時間が経つのは早いもので、たろーが間質性肺炎になり免疫抑制剤を服用し始めて約2年半になりました!

最近は目立った副作用等は感じないようですが、定期検査ではポツポツと引っかかります。
・Seg(白血球の一つ。細菌感染症で増加)が高め
・クレアチニン(腎機能)ちょっと高め
・クレアチンキナーゼ(筋肉の炎症)異常に高い!!
クレアチンキナーゼで桁違いの数値を数値を叩き出してしまったため再検査になりました。

クレアチンキナーゼの異常は筋トレの頑張りすぎが原因だったらしく問題はなかったようで安心しました。
プレドニンの副作用で骨粗鬆症になりやすくなっているため、その予防に筋トレを頑張っていたのです。

筋トレを頑張りすぎて血液検査で異常な数値を叩きだし、更に背骨を圧迫骨折したので本末転倒ですね・・・
ちなみに圧迫骨折後に骨密度の検査も受けたのですが、正常値でした!
骨は弱ってなかったのでデッドリフトの頑張りすぎです!


3ヵ月毎に通院し様子を見ながら薬を減量しているのですが、検査の結果が悪いと1ヵ月後に再検査ということになったりするので検査・診察代が地味に痛いです。
約4,500円・・・。
でも健康にお金は変えられませんね!


【現在服用中の薬】
プレドニゾロン             4mg/日
タクロリムス錠     2.5mg/日
ネキシウムカプセル    10mg/日
ダイフェン配合         0.5錠/日
エディロール0.75      1錠/日

検査・診察代   4,970円
薬代(3ヵ月分)   35,910円
計         40,880円


退院したての頃は薬代が約20,000円/月でしたので、最近は約12,000円/月になり薬の量が減った安くなりました!
こう比べるとかなり減量したんだなぁと実感しますね!



筋トレの話題に触れましたので、病気の時こそ読んで欲しい本をご紹介します。
超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

筋トレ方法などは一切書いておりません。
ただひたすらに筋トレをすることで得られるメリットを科学的に書いているのです。
読めば筋トレってなんて素晴らしいだろう!!早く筋トレを始めなければ!!
と思わずにはいられないはずです。
病気で暗い気持ちになりがちな方にオススメしたい一冊です。