*前回の続きではありません




私は美容室が
小学生の頃から
ずっと苦手だった




美容師さんに
気を使いすぎて
しまうからだ。




だってどんなに
美容師さんの腕が良くても
お客さんの顔面次第で


 モッサ0


だからどんなに
上手な美容師さんでも
イマイチに仕上って
なんかすまんなって
感じてしまう




客側がそんな事
思う必要はないって
頭で分かってはるけど
どうしても。




だから
せめて美容師さんが
不快にならないように
気をつかい続けてきた 




でもそのままだと
美容室に行くのが
一生ストレスだから、
無理にでもこの考え方を
もうやめようって思った




美容師にとって
極めて綺麗な物を
作り上げる事だけが
やりがいじゃない



たとえ
美しくなくても、

ぽてん猿
 

・・・・
という考えを
頭に染み込ませて
私は美容室に挑んだ




いっそのこと
頭に浮かんだ要望は
ぜんぶ伝えてしまおう




正直かなり
抵抗があった・・・



まさm



以前までは
”楽”で”話やすい”客を
演じていたけれど、
好きなようにしてみた



少し仕事を増やして、
話が広がりにくくて、
似ても似つかないのに
まさみになりたがる
客になってしまった




でも・・・・




ぶっしたのC



女性週刊誌で 
世間のゴシップを
チェックしながら、
まさみになれる




なんて素敵な時間・・・




美容師さん
「はい、完成です」




ちょっとだけ
厄介な客になった分
しっかり感謝を伝えよう




お客さんが
喜んでる姿を見るのが
きっと一番嬉しいはずだ






まさみ2



なんだなんだ




隣の女性も
仕上がったのかな?




隣の女性
「めっちゃ
 気に入りました」




本気の天真爛漫




なるほど




分かったぞ




真のやつ「「

 


どんな客でも
あんなに全身全霊で
よろこんでくれたら
うれしいだろうなぁ




私の今回の試みも 
これまでの気遣いも
ちっぽけなことだった 




美容師さんに
喜びを伝えたくて
これはまさみですねって
言った自分が恥ずかしい
 



こうして私は
素敵な客・・・・
いや、女性になるための
ポイントを学んだのだった





↓初体験(失敗

うそぉん
卑猥だけど卑猥じゃないの


 ピクミンと例の場所に行った話です
ラブホのやつ
サービスサービスゥ


2種類のブログランキングに参加中です。
もしよければ応援お願いします。
1クリックで1日1票はいります


にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

↓絵日記ランキング


いつも
ありがとうございます。
できる限り毎日頑張ります!


おはようございます!

いつもコメントやメッセージ、
投票など色々ありがとうございます。
がっつり目を通しています。
返信できておらず申し訳ないです。


前回のコメント欄でも
色々ありがとうございました。
220番さんのおっしゃる通りです。
(詳しく書けず申し訳ないです)


それでは、また!



日常のつぶやきや更新情報
ツイッタ〜ボタン

ラインで更新のお知らせをします
ラインのボターン
 
美味しいものとか日常の写真、読んだ本を載せてます
インsy多ボタン




やばいTシャツ屋さんっていう
バンド名のせいで・・・ 

一瞬お父さんと
会話が噛み合わなくなった


やばT



「やばいTシャツ屋さん」の
 ”肩 have a good day”は
 ピクミンのお気に入りの曲です