企業法務マンサバイバル

ビジネス法務に関する本・トピックのご紹介を通して、サバイバルな時代を生きる皆様に貢献するブログ。

AppleWatch

Apple Watch Hermes Series 3を購入


2年超にわたり毎日着用し文字通り愛用した初代Apple Watchを、Series3に更新しました。

今回は前から狙っていたHermesモデルにチャレンジ。こちらは38mmサイズのGPS+Cellularモデルです。42丱汽ぅ困任靴選べないバンドもいくつかあって迷ったものの、自らもHermesモデルを着用していた銀座店の方の「画面が大きい42个離瓮螢奪箸發△襪、本来の時計のデザインとしては38个理想的サイズ」というコメントに納得、こちらを選択しました。


IMG_9795


Hermesモデル独自の伝統感あるパッケージ、そしてHermesモデル以外は選択できないオリジナルなデジタル文字盤とフォントを眺め、紙・ステンレス・液晶・シリコンといった素材は同じでもデザインによってまったく違う価値を感じさせる、著作権でも商標権でもないまさにトレードドレスの世界だなあと知的財産に思いを馳せつつ、早速設定を完了させて使用を開始。


Series 2は見送っていた私にとってWatchらしい機能面での初体験が、Apple Payによる決済機能です。ICカードやiPhoneをポケットから取り出す必要すらなく、常に身につけているこれをかざすだけで交通機関を使った移動も日常の買い物もできるのは、やはり便利です。

さらに、この小さい筐体になんとLTEも搭載しているわけです。BluetoothでiPhoneと連動させての通知・スケジュール管理の便利さについては初代から恩恵に預かってきましたが、通信すらもiPhoneなしに単独で行えるようになりました。短い電話ならこれでやるもよし、SNS・チャットの返事を音声入力でささっと返したりもできます。なお、あまり知られていませんが、WatchOS3から英語や中国語などは手書き認識も実装されており、音声入力しにくい状況ではこれも使えます。

バッテリー持続時間の課題は残るとはいえ、Apple Watchだけでほとんどのことができるようになったこの感じ、まさに小さいころにあこがれていたSFの世界が、思っていたよりも早く現実のものとなってしまいました。
 

「ネット・クラウド・ストレージ上にある大量の情報にアクセスできる手帳」としてiPad Proをヘビーユースしている私にとっては、iPad Proとこれさえあれば、iPhoneはカバンやポケットに入れっぱなしにしたままで触らない日が普通にあるんじゃないかと思います。
 

Apple製品を一気に更新したら合計いくらになるかのメモ


Apple Special Event. September 12, 2017が開催されました。

iphoneX

ふだんの仕事道具として欠かせないものになってしまっているApple製品。私もiPhone6s+urBeats, Apple Watch Series1, iPad Pro 9.7inch+ApplePencil…といろいろお世話になっていますが、いずれもしばらく更新してなかったのでそろそろ買い替えないとと思い、試しに、一気に更新したらいったいいくらになるのか計算してみました。


 iPhone X 256GB
 ¥129,800
 + AppleCare+ ¥22,800

 Apple Watch Series 3 38mm Stainless Steel White Band GPS+Cellular
 ¥64,800
 + AppleCare+ ¥4,800

 AirPods
 ¥16,800

 iPad Pro 10.5inch 256GB WiFi+Cellular
 ¥101,800
 + AppleCare+ ¥9,400

 Apple Pencil(2本目)
 ¥10,800


ここまでで361,000円
これに母艦としてそろそろ代えなきゃなーと思っている、


 MacBook Pro 13インチ 2.5GHzデュアルコアi7 16GBメモリ1TB SSD
 ¥285,800
 + AppleCare+ for Mac ¥25,800

 AirMac Time Capsule 2TB
 ¥29,800


を足して、総合計701,600円
消費税込で757,728円也。


ご覧のとおり、特にハイスペックモデルを選んでるつもりじゃないんですけど、それぞれのケースとかフィルムとか、来年発売されるワイヤレス充電ベース(AirPower)なんかを入れると、なんだかんだで80万円超えますねこれ。

製品価格の約1割にあたる62,800円が、AppleCare+という名の保険料で徴収されているのがそろそろ解せなくなってきましたね。特に今回のiPhone XのAppleCare+は割高なので要注意です。Appleも保険売上でセグメント切ってないと思いますが、下手な保険屋さんより売上あるのでは。

個人的に一番良かったのはApple Watch Series 3ですね。このタイミングであのサイズにCellular通話を収めてしまうとは、期待はしてましたが見事だと思いました。最近の音声入力ブームと相まって、メールから始まったテキストベースのコミュニケーションが、こんどは音声に先祖還りするかもしれませんよ。ただし、デジタルクラウンのトップ部が赤く着色されたのはいまいちで、黒のままにしておいて欲しかったです…。
 

iPhone6sが出て、余計にApple Watchがアリな気がしてきた

 
去年iPhone6を購入してからジャスト1年ですが6sに機種変更。ビジネスのツールとして毎日使うものなので、少しでもスピードUPさせたほうが良いかと思い。

s-IMG_5771


買って丸2日使ってみて、5s以前の世代の方であれば普通に買い、一方現在6ユーザーなのであれば、6sを買うそのお金でApple Watchを買うという手もあるんじゃないか、というのが私見です。

というのも、6のユーザーにとって、6sとのハードウェア上の決定的な差異は
1)第2世代Touch IDで指紋認証の反応が早くなった
2)3D Touch+Taptic Engineにより操作のショートカットとフィードバックが得られるようになった
3)カメラ性能がUPした(+Live Photo機能が使える)
の大きく3点。3はビジネスには余り関係がないのでここではヨコに置いておくと、Apple Watchを買えばTaptic Engineで腕にさりげなく通知が来ますし、スケジュール・メール・チャット・天気・株価といった情報閲覧はiPhoneに触らなくても実現できるので、上記1・2の恩恵にあやかる必要自体がなくなるからです。

逆の言い方をすれば、Apple Watchは趣味じゃない・着けたくない方は(Apple Watchユーザーより)iPhoneを立ち上げる回数は多いはずなので、6sに機種変更するメリットは大きいとも言えます。

Apple Wacthについては、発売当初は賛否両論ありましたが、WatchOS2がリリースされたことに加え、ケースやバンドのカラーバリエが増えたりエルメスモデルが出たりということもあって、改めて評価する声も聞かれるようになりました。使ってみて分かる良さという点で、ティム・クックがイベントで「Apple Watchのユーザー満足度は97%」とプレゼンしていたのも、誇張ではないと思います。私もしばらくは懐疑的な部分もありながらなんだかんだ購入から毎日身に着けてきたのは事実ですし、今となっては従来型の時計をわざわざする気はなくなっています。
 

Apple Watchと数週間お付き合いして分かった、普通の腕時計との重大な差異

 
5月があっという間に終わってしまいました。ゴールデンウィーク頃の記憶がすでにありません。4月以降、ブログを書くどころかサラリーマンとして一日一日を生き抜くのに精一杯な状態が続いている感じですが、今日は1か月前に購入したApple Watchのその後をレポートしがてら、ここに謹んで生存を報告します。


Apple Watchを使い始めて数週間、モノとしての完成度の高さ、iPhone側のOSとの連携の細やかさに驚かされながら、左腕のお供として毎日ゴキゲンにお付き合いしていました。当初購入した金属のミラネーゼループバンドだけでは飽きたらず、着せ替え用のホワイトのスポーツバンドも追加購入して、Apple信者コースまっしぐらです。

s-IMG_4868

ところが、3週間目あたりだったでしょうか、そのお気に入りのApple Watchに、普通の腕時計には存在しない重大なウィークポイントがあることに気付いたのです。それは「自分の顔の方向に腕を向けると、ディスプレイがオンになる」という点でした。

え、「自分の顔の方向に腕を向けると、ディスプレイがオンになる」のが、Apple Watchのスゴイところなんでしょ?

・・・そのはずだったんですが、それは、裏を返せば「自分の顔の方向に腕を向けてない時のApple Watchは、ディスプレイがオフである」だったのです。そのことの不便さに気づくのに、実に数週間かかったのでした。何を言っているのかわからないと思うが、ありのままに起こったことを話すぜ!

  • 書類やPCを抱いて社内を歩行中、次の会議が始まるまでの時間の猶予をはかろうと、荷物を抱くその左腕に目をやる時、
  • 会議中、次のアポに出るまでの残り時間が気になって、まわりにはそうと気付かれぬよう机の上に載せたその左腕をちらりと見る時、
  • 電車で移動中、間に合うかどうかを心配しながら、吊り革に掴まるその左腕をふと見上げた時、

そう、その左腕にはいつも、黒い画面のまま沈黙し、現在時刻を教えてくれようとしないApple Watchがありました(笑)。数週間経ってようやくApple Watchをしていることを意識しない、つまり普通の腕時計のようにApple Watchと付き合うようになって、時計盤表示がalways onではないことが結構な不便さを生むことに気付かされた、というわけです。

always onな時計盤表示を実現するためには、バッテリー容量が飛躍的に改善するか、ディスプレイの消費電力が飛躍的に改善するかのいずれか若しくは両方が実現されなければならないでしょう。iPhoneの電池の持ちがこの数世代伸びていないことを考えると、おそらくこの問題は第二世代を待っても解消は望めず、当分先の話となりそうな。腕時計をする習慣がもともとあった人ほど、これは地味にダメージが大きいポイントかもしれません。それ以外は、本当に気に入ってるんですけど。

そして、そんなウィークポイントも逆手に取って、スゴイ機能として売り出すそのマーケティング力はさすがというべきか。
 
以上、ご参考になれば幸いです。
 

Apple Watchは、カシオのデータバンクが大好きだった私にとって十分過ぎるガジェットだった

 
仕事でスマートフォンビジネスに関わっている以上、そもそも買わないという選択肢は無かったApple Watch。1日付けて過ごしてみました。

結論、(1)iPhoneユーザーで、(2)普段から時計をする習慣があって、(3)資金があるなら購入したほうがいいと思います。

s-IMG_4748


私が購入したのは、ステンレス仕上げのApple Watch 38mm版 ミラネーゼループ。Apple Storeでひと通り試着してみて、スーツでも問題ないデザインと付け心地から選びました。サイズは42mmと迷いましたが、手首が細いこと、Apple Storeの店員もデザイン性からほとんどの店員が(男性であっても)38mmサイズを選んでいると聞きましたので。


法務パーソンという職業柄、初期設定時に同意を求められる利用規約もコピーを取った上で熟読。なるほどウェアラブルっぽいですね・・・と考えさせられる条文もありました。同意の取り方も、これまでのiOS利用規約よりも厳重に“二重”になってます。

s-IMG_4752


さて、基本的には物欲というよりも「ウェアラブルデバイスって結局どうなんですかね?ほんとに必要とされるんですかね?」という実体験型リサーチの目的で買ったということもあり、もし失敗したとしても、最悪いつも身につける時計としての機能とメッセージの通知ぐらいが手元で受けられればそれでいいや…ぐらいの期待だったのですが、実際使ってみると、

・寝る前に明日の予定をカレンダーで一覧する
・服を選ぶ前に今日の天気と気温をみる
・乗り物の待ち時間にちょっとしたニュース/株価情報を読む
・メッセージングアプリ/チャット/メールの未読がないか確認する

という、これまでiPhoneでやっていた一連の「チェック行動」が、iPhoneを取り出してアプリを立ち上げなくてもglance(グランス)と呼ばれるちょっとした操作だけでできるっていうのが、予想以上にありがたい。文字で書くとそれだけ?って感じなんですが。
ようは、「時計を見る=時間を把握する」と同等のかるーい情報を取得するツールが、iPhoneよりもよりベターな腕時計という場所とサイズに収まった、ということ。もちろんそれはスマホでも出来ることなのですが、スマホではtoo muchだったということなんでしょうね。

もちろん、ウェアラブルっぽい機能の代名詞であるフィットネス・ヘルスケア機能や決済サービスのこれからにも期待したいですし、iPhoneのカメラ機能をスパイのように遠隔コントロールできるジェームス・ボンド的な(そして悪用されると危険な)機能がさりげなく実装されているのにはわくわくしますし、twitterがチェックできるアプリなんかも次々ではじめていますし、位置情報がより重要になりそうな香りがそこかしこに漂ってますし、ウォッチならではのゲーム(エンターテインメント)も登場しそうだし・・・と、プラスアルファ部分への期待も膨らみます。が、むかーしむかしにカシオが出していたデータバンクシリーズの、タッチスクリーンを実装した名機“HOTBIZ”が大好き過ぎて、電池が切れた今でもいつかまた使いたいなあと取ってあったぐらいの私にとっては、今のApple Watchでも十分過ぎるぐらい十分。スマートフォンとしてiPhoneを使っている限り、このWatchの次世代機や新しいデザインのモデルが出れば、それも購入することでしょう。

s-IMG_4783


懸念されているバッテリーの持ちについても、iPhoneと比べて満充電までに意外と時間がかかる点は気になるものの、減りの方はほとんど気になりません。それでも心配な方は、電池容量が豊富な42mmを選ぶとよいでしょう。

なお、あくまでiPhoneの機能と利便性を拡張するためのガジェットであって、冒頭の3条件にもあるとおりそもそもiPhoneを使っていない方にはなんの役にも立たず、万人にお勧めするものではないことは、念のため申し上げておきます。
 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

はっしー (Takuji H...