企業法務マンサバイバル

企業法務を中心とした法律に関する本・トピックのご紹介を通して、サバイバルな時代を生きるすべてのビジネスパーソンに貢献するブログ。

リスクマネジメント

【本】リスクマネジメント実務ハンドブック ― 危機対応で「守るべきもの」


3月11日より発生している災害について、被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

こんな時にのんきに本の紹介か、と怒る向きもあるかもしれませんが、私なりに冷静さを取り戻すため、そしてここで紹介するエッセンスがビジネスパーソンの皆様に何かお役に立てばというものですので、ご容赦いただればと思います。


損保ジャパン・リスクマネジメントがまとめた、比較的新しめ(2010年3月発刊)かつぶ厚め(P430)の統合的なリスクマネジメントの指南書。

リスクマネジメント実務ハンドブックリスクマネジメント実務ハンドブック
著者:株式会社 損保ジャパン・リスクマネジメント
販売元:日本能率協会マネジメントセンター
(2010-03-20)
販売元:Amazon.co.jp



一言でいいところを、と言われれば、
1)学術的なリスクマネジメント
 リスクの分類、組織論、BCMなど
2)法律的なリスクマネジメント
 会社法、「損失危険管理体制に関する監査の実施基準」、金商法、建築基準法など
3)国際規格上のリスクマネジメント
 JISQ2001,ISO31000,Guide73,ISO22301制定の動きなど
4)具体的なリスクマネジメント実務
 危機対応の基本フロー、過去事例、危機対応時に起こしがちな失敗など
この4つともが分かっているプロが、どれかに偏ることなくバランスを取って著述している点。特に私は国際規格制定の動きに疎いので、こんな本があると助かります。

IMG_4024


リスクマネジメントの成否は、言わずもがな“事前の準備”ができていたかどうかに尽きます。従い、今回のような大規模災害が発生してしまった後で何ができるかを考えても、日々起こる事象に対処するのが精一杯でしょう。ただ、こんなときこそ原則に立ち返って冷静になろうという意味で、この部分をご紹介させていただこうと思います。

危機対応で「守るべきもの」

危機が発生した際の企業の対応行動は「危機から何を守ればいいのか?」という視点で考えることがポイントになります。いわば危機対応への基本方針となるものですが、これは危機の特性や局面により違ってきます。この判断を誤ると、思わぬ損失を被ってしまいます。最近は、危機管理のなかで、事業継続管理(BCM:Business Continuity Management)が注目されていることから、ISO/PAS22399での記述を参考に、「何を守るか」を整理すると、次の3つに集約できます。

●有形・無形(評判・ブランド等)資産:組織の社会的信頼・ブランドやノウハウ、建物・設備等
●価値創造活動:事業活動、社会的活動等
●主要な利害関係者:利害関係者(従業員や消費者等)の生命・財産

今まさに皆様の会社では、従業員の命、そして顧客の生命・財産に関わる商品・サービス提供義務をどう守っていくかを最優先に検討されているところだと思います。それが自然と2番目の「価値創造活動」にもつながっていくことでしょう。我々法務パーソンにせめてできることと言えば、最後にくるであろう「有形・無形資産を法的にどう守っていくか」というテーマについて、獅子奮迅と対応する現場に代わって冷静に検討しておくことではないでしょうか。

【本】ビジョナリーカンパニー3 衰退の五段階 ― オオカミ少年的法務にならないための“リスクセンサー”を持とう


リスクマネジメントの本として読むとすっきりしますね、この本は。

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階


衰退を避け、企業の成長を持続させるためには何がポイントになるのか。
環境が変化している兆しを掴めるかどうかだとか、過去の成功体験を否定ができるかどうかだとか、よく言われることはいずれも「言うは易く行なうは難し」。その「難し」に成功した企業・失敗した企業を並べて観察して法則を見出そうというのが、ビジョナリーカンパニー1に続く今回の著者の挑戦。

曰く、企業が衰退へ向かう下りのステップは

 第一段階 成功から生まれる傲慢
 第二段階 規律なき拡大路線
 第三段階 リスクと問題の否認
 第四段階 一発逆転策の追及
 第五段階 屈服と凡庸な企業への転落か消滅

の5つ。

違法すれすれの強引な営業手法、あまりにも不平等でハイリスクな条件での契約、頻発する企業内部の組織再編・・・思うに、私たち法務パーソンは、第二段階に真っ先に気づき、第三段階にブレーキを掛けられるかどうかの真っ只中にいて、その責任の大部分を担う存在ではないでしょうか。しかしその一方で、法務から「最近危ない契約をよく見る」というような定性的な側面だけを捉えてアラームを鳴らしてばかりいると、「お前らの部署はいつもそうやってブレーキを掛けてばかりだ」と、オオカミ少年のようになってしまいがちな存在でもあります。

私たち法務パーソンが肌で感じとった危険な兆候が山勘ではないことを裏付ける“リスクセンサー”足りうる定量的なデータがあわせて示せれば、アラームにもう少し説得力を持たせることができるのでしょう。著者は、この危険な兆候を裏付けるデータの例として、以下の3つの指標を例示しています。

とくに注意すべき指標は何だろう。われわれの調査では企業の場合、粗利益率(売上高に対する粗利益の比率)、流動比率(流動負債に対する流動資産の比率)、負債比率(自己資本に対する負債の比率)の悪化が嵐の到来を示す兆候になっている。われわれが行った財務分析では、調査対象とした衰退企業十一社はいずれも、第四段階に移行する時期に、これら三つの指標のうち少なくとも一つが悪化トレンドにあった。

普段から財務分析をやっている方には、メジャー過ぎて面白みのない指標であり、落ち目企業だったらこのあたりが悪化トレンドになるのは当たり前だと思われるかもしれません。しかしここで大切なのは、契約や法律行為の是非をジャッジするにあたって、普段こういう数字とは別世界の人間になりがちな法務が(たとえ簡単な指標であっても)こういったデータも横目で見ながら現場・経営に語れているかどうか、ということ。

この3つの指標に限らず、現場・経営に対して自信をもってアラームを鳴らすための、自分と自分の会社ならではの確かな“リスクセンサー”を持ちあわせていたいものです。
 

中国ビジネスリスクの今を知るための情報源

 
海外でのビジネスにはリスクはつきものですが、特に中国のビジネスリスクを語る文脈は、昔から中国を知る人が語るものほどネガティブなものが多い気がします。「役人との癒着で入札は決まる」「賄賂は必要悪だ」とか、「知財を無視する国民性がみられる」とか。

確かに、私の少ない経験・知見でも、

契約書を英文で結ぶのを嫌がって中国語versionを正文にすると譲らないのでよくよくチェックさせたら微妙に内容変えてたり、

印鑑はあるもののどの企業も大きな丸にちっちゃい星が入ったようなすぐに複製できちゃいそうなものばかりで、実際に「その契約書は偽造だ」とか主張されたり、

知財絡みで紛争になったときも、ほとんど言いがかりのような著作権法侵害幇助の嫌疑を一方的にかけられたり、

…と、まあ独特な価値観をお持ちの方々だなあと思うところはあるのですが(笑)。

とはいえ、中国の法律やビジネスのあり方も年々そして日々日々変化しています。そんな今の中国ビジネスのリーガルリスクをタイムリーに、そしてなるべくポジティブに理解しておきたい方におすすめできそうな情報源をご紹介します。


日本語で読める本

中国を知る―ビジネスのための新しい常識 (日経文庫)


中国ビジネスのリーガルリスク―中国人の法意識と商事・労働紛争解決法



どちらの本も、中国が改革開放政策に転じた1978年以降の発展の歴史をたどりながら、昔と比較しての最近の中国の法的・政治的・人的リスクを中心に幅広い視野で捉えて、日本企業が外資として参入する際に知っておくべきリスクを論じるもの。

中国を知る』の方はよりマクロな視点でビジネスリスク全般を、『中国ビジネスのリーガルリスク』の方は訴訟法・労働法・会社法の3点を中心にピンポイントでリスクを解説しています。


英語で読めるブログ

残念ながら、日本語で中国のビジネス法について発信してくれているブログはあまり見当たらないので、私がRSSに入れている中でおすすめの中国ビジネス法のブログをご紹介しておきます。

China Law Blog
おそらく英語の中国法ブログでは一番メジャー。更新頻度が高い。

China Law Insight
立ち上がってから歴史も浅く更新頻度まだ低いですが、サイドバーのカテゴリ分けを見ていると、今後発展が期待できそうなブログ。

IP Dragon
中国における知財問題をメインに扱うブログ。写真が多いので、中国の雰囲気も生々しく伝わってくるのが特徴的。


同じアジアにいる限り、どの会社にいても中国とのビジネスの関わりはいやがおうにも大きくなっていきます。中国の勢いに飲まれるのではと脅威におののくばかりでなく、中国の成長の波に乗らせてもらうつもりでお付き合いしたいものです。

【本】リスク・マネジメント総論―学問としての日本版リスクマネジメントの原典をみた

 
初版が昭和62年。

まだ日本においてはリスクマネジメントの夜が明けていない頃に、アメリカからその理論を持ち込み、日本の事情にあわせてカスタマイズしながら見事に「総論」としてまとめあげているのがこの本。

リスク・マネジメント総論



米流リスクマネジメント学をいち早く日本流に噛み砕く

リスクマネジメント黎明期の日本において、いち早くその理論を持ち込んだ本だけあって、私が読んだリスクマネジメントの本の中のいくつか(ex.『プロフェッショナル・リスクマネジメント』)でも引用されているように、日本のリスクマネジメント論の原典ともいうべきこの本。いつかは読んでみたいと思っていたのですが、やはりリアル書店では見つけられず、結局Amazonでブラインド発注。

実務的か学術的かで言えば、タイトルから想像できるとおり学術的な本でした。とはいえ、アメリカの伝統的なリスクマネジメント論の「おいしいところ取り」になっているので、懸念していた程の小難しさはなく、実務に寄り過ぎていたきらいのある自分の頭を体系化するのには、丁度いい感じ

また、(決してキレイとは言えないのですが、)ただでさえ言葉の定義が微妙な「リスク」や「リスクマネジメント」の概念を誤解無く伝えようと、こんなチャートとか
s-riskmanage3-1

こんなチャートとか
s-riskmanage3-2

が要所要所にたくさん挿入されています。これが分かりやすさのポイントでしょうか。

武井先生は、日本にリスクマネジメントという学問や考え方を根付かせたい・広めたいという一心で、この本を書かれたのだろうなと感じます。

【本】企業のリスクマネジメント―松下電器と三菱商事によるリスクマネジメントのお手本が見たければ、絶版になる前にこの本を買っておくべき

 
リスクマネジメントは、攻めと守り、リスクとリターンをどうバランシングするかという経営戦略と表裏一体の関係にあります。

間違い無く成功する経営戦略などあるわけもないですし、ましてやリスクをどのようにマネジメントするかという自社の経営戦略をあけすけに公開する企業もありません。コンプライアンスのお手本は手に入っても、リスクマネジメントのお手本が手に入らないのは、リスクマネジメントが経営戦略そのものであって、正解があるわけでもなければ外部に漏らすべきことでもないからなのですね。

そんな拠り所の無い暗闇を手探りで進むリスクマネージャーに、貴重なヒントをくれる本を見つけたので、ご紹介します。

企業のリスクマネジメント



日本の2大企業が門外不出なはずの“お手本”を公開

1章から7章まで、各章を別々の著者が分筆しているのですが、脳機能学者、保険会社取締役、証券会社営業本部長・支店長、経済学者、リスクマネージャー、経営企画担当と、これがまた多彩な面々。

中でも、これは・・・!と目を見張ったのが、松下電器(現パナソニック)のリスクマネージャーと三菱商事の経営企画担当が自社のリスクマネジメントの考え方をかなり詳細に教えてくれる6章と7章。

松下電器からは、
・経営理念とリスクマネジメントの紐付け
・リスクマネジメント方針
・リスク分類
・緊急報告ルート
・危機レベルの分類
・リスクの担当部署一覧
・リスクマトリックス
と、およそリスクマネージャーが知りたいトコロが全部あけすけに披露されています。これって会社的には公開OKだったんですか?とこちらが心配になるほどに。

三菱商事からは、リスクマネジメントの観点を導入した「MCVA」と呼ばれる経営指標を導入するまでの赤裸々な経緯(きっかけはムーディーズによる日本の総合商社批判に対応するためだったそうです)を語ってくださっていて、リスク指標を業績指標と結びつける際の考え方・ポイントが参考になるとともに、読み物としても面白く読ませてもらいました。

慶應義塾大学出版会から出ていることもあり、あまり世の中に数が出ていない本だと思います。絶版になる前の入手をお勧めします。

リスクが脅威なのではなく、リスクによって発生するクライシスが脅威なのである

 
企業のリスクマネジメントにおいて、「リスク」とは、ステークホルダーに対して約束している企業価値を損なう可能性をもつ事象のこと。
あくまで可能性であって、今現在は現実のダメージとして発生していない状態にある事象をいいます。

これに対して、現実のダメージとして発生しており、実際に企業価値を減少させている事象を、「クライシス」といいます。

この定義の違いを曖昧にしたまま、つまりリスクという言葉にクライシスを含めたまま議論をしてしまうと、リスクコミュニケーションはうまくいきません。

いまだクライシスになっていないリスクをすべて脅威と捉えてしまうと、すべて回避・排除・処理しなければならないことになります。それでは現場の業務がすべてストップすることになり、企業経営は成り立ち得ないからです。

クライシスが発生した際の影響度と事後処理の方法をしっかりと想定した上で、クライシスの発生源たるリスクについて
・受容・許容できるもの
・費用をかけて回避・排除・処理する必要があるもの
の境界を、冷静な視点で判断することが大事。

この厳しい景況感の中で、リスクマネージャーにはまさにその冷静さと選球眼が問われていると実感しています。

【web】リスクマッピングシステム―業種別の雛形をベースに無料でキレイなリスクマップが作れます

 
昨日ご紹介した本に関連して、便利なwebツールのご紹介を。

損保ジャパンリスクマネジメントのサイト上に、簡単な登録だけでリスクマップがブラウザ上で簡単に作れるツールが無料で提供されています。

WEB版リスクマッピングシステム(損保ジャパン・リスクマネジメント)
s-sjrm

31の業種別リスクマップの雛形までもがあらかじめ用意されており、リスクマップのイメージが全然湧かないという方にも、雛形を少し修正するだけでそれっぽいマップが作成できます。

web上での作業なので、入力する情報については自社の守秘義務を侵さないよう気を使う必要はあるでしょうが、一度試してみてはいかがでしょうか。

【本】プロフェッショナル・リスクマネジメント―意外と他では公開されていないリスクマップの具体的作成法

 
この本は、もっと評価されていいと思います。

なぜって、リスクマネジメントの一番の肝になる作業にもかかわらず、ほとんどの本にその具体的な手順や方法が言及されていない“リスクマップ”の作り方が、この本には丁寧に書いてあるのですから。

プロフェッショナル・リスクマネジメント―風評、メディア・クライシス、リスクマップ、内部統制



リスクマップ作成の難しさ

リスクマップは、管理部門が長いベテラン社員が1人いれば、その人が「こんなリスクが昔からあるけど・・・このリスクの大きさはだいたいこの辺かな?」と鉛筆なめなめ図にプロットしていくだけで、それっぽいものができてしまうもの。

しかしこの方法では、その網羅性や客観性の低さから、リスクマップへの信頼は得られません。

とはいえ、全社員にアンケートをとって作成しようとしても、リスクが大小さまざまにたくさん集まりすぎるばかりで、かつどのリスクが重いのか軽いのか比べようも無くなり、かえってまとめられなくなります。

このようなリスクマップを作成していく作業の流れ、すなわち
1)うまいことリスク情報を抽出し
2)うまいことグループ化し
3)うまいことスコアリングして
4)図に表現する
という過程を、どんな塩梅で進めていくべきかは、リスクマネジメントに携わる者の悩みどころだと思います。


リスクマネジメントコンサルのノウハウを公開

この「リスクマップをうまいこと作る」というテーマについて、日本でも一歩リードしているのではと私が評価している会社が、損保ジャパンリスクマネジメント。

実はこの本の「第3編 総合リスクチェック」のパートは、同社のRMシステム支援室長が執筆を担当されているのですが、先ほど述べたリスクマップ作成作業の標準的な流れとノウハウ(リスクの集め方、スコアリングの際の重み付け基準の定め方etc)の一部が、気前良く公開されています。

s-IMG_8831

さらに、このようなマップ作成を通じて行うリスク分析・評価作業をどのように継続し、リスクマネジメントシステムとして昇華していくべきかというところまで、分かりやすく解説。

ちなみに、第1編は風評リスクへの対応の仕方、第2編は有事の際の記者会見の要諦という、リスクマップとは関係ないピンポイントなテーマが取り上げられているものの、それはそれで興味ある方には面白い内容になっています。

リスクマネジメントにかかわる方(経営者であれば関わらない方はいないと言ってよいと思いますが)にとっては、この第3編だけでも何度も読み直して勉強する価値があると思いますよ。

【本】JIS Q 2001:2001 リスクマネジメントシステム構築のための指針―この2つの図がリスクマネジメントのすべてを表現する

 
リスクマネジメントの基本規格であるJISQ2001の定義を確認しておきたい方は、基本書として一応持っておいたほうがいいんでしょう、この本は。

JIS Q 2001:2001 リスクマネジメントシステム構築のための指針


しかし、amazonで発注して家に届いたときのびっくり加減は今でも覚えています。

「薄!! そこそこ値は張るのに、薄!!」

あくまでもJISQ2001規格の定義書なので、感動とかフムフムとかはないのですが、

この本に納められているこの2つの図は、JISQ2001という規格の考え方のすべてを、つまりリスクマネジメントの全てを表現しているんじゃないでしょうか。

s-rmpdca

s-rmprocess

リスクマネジメントについて迷ったとき、私はこの2つの図に立ち返ることにしています。

さすがに、基本書だけのことはあるなと。

【本】必携リスクマネジメント入門―この本を幹部社員に配る予算さえあれば、リスクマネジメント研修がすぐ出来る

 
新書よりもほんの一回り大きいコンパクトサイズに、リスクマネジメントの要諦が纏められた、“キングオブリスクマネジメント入門書”ともいうべき本がこれ。

必携リスクマネジメント入門―リーダーが正しいリスク対応をするために



幹部向けリスクマネジメント研修のテキストとして

最初の2つの章がいきなり、
 Step1 リーダーとしての心構え
 Step2 リスク発生時の対応方法
となっていて、リスクとは何かとか、リスクマネジメントは何かという議論がすっ飛ばされているので、ちょっと唐突感があるかもしれないこの本。

こんな順番になっているのは、「まえがき」にもあるとおり
リスクマネジメントの入門書として、経営者の方を中心に観念論でなく、行動書として使える
ような本とすることを目指しているこの本のコンセプトから。

この冒頭の2章も悪くは無いのですが、この本の真価は、むしろそれ以降のパートである
 Step3 「リスクマネジメント」の本質をあらためて考察する
 Step4 リスクの問題解決の手順と内容
 Step5 リスクマネジメントの維持・定着化
の3つの章で発揮されている感があります。

難解な専門書で語られるリスクマネジメントのポイントやノウハウのおいしいところを、“シンプルな図表”と“理解しやすい言葉”でつまみ食いしていくような内容になっていて、(深い理解にまで到達するかどうかはさておき、)「リスクマネジメントってこんな感じ」というイメージと、要所要所で取るべき具体的行動が取れるような本になっています。

s-IMG_8792

リスクマネジメントの考え方を難しい言葉で語る本は探せばいくらでも見つかるもの。自分で勉強する時は、そういった本を繰り返し読んで噛み砕いていく作業自体が勉強になるわけですが、リスクマネージャーとして社員にそれを浸透していく過程においては、易しい言葉で、しかも分かりやすい順番で話せるかどうかがポイントになります。そんなシチュエーションで、この本の説明の仕方はとても参考になると思います。

幹部を中心にリスクマネジメントの意識醸成をなるべく早く図りたい、でもそのための研修資料を作っている暇は無い・・・というような状況であれば、自分でゼロから研修用のテキストを作るより、この本を人数分買って配って勉強会を開いてしまうのが手っ取り早いかもしれません。

【本】実践リスクマネジメント―「頼れるリスクマネージャー」であるための虎の巻

 
リスクマネージャーを拝命してから、何はともあれ「頼りになりそう」な1冊はどれか、と探して見つけたのがこれ。

実践 リスクマネジメント―事例に学ぶ企業リスクのすべて



電話帳のような厚みが生む安心感

A4サイズと大きめ、そして580ページを超えるぶ厚さ。
ちょっとした電話帳サイズで、見ただけで何でも載ってて頼りになりそうな安心感を醸し出してます。

といってもただ情報量が多いだけでなく、リスク分野のコンサルティングを専門に行う企業の著書だけあって、図表を多用し、リスクマネジメントのフレームワーク・リスクに関するデータをキレイに分かりやすく整理してくれているところが特徴。

s-IMG_8713

第1編はリスクマネジメントの考え方
第2編はリスクの種類別各論
第3編は各社リスクマネジメント取組みの実際
こんな3編構成になっていて、特に第2編の各論部分には420ページあまりが割かれており、ここがメインのコンテンツになっています。
火災・盗難といった財物リスクにはじまり、リコール・苦情対応・株主代表訴訟といった法務リスク、環境リスク、情報セキュリティリスク・・・と、およそ思いつくほとんどのリスクについて章立てされて網羅的に整理されています。

第1篇のリスクマネジメントの基本的考え方の部分も、他のリスマネ本よりもすっきりコンパクトにまとまっている印象。
?リスクの発見・確認
?リスクの分析・評価
?リスクの処理
?結果の検証
というリスクマネジメントの基本フレームワークの解説が特に分かりやすく、自社のリスクマネジメント戦略を考える上でのベースにさせてもらっていました。

リスクマネジメントについて困った時に、この本を紐解けば何かしらの解決の糸口やアイデアの種が入っている「虎の巻」ともいうべき、そんな安心感を与えてくれる本だと思います。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

はっしー (Takuji H...