パニーパニッ
パニーパニッ
パニパニパニック・・・




彼氏の実家に
初めて訪れて、
緊張のあまり




頭の中で
スリムクラブが
踊り狂っている




大丈夫か、私




あ!
誰か出てきた




実在の彼女





いない歴が
あまりにも長すぎて
空想だと思われてた?




あ・・・・
それより・・・





まじかよ




ピクミンの
お母さんとトップスの
色がまさかの完全一致だ




やっちまったぜ




ピクママとの
双子コーデ!




ああそんなの
どうだっていい
 



どうしようどうしよう
落ち着けブッシー




ピクミン母
「あ、」




初めまーして
 



あれ?
私話をするとき
どこから息吸ってた?




鼻か?口か?




息の仕方すら
間違っているような
気がしてくるくらい、
噛み倒しながらも




とりあえず簡単に
自己紹介をした 。




大丈夫さ
きっと話してるうちに
慣れて来るんだから、
少しの我慢さ。




ピクミン母
「まさかピクミンに
 こんな素敵な彼女が
 出来るなんて・・・」

「ねぇ」




質問ストリーム
 



ぎゃあ




事前に聞かれそうな事は
全てあらかじめ考えて
きたんだけれども


 

緊張しすぎて
”うん”とか”すん”しか
言ってないという事態




なんとか
持ち直したいけど
新たな質問が生まれて
大渋滞を起こしている





どうしよう
どうしよう




ちゃんとしなくちゃ
ちゃんと・・ちゃんと





ちゃんとちゃんとして
ちゃんとせにゃいかん




もうやだ
頭の中が超カオス





パニック!
   ブシピクパニック




 ピクミン
「ちょっと」

「お母さん」

「まだ玄関なのに
 話長すぎだよ」





ぽくぽくチーン
 



そうして
一旦ピクミンの
部屋にお邪魔する
ことになった。





な・・・・
ナイス助け舟
本当ありがとう





しかし
第一印象UP作戦は
大大大大大失敗だ 





どう見ても
可憐なお嬢さんでは
ないから・・・・





せめて
しっかりした女部門で
頑張ろうと思ったのに





これでは
ただのコミュ障な
パッとしない女




ああ
ピクミンのお母さん
私のことどう思ったかな





ピクミンも嬉しそうに
紹介してくれたのに・・・
全期待を裏切っちゃった





逆になんで今まで
自信があったんだよ





あれじゃあ
彼女っていうか
少し話せるタイプの
カオナシって感じ




病むブッシー




ブッシー
「ごめんね」

「いいところを
 見せられなくて」



ピクミン
「そんなの
 どうでもいいよ」

「お母さんは
 ブッシーが来てくれた
 だけで喜んでるよ」




優しさが
身に染みるよ




気を取り直して
明るく振舞おう




ブッシー
「もう十分
 失敗しきったし」

「ピクミンの
 お父さんと話す時は
 落ち着いて話せるかも」




ピクミン
「あっ」

会わなくていい
 




そうなのか




今日お邪魔して
よかったのかな?








↓付き合う前にAをしようとするので
帰れよ
ピクミンともう会うのをやめると
決めた記事にとびます。


 


↓今までピクミンと話した

具体的ボタン
結婚に関する記事まとめです
私の押しがつよめ

 






 2種類のブログランキングに参加中です。
もしよければ応援お願いします。
1クリックで1日1票はいります




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村





いつも押してくださって
ありがとうございます。




おはようございます!


いつも読んでいただいたり
コメント、メッセージをくださったり
いろいろありがとうございます。

しっかり頑張ります。


引き続きよろしくお願いいたします。


それでは、また!




日常のつぶやきです
ツイッタ〜ボタン
 



ラインで更新のお知らせをします
ラインのボターン