2016年11月27日

閉店告知


とうとう最後の営業日が来た。
こんな日に限って仕事が終わらない。
お昼前に携帯を見ると監督さんから電話がかかっている。
ああ・・彼には連絡していなかったのでどうしようと電話するが出ない。

やっと昼過ぎに解放されて車を出すとスギボウさんから電話が。
彼は小倉から直送するそうだ。

洞海湾沿いを走っていると監督さんから電話があった。
サコちゃんから事情を聴いて驚いたみたいだ。
今マルケンに向かっているがまだ食べられるか聞くと
大丈夫じゃないかということでアクセルに力が入る。

駐車場に停めて走ると8人ぐらいならでいる。
僕が並ぶとスギボウさんがにこやかに歩いてきた。
早いですね〜と言うと都市交でぶっ飛ばしたよとさらに笑った。

なかなか回転が悪いみたいで列が進まない。
後ろを見るとさらにたくさん並んでいる。

やっと入店すると1時過ぎていた。
大盛ワンタンメンチャーをヤワ麺で二杯注文すると
ワンタンが僕で最後だった。
スギボウさんに涙を呑んでもらった。

これで本当に最後だと思うと箸が進まなくって
ゆっくりと丁寧に記憶に残そうと味わう。
たぶんみんな同じ気持ちでゆっくり食べていたから
回転が遅いんだろうね。

スギボウさんのあと3人で材料が無くなって
大勢の人が残念そうに帰って行った。
そして最後に一杯を作り終えると大将が客席に出てこられた。

お客さんたちと最後のひと時を過ごした。
僕はどんぶりをもらってサインをしてもらったんだ(笑)
そして今までのお礼と告げて別れ雨の降る中車を走らせた。

閉店外観


後日、黒門の大将とマルケンの大将と娘さんに会う機会に恵まれた。

店内1


マルケンのラーメンのルーツは広島でラーメン屋を
されているお兄さんに習ったそうだ。
ただそれから試行錯誤されてこのスープが出来たと言われた。
だから教えてくれと言われても、教えて出来るもんじゃ無いんよねぇと。

良く退職金が出たらラーメン屋をしたいから教えてよ大将と言われたが
そんな大事なお金をなくしてしまうから教えられんとすべて断って来たんよ。

店内3


この店もねぇ、ばあさんがおらんやったら、ここまで出来んやったやろうね。
娘に手伝ってもらうのも気を使うけね。
ばあさんはねぇ朝4時から起きて3人に4個の弁当を作って
夜遅くまで働いてくれてねぇ。
ああ、良く食べる娘が2個別当を持って行ってね(笑)
3人の子供を育て上げてくれたんよ。
赤い暖簾もばあさんの手作りでね、この平笊は自分で作っていたと。

平笊


娘さんが交互に大将の家にご飯を作りに行くのは
お父さんはラーメンしか作り切らんからねと笑っていた。
早くばあさん退院せんかと指折り待っていると娘さんが笑って話された。

クーラー


本当に最後にお礼を言ってマルケンを後にした。

裏の駐車場タイヤ


さようなら。


busuka3 at 23:30コメント(0)トラックバック(0)大盛ワンタンチャーシューメン若松区  

2016年11月26日

26日の土曜日は僕の心の叫びが届いたのか
朝一の遠方での仕事がキャンセルになる。
十二時過ぎに帰宅すれば午後の仕事に間に合う。

余裕を持って駐車場の確保するために早めに向かう。
sakoちゃんや梵造ちゃんたちも駆けつけてきた。

駐車場


開店前少しずつお客さんも増えてきた。

わくわく


僕は大盛ワンタンメンヤワ麺で。
梵ちゃんの焼き飯をパチリ。

焼き飯


餃子もね!

餃子


ゆっくりと味わいながら麺を啜る。
みんな無口で思い思いに楽しんでいる。
ああ今日が最後かなと思うとこみ上げてくるものがある。
スープを飲み干すとみんなに別れも告げずに仕事に向かった。

busuka3 at 23:30コメント(0)トラックバック(0)大盛ワンタンチャーシューメン若松区  
24日も仕事の合間にマルケンへ急ぐ。
駐車場が空いていて店内へ急ぐ。

マルケンベイビー


入店するとそんなにお客さんが多くなかった。
もう閉店すると思うとチャンポンは頼めないんだ。
大盛ワンタンチャーシュー麺をヤワ麺で注文する。

入り口ドア


そして食べるスピードが日に日にゆっくりと味を嚙みしめるようになってきた。

大盛ワンタンチャーシュー1


食べ終わってまた来ますと店を出て写真を撮っていると大将が出てこられた。
「ラーメン屋しているお友達に、うちの店でいるものが
あったら取りにおいで」と言われた。

大将、今月一杯で閉店されるって本当なんですね?
口止めされたから誰にも言ってないですけれど。
「いやぁーばあさんが悪いからねえ。そんなに長くしないよ。
日曜日までくらいかな」
えーそんなに早く締めるんですか!

どうしよう土日は仕事が立て込んでいるからと肩を落として
何とか又、来たいと思いますがこれなかったら・・・・・
長い間ありがとうございました。お元気でと挨拶をして店を後にした。

情報をくれた友達に電話をすると27日で閉店なの!?
と動揺を隠せないのが電話から伝わって来た。

で、大将から直接聞いたから何人かに教えていいですか?
「ブースカちゃんが直で聞いたからいいんじゃない。でも他言しないように
しないといけないよ。大将はひっそりと幕を下ろしたい意向だからね。」

それで僕より早くから食べに行っていた駄菓子屋さんとか
数人にだけ電話をしたんだ。
声を掛けられなかった方たちごめんなさいね。

電話に出た友達の悲痛な驚きの声がマルケンの存在の大きさを物語ていた。


busuka3 at 23:30コメント(6)トラックバック(0)大盛ワンタンチャーシューメン若松区  

2016年11月25日

21日のお昼過ぎに携帯が鳴り出した。
仕事でバタバタしていたが出ると
「ブースカちゃん!悪い知らせだけれど親兄弟にも
口外しないと約束できるなら話すけれど」

嫌な予感が漂う中で分かったと返事をした。
「実はね、マルケンが今月いっぱいで閉店するそうだよ」
えーーーーー!
ちょっと前に行ったのに、そんな気配は感じられなかったよと言うと。
「うん。お父さんも高齢だからひっそりと閉店したいとの事だからね。」

電話を切って仕事に戻る。
もう頭の中はパニックでぼんやりしている。

出来るだけ通うしかないなと気持ちを切り替える。
だけど僕と同じようにマルケンが大好きな友達にも
教えられないつらさがある。

それで続けて大盛ワンタンチャーシューと
チャンポンのブログを続けて掲載して
メッセージを送ったんだ。

マルケン外観


そして次の日の午前中にマルケンへ行く。

大盛ワンタンチャーシュー1


大盛ワンタンチャーシューを注文して店内をゆっくり見渡す。
何事もないように時が流れている。
間違いであって欲しいと思いながら出来上がったスープを飲む。

大盛ワンタンチャーシュー2


柔らかなワンタンを楽しみながらスープを飲む。
大将も何も話さないので何も聞かない。

麺とワンタン


食べ終わってまた来ますと笑顔で伝えて店を後にした。

busuka3 at 23:30コメント(0)トラックバック(0)大盛ワンタンチャーシューメン若松区  

2016年11月24日

ああ・・・・恐れていた日が来た。

マルケンがついに閉店を迎える日が来ることを風のうわさで聞いた。

もう出来るだけ食べようと誓う前の日の画像です!

大盛ワンタンチャーシュー麺1


レアな横画像!

大盛ワンタンチャーシュー麺2


麺とわんたん。

大盛ワンタンチャーシュー麺3


持ち帰りで焼酎のあてで食べた焼き飯。

焼き飯


と、餃子!

餃子


この数日後に閉店ということを聞くことになるとは・・・・・・・!

busuka3 at 23:30コメント(4)トラックバック(0)大盛ワンタンチャーシューメン若松区  
Archives
Recent Comments
Categories
ブログアップ状況
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ