こんなことなら
朝家を出る前に
お母さんに声をかけて
おけばよかったかな




帰って来るまで
不安で仕方ない





「おーい」




メッシ
今思うとブッシーって犬みたいな名前ですね




今夜はお父さんが
晩御飯を作ってくれた




そういえば
お父さんって
料理できるのか?




おお!



父どや
 



ウィンナーと目玉焼き
それからお味噌汁まで
作ってくれるとは! 




「見直しただろう」




お父さんの手料理
とても嬉しいけれど




お父さんが
あまりにもしつこく
ドヤ顔をかまして
来るものだから




朝ごはんっぽいって
言いたくなってきたけど
ぐっ!とこらえた



いい感じ
 



そういえばピクミンも
美味しいって言ったら
こんな感じで嬉しそうに
話をしてくれるなぁ 




ピクミンは
どんなお父さんに
なるんだろうか




クッキングパパ
みたいになるのかな。





「おい、妹も来なさい」




「はーい」



ブッシー
「お父さんが作ったんだよ」




「・・・・・」




似てるね。




私がぐっと堪えた
セリフをいともたやすく
ぶっ込みやがった。




妹マジ卍。





・・・・・

・・・・・




お父さんも妹も
すでに寝てしまった 




お母さんはまだ
帰ってきていない




終電で帰って来るのか?





待てる居間で




私がピクミンと
ラブリー♡な宿泊施設に
泊まっているあの時




お母さんもこうやって
私を待っていたのかな




本当、
ばかなことをしたよ




・・・・・

・・・・・





「ただいま」



あ、
帰って来た




か和えってきた


 

よかった、
帰って来てくれて




でも何話そう




ごめんなさいって
言葉が私の口から
出て行きたがっている




ちがう、
それじゃない




待ってたよぉ




まぁってなんだよ
がっつりウジウジ
待ってたくせによ




だけど
お母さんの声を聞いて
なんだかほっとした

 






セフィロスボタン

↑片翼のあの方の記事まとめです





2種類のブログランキングに参加中です。
もしよければ応援お願いします。
1クリックで1日1票はいります


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 



いつも読んでいただき、
ありがとうございます!


色々考えながらコメントや
メッセージを読ませていただいています。
これまで面倒を避けて生きてきた分、
今しっかり頑張っていこうと思いますm(__)m



それではまた!
 



気軽にフォロ〜してください
 



ラインで更新通知が受け取れます