企業法務マンサバイバル

企業法務を中心とした法律に関する本・トピックのご紹介を通して、サバイバルな時代を生きるすべてのビジネスパーソンに貢献するブログ。

iPadPro

ベゼルレスiPadしか選べなくなる恐怖の未来に備えて今のうちにiPad Pro10.5買っとけ


お仕事でもお世話になったことのある #起業しろ おじさんことSkyland Venturesの木下さんが、iPad Proを起業家に向けて激推し中です。

起業家にオススメなiPad Pro&Apple Pencil関連商品まとめ
ちなみに、iPad Pro+Apple Pencilは、ここ5年くらいで購入した商品の中で最も感動的な体験があります。起業家のような新しい何かを起こす仕事をしている人はぜひこの体験を感じて欲しく、持つべきものだと思っています。

私もまったくの同感で、実に6年前の2012年から「ビジネスにiPadがいいですよ、もう手帳とか使ってる時代じゃないですよー」と叫んできたのですが、こういう波が何度来ようが絶対に流行らないのが、iPadだということも知っているつもりです。

というのも、過去ブログでこれだけアツくおすすめしてきたにも関わらず、周りの知人・友人はほとんど買ってないからです(笑)。Apple Watchはボランティア販売員として何人にも売った実績があるのに、この差はなんなのか。

やっぱりApple製品はアップルストアで買うのが吉
iPadに見るアップル流“顧客資産”と“顧客満足”の作り方
PenultimateをEvernoteが買収 ― “紙”レベルのクラウドメモアプリの誕生へ
iPad Air購入(追記&追動画あり)
私のiPadの法務スクリーン
iPad Pro 9.7inch Wi-Fi + Cellular 256GB 購入
Apple Pencil Magnet Sleeve購入
【本】『僕らが毎日やっている最強の読み方』― ネットによる情報収集の欠点を克服する方法
iPad Pro 10.5inch WiFi +Cellular 256GB 購入
iPad/iPad Proを「手書きデジタルシステム手帳」化してくれるSONYのテンプレートPDFがすごい
iPad用ノートテイキングアプリのスタンダードは文字認識機能が追加されたNotabilityに軍配

ですが、今回ばかりはちょっと言っておきたいことがあります。

10月には新発売されるであろう新型ベゼルレスiPadは、1台目としては向かないので、もし迷ってるなら現行10.5インチiPad Proが手に入る今のうちに買っておけ!と。

細かい理由・マニアならではの理由はいくらでもあるのですが、今回は、一般のビジネスパーソンにとっての理由だけを3つ、挙げてみます。


理由1 ベゼルレスは持ちにくい


新型iPadの特徴として、iPhoneXを踏襲したベゼルレス(無額縁)仕様になるということがリーク情報でほぼ確定しています。一見、とってもカッコいいし、本体サイズも余分がない分コンパクトでいいじゃん!と思ってしまいます。

しかし、これは現行iPad Pro 10.5インチのヘビーユーザーだからこそ分かることなのですが、このベゼルレスのiPad、おそらく、手に持ってまともに使うことができなくなります

え、何を言ってるのか分からないですよね?ということで、写真をご覧ください。

FDD2B775-1B12-4CC5-8800-CEDFCF8E080B


これは、電車の中などで、現行10.5インチiPad Proを左手に持ってTwitterをやっているときによくある風景です。

そう、左手の親指が細いベゼルからちょっとはみ出てしまうことで、個別tweetをタッチしている(選択している)かのように誤って判定されているんですね。こうなると、画面を反対の右手で触ってスクロールしようにもできない状態です。9.7インチ時代はなかった10.5インチの唯一とも言える欠点がこれ。このような狭ベゼルならではの意図しないタッチが、あらゆるアプリで起こります。

10.5インチの場合、細いながらもベゼルはありますし、画面の上下にはさらに太いベゼルもあるので逃げ場があります(太いベゼル欲しさに横持ちすることもしばしば)。一方、上下左右が全部ベゼルレスになったiPadって、いったいどうやって手に持って操作するんでしょうか?

iPhoneサイズなら親指を画面にかけるような持ち方はしないので問題になりません。しかし、iPadはそうはいきません。アメリカ人並みのわし掴みできる手のサイズになるか、下からお盆を持つような感じで持てとでもいうのでしょうか(絶対滑って落ちる)・・・。

もしかしたら、左手で掴んでも問題ないように、OS的にベゼルに相当する外周部分を反応しないようにするのかもしれませんが、それはそれで開発者にとっては大問題になると思います。

理由2 ベゼルレスは値段が高い


2017年11月に発売されたIPhone Xの衝撃。それはOLEDディスプレイの美しさとともに、OLEDディスプレイのせいで値段が跳ね上がってしまったという点です。本体価格だけで約12万円と、CPU的にはほぼ同スペックのiPhone8とくらべても4万円近く高額になっています。一定の収入がないと手が出ない端末にあえてしてきた感があります。

それだけでなく、これはいざ購入してわかる盲点でもあるのですが、AppleCareの値段もこれまでのiPhoneの2倍近く、22,800円になってしまったというのが痛かった。

このiPhoneXの値上げ実績をもとに、画面が大きい分相対的に原価も上がるであろうiPadのサイズに鑑みて、ベゼルレスiPadの価格を予想してみましょう。

現行iPad Pro10.5 Celluler 256GBモデル 本体 101,800円
 → ベゼルレスiPadでの予想価格 約15万円?

現行Apple Care 9,400円
 → ベゼルレスiPadでの予想価格 約2.5万円?
  (もしかすると画面が大きい分、3万円行く可能性も…)

これだけで17万円
さらにApple Pencilとカバー(Sleeve)も必要になるので、20万円コースになるのは間違いありません。

さて、はじめて買うiPadに、20万円払えるでしょうか?

理由3 廉価版iPad9.7インチとiPad Pro 10.5インチはやはり別モノ


じゃあということで、9.7インチでPencilも使えるようになった廉価版iPadを買っておくか、というアイデアもあります。しかしこれはお勧めしません。少なくとも、iPad Proと違い、今慌てて買うものではありません。

まず第一に、廉価版iPadは継続販売されることは間違いないからです。さすがに今年出た製品を1年経たずにディスコンはないでしょう。といっても、iPad Pro 9.7インチは1年ちょっとで10.5に置き換えられ、ディスコンになったんですけどね(怒)。

もうひとつが、やはり9.7インチと10.5インチは同じiPadでも使い勝手がまったくの別物だからです。これは先代iPad Proを含め9.7インチを6年使い続けた経験から、自信をもって言えます。

数値的にも、表示面積の差が20%あります。ビジネスで本格利用しようと思うと、特に手書きメモやSplit View(分割画面)での使い勝手が違って来ます。さらに、Pencilの書き心地は、リフレッシュレート2倍になっただけでなく、画面ガラスの厚みの違いで数日使えばわかる圧倒的な違いが存在します。残念ながら廉価版として設定されているだけのことはあり、10.5インチが出た今となっては、9.7インチは妥協の産物でしかありません。


ということで、 新しいベゼルレスiPadが出てiPad Pro 10.5インチがディスコンになる前に、現行iPad Pro 10.5インチを買っておいたほうがいいよ、というお話でした。

私ですか?うーん、それでも人柱として買っちゃうかも…。

iPad用ノートテイキングアプリのスタンダードは文字認識機能が追加されたNotabilityに軍配

Apple Pencilを使って手書きでノートを取りながら録音ができ、しかも文字を書いた時間と録音をリアルタイム同期してくれるアプリ、Notability。私も普段からインタビュー用アプリとして活用させてもらっています。

46703271-5D10-462B-9DBB-7D39A4C5FBD9


先月このアプリがメジャーアップデートされ、特徴である録音同期機能はそのままに、手書き文字や画像として取り込んだ文字をデジタルデータとして勝手に文字認識してくれるようになりました。もちろん、過去のノートも遡って認識してくれます。ノートを跨いでのグローバル検索や、手書き文字をデジタルテキストへ変換(置き換え)することもできます。

さらに、(iOSのSplitViewのように)自分が作ったノートを複数左右に並べながら書き込むことも(同期録音も並行して)できるようになりました。これは一見すると地味な機能ですが、実現されていないノートアプリがほとんどでした。

これまで、手書き文字認識・OCRが充実していることもあり、日本ではGoodNotesやEvernoteが人気でした。しかしこのメジャーアップデートによる2大機能の追加により、Notabilityがノートテイキングアプリのスタンダードの地位を確保することになるだろうと思います。


今回のメジャーアップデートについて、詳しく紹介している日本語のブログ。Notabilityでできるようになったことがまとめられています。

Apple Pencil に最適なノートApp「Notability」の神アップデートの感動を共有したい

8AE8A81F-138C-4CDE-BA2F-04CFD55B1D6B

今回のアップデートで Notability は同一ジャンルにおける競合と言われるアプリの機能をキャッチアップするとともに、2つのメモの同時表示という付加価値を追加しました。今回の神アップデートにより、Notability は執筆時時点で最強のノートアプリになった、と言えるでしょう。


次にご紹介するのは、ノートテイキングアプリを比較し続け、これまでGoodNote・Note+・neboなど他アプリを推してきたTom Solid氏による解説動画。「まさにゲームチェンジャーだ」と言っています。



もうひとつ動画を。ケンブリッジ大学の医学部生が、普段の授業でNotabilityを使いどのようにノートテイキングしているかを、アプリの特徴を紹介しながら説明してくれます。聞きやすい英語ではあるもののあまりに早口過ぎて、最初見たときはビデオを早回しているのかと思いました(笑)。



冒頭紹介のブログにもあるように、日本語で書いたノートの文字認識も問題なし。最近はAppleも含め日本語対応を後回しにするデベロッパーも少なくない中、大変ありがたい対応です。メモを取った私が後から読みかえすのも難しいような、かなり汚いインタビュー時の速記もきっちり文字認識してくれ、認識率は他アプリよりも高いと思います。

こちらは私がとったノートの中から「交渉」のキーワードを検索したところ。検索結果は黄色くマーキングして示してくれます(右側のサムネールページにもきちんとマーキングされた文字が見えることに注目)。

0658AEB4-471E-4444-8F07-A330F2145055


開発元がそう予告してるわけではありませんが、このままでいけば、今後のメジャーアップデートで、Notabilityで録音していた音声も文字として認識・検索できるようにしてくれる未来が見えます。

そうなれば自分の勉強メモアプリとしてだけでなく、議事録作成アプリとしても最強の地位を確保することに。その日がくることを信じ、これからもNotabilityを応援し続けることにします。

iPad/iPad Proを「手書きデジタルシステム手帳」化してくれるSONYのテンプレートPDFがすごい(2019年版につき追記あり)

 
4月が始まり、新しい年度・学期を迎えて、手帳を新調した方もいらっしゃるかと思います。

私はと言えば、2016年にApple Pencilが使えるiPad Proを購入して以来、アナログな紙の手帳から完全に卒業し、Google Calendar+メモアプリに移行し、便利に活用してきました。カレンダー共有などのチームコラボレーションにはやはりクラウドサービスのほうが便利ですし、URL貼り付けや他のデータベースとの連携、検索などができるのもデジタルのメリットです。

が、それでも紙の手帳が恋しくなることはあります。一覧性、ペラペラめくるUI、現在地のわかりやすさ、書き込みスタイルの自由度といったあたりは、デジタルカレンダーとメモアプリの併用ではどうしても紙の手帳のようにはいかない部分があります。同じ文字情報であるはずなのですが、「この本はKindleよりも紙の本で読みたい」という感覚にも似ています。

紙の手帳の扱いやすさとデジタルの利便性のいいところどりはできないだろうか?ずっと考え探し続けて答えの出ないまま今年を迎えていましたが、先日、ネット上でこんな超お役立ちファイルを見つけました。このファイルを、Apple Pencilが使えるiPad/iPad Proに入れたPDF書き込みができるアプリ(私はDocumentsを利用していますが、GoodNotes4などでもOK)で開くと、そのいいところどりが実現した理想の「手書きデジタルシステム手帳」になるのです。

SONY デジタルペーパー テンプレート 統合版(デイリードット)
sonytemplate


このPDFファイルの何がすごいのか、言葉で説明してもいまいち伝わりにくいと思うので、こちらのYoutube動画をご覧ください。



お判りいただけるでしょうか?ただの手帳リフィルが印刷されたPDFかと思いきや、所定の日付やエリアをタッチすると、まるで手帳アプリのように、マンスリー/ウィークリー/デイリーページの間を瞬時に行き来できるのです。すごい。

種明かしをすると、このPDFにはページ間を飛ぶためのリンクが埋め込まれているんですね。以下の画像が、そのリンク構造を表示した状態。全535ページのPDFファイルに、こうしたリンクが緻密に張り巡らされているわけです。シンプルなアイデアですが、実際使ってみると感動します。高級複雑な手帳アプリはもはや不要です。

3C75B706-BC81-43E9-8406-A1424C3C25C0


動画では、iOS11のマルチウィンドウ機能を活用し、ブラウザから「いらすとや」さんの画像をドラッグ&ドロップでさっと貼り付けたり、具体的なスケジュールをデイリーメモに手書きメモしてマンスリーに戻る、といったところも収録してみました。こうした使い方ができるのは、iPad(iOS)+PDFならではだと思います。クラウドサービスのようにチームコラボレーションとまではいきませんが、URLをはじめとするデジタルな情報は紙の手帳よりも簡単に保存できます。

ちなみに、テンプレートページにはリーガルパッドも用意されているので、法律関係のお仕事をしている方にはこちらもお勧めです。

SONYさんがこのテンプレートを作った意図は、あくまでデジタルペーパーDPT-RP1を売るためだと思いますが、本当に感謝申し上げます。来年以降もぜひ配布いただきたいですし、もし問題があるようであれば、有料でもお分けいただきたいぐらいです。
 

2018.11.24追記:

2019年版手帳(2019年1月-2020年3月)が、上記リンク先から配布開始されたのを確認しました。なお年内利用に、2018年版も引き続き配布されています。

ちなみに私が利用しているのは
「統合版(デイリードット) ダウンロード 月曜はじまり」
です。

なお、GoodNote4やNotability等のメモアプリですと、意図しないリンククリックが発生してしまうことがあったので、このPDFの運用に関してはDocumentsがオススメです。さらに、DocumentsはiCloudとも連携できるので、iPad Proを使って手書きで書きこんだ自分のメモを、iPhone上のDocumentsで閲覧することもでき、iPadを取り出しにくいシチュエーションなどにも便利に使えます。ご参考までに。

iPad Pro 10.5inch WiFi +Cellular 256GB 購入


さて、本日から仕事初めしつつ、途中でちょっと寄り道しまして、Appleの初売りで iPad Pro 10.5inch WiFi +Cellular 256GBを購入しました。

7A4B5652-6516-4DA5-A5C4-14585EC689FB


本日iPad Proを購入すると、ストアで使える12,000円分のギフトカードがもらえるということで、これをSmart Keyboardの代金に充当。さらに、いつからか始まっていたAppleオフィシャル下取りプログラムも併用し、先代のiPad Pro 9.7inch WiFi + Cellular 256GBを30,000円弱で買い取ってもらうことができました。都合4万円ちょっと値引いて買うことができたことになります。

画面の表示面積が約20%大きくなり、輝度も上がり、描画性能が60Hzから120Hzと2倍に向上しこれに伴いApple Pencilの追随性も2倍に向上したとあって、使い心地は上々です。スピーカーの低音の厚みがUPという評判を聞いてましたがそこはそれほどでもなく、それよりもステレオ感が向上した印象です。

ディスクのサイズとしてはこの一段上の512GBクラスがあるのですが、先代を使ったこの1年半で100GBを越えることがなかったので、256GBにステイしました。

Smart Keyboardは今回初体験になります。もともとメモはApple Pencilを使った手書き派であったことと、風呂のフタカバーと比較した際の厚みと重みを理由に敬遠していました。しかし、日本一iPadを使い込んでいらっしゃる法務知財パーソンであろうsenri先輩がブログでSmart Keyboardを高く評価していらしたので、今回買ってみた次第。評価通り、普通のPCのキーボードと同じように違和感なく打てて気持ちいいです。加えてBluetoothキーボードと違って電源が本体から供給されるので、個別に電源管理しなくてよいというのが助かりますね。

残るは、なぜか9.7inchのときはラインナップにあったのに10.5inchが出た途端販売しなくなったスマートケース(背面カバー)の代替品のおしゃれなやつを早く見つけたいところです。

今のところ入れているアプリはこんな感じです。ご参考まで。特に最近は録音と手書きメモが同期できるNotabilityを重宝してます。


168DC023-C75B-491B-A95D-758A78C12AFAA1B42122-0165-47FD-AC48-40ECCE0E3B92


なお、iPadに関しては3月か6月にiPhoneX類似のベゼルレス+Face ID搭載モデルが発売されるという噂が出ており、私もその確度はかなり高いのではないかと思っています。しかし、iPadのサイズでOLEDベゼルレスはかなり高額になるであろうことに加えて、iPadの使い方でFace IDはかなり使いづらいことが懸念されるため、むしろ指紋認証ができる現行モデルが買えるうちに買っておこうと考えました。まあ、新しいのが出たら出たで欲しくはなるんでしょうけれど。。。

Apple Pencil Magnet Sleeve購入


iPad Pro 9.7inchを購入してから半年経ち、ふと気が付くと、これまでのiPad遍歴では実現できなかったアナログ(紙)手帳からの完全な卒業が自然と出来ていました。

その一番の理由は、やはりProから使えるようになったApple Pencilの存在にあります。フリーハンドのメモ書きやPDFやパワポなどの電子ファイルへの書き込みが、手書きでまったく違和感もストレスもなくできるようになった、たったそれだけの進歩なのですが、それによって紙のメモ・手帳・バインダーとの併用状態から脱却し、デジタルファイルに一元化することができました。

一方でその肝心のPencilの欠点が、紛失リスク。Smart Coverに磁力でくっつくとは言え振動ですぐに落っこちてカバンの中で見失ってしまったり、丸い形状のせいで机の上からコロコロ転がって落ちてしまったり。かと言って、いちいちペンケースに入れて持ち運ぶのも不便だし・・・ということで、探しに探してたどり着いたのがこれです。

MOXIWARE Apple Pencil - Magnet Sleeve

s-applepencilmagnetsleeve


Apple Pencilのスリーブ(軸カバー)に強力なマグネットを仕込んだ、それだけの製品。ですが、落っこちる/転がるという問題点をシンプルに解決しています。触りごごちはSmart Coverの表面の加工にかなり近く、発色含め仕上がりにも高級感があります。価格もリーズナブルです。


s-IMG_7840


日本では販売していないため、ウェブサイトからの個人輸入となりました。私は発注から1週間以内で届きトレースできるUPSを使いましたが、輸送だけで40ドル弱かかりますので、どうせなら複数本まとめて発注した方がよいでしょうね。

iPad Pro 9.7inch Wi-Fi + Cellular 256GB 購入


iPad Pro 9.7inch Wi-Fi + Cellular 256GBを購入しました。私のiPad歴で数えると iPad2 → iPad3 → iPad Air に続く4台めのiPadになります。ApplePencil、Smart Cover&シリコーンケース、AppleCare+を合わせて税込167,724円也。Smart Keyboardは購入してません。


s-IMG_6572


今回買い替えに踏み切ったポイントは2つ。

まずは、なんといっても9.7インチでApple Pencilが使えるようになったという点です。早速手書きメモや絵を書いてみたところ、高性能な静電ペンを使っていても避けられなかった、“書いているうちに不意に小指や小指球が画面に触れて誤認識が発生してしまい上手く書けない”という問題が完全に解消されました。デジタルの強みであるデータ容量の大きさや検索性に加えてアナログならではの良さも取り込み、文句なしにiPadが紙の手帳を置き換えられる段階に到達したんじゃないでしょうか。Readdle社のScanner Proで紙文書をスキャンしてPDF Expertで手書きメモを加えたり、Apple標準のメモともデータ互換しさらに安心して使えるようになったEvernote(私も過去愛用していたPenultimateを吸収)のアナログメモ機能もフル活用できます。


s-IMG_1327s-IMG_1329


もう1点は、256GBモデルが出たという点。これまでのモデルは128GBが最大でしたし、母艦としてのmacありきの利用を前提としていたことから母艦mac側で消費することになるディスク容量も考えて、控えめな64GB以下を選択してきました。64GBですと、上述したスキャン+手書きデータ、電子書籍、自炊した本などのデータベースをすべて持ち歩くことはできず、母艦から厳選してデータを移動させる必要があります。もちろん、都度都度クラウド上のデータにアクセスしたりDLすれば事足りますが、OCRデータ含んだ1冊あたり100MBあるような本をDLしているのは時間の無駄。一方、256GBあれば、蔵書全部を一気にiPadに放り込んでもまだ150GB以上空きがあるため、新しいデジタル蔵書が増えたらiPadに直接足していくだけの(母艦macのデータとの入れ替えいらずの)カンタン運用。iCloudの200GBストレージも契約しておけば鬼に金棒。


なお、今回は、これまで以上にiCloudでのデータ管理が増えそうという点に加え、会社の業務もほぼクラウドベースになっていることもあって、テザリング利用を前提にしたWi-Fiモデルではなく、SIMフリーCellularモデルを選びました。このモデルからの目立たないながら大きな進化として、SIMトレーに入れるチップ型SIMだけでなく内蔵(組込み)SIMもデュアルで搭載する贅沢仕様、かつ内蔵SIMについてはiOSの設定画面からかんたんにプリペイド契約ができるという点があります。国内用に格安SIMをトレーに挿しっぱなしにしておいて、海外では内蔵SIMで現地契約するといった使い分けもでき、大変便利だと思います。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

はっしー (Takuji H...