棚を覗かせてもらうのはそれが誰のものであってもワクワクするものですが、第一線のクリエイティブの世界に生きる方が、日頃どのようなインプットを本から得ているのかを生で目撃できるというのは、なかなかない貴重な機会だと思います。

数学に、「順列」と「組み合わせ」という2種類の問題があります。順列はPで、組み合わせはCと表します。このような素敵なギャラリーで、今さら高校の数学をおさらいをするのも気がひけるので要点をまとめると、例えば1・2・3という数字がある時、「順列」では、1・2・3と2・1・3は違う意味を持っています。並び順が違うからです。しかし、「組み合わせ」では、3つの数字の組は変わらないので、並び順がどうであれ同じ「組み合わせ」となります。

今回、この展示で設計したのは、「組み合わせ」ではなく「順列」の概念をもった本棚です。「ある人間の考え方は、その人の本棚を見ればわかる。」とよく言われますが、この本棚はそれだけではありません。よく見ると、棚が螺旋(らせん)状になっているので、始まりの点からグルグルだとっていくと、時間の経過がわかるようになっています。ですので、ある本を読んだ後、次にどのような本を手に取ったのか、その後は?と北川一成の読書経験をそのまま追体験できるようになっています。つまり、本棚に時間の概念が埋め込まれているのです。
(展示解説より抜粋)

この領域に少しでも興味がある方は、まだ会期中ですのでぜひ銀座G8まで足を運ばれてはと思いますが、本書でも、その本棚の読書術の一端を垣間見ることができます。

IMG_0014


GRAPH展のトークセッションで、北川さん自らが一言でまとめられていたその読書術のポイントがこれ。
「ルーツとルートが好きなんですよ。元ネタが一緒だとしても、それがどうなっていくか。」
しばらく真似させていただこうと思います。


ちなみに、本書P94〜には水野先生との対談が掲載されているのですが、デザインの世界のプロは、仕事のアウトプットに責任を持つためにここまでの分野をカバーするのか、と唸らされる逸話がありましたので、こちらを最後に紹介させていただきます。

北川 (略)2004年に発表したkolorは、デザイナーであり代表の阿部さんからブランド名をカラー=colorにしたいと相談を受けました。colorは一般的な名称だからそれは誰も商標が取れないとお話しましたが、cじゃなくてkならよりかっこいいし、それなら取れると。それですぐに提案した所、図形としてもピリッとするし、発音としても同じだし、それでいきましょうと。

水野 お酒やファッションは特に、商標権が非常に大事な部分ですので、それが取れないとそもそもブランド名にできません。kolorは、今みると当たり前のように見えるロゴですが、知的財産について日頃から考えている一成さんのところに依頼がなければ、当初の案では商標登録できず、別の商標にせざるを得なかったと考えられる。従って知財の視点は決して無視できないことだと思いますね。


kolorlogo