April 28, 2015

VIVO CITYにいってきた

VIVO01

ベトナムは早いところだと先週の土曜日から9連休!
今年はフン王命日(旧暦3月10日)と南部解放記念日(4月30日)、メーデー(5月1日)の
祝日が重なりまして、公務員は今日から6連休ということになっております。
まあ、休むわけに行かない方々は普通に働いていらっしゃるわけですが・・・。

我が家は日本に帰りそびれたので、ベトナムでたらふく遊ばねば!
ということで、まず遊び場の第1弾は、ホーチミン市7区にできたショッピングセンター
VIVO CITYでございます!
といっても、買い物が目当てではないのです。
友達から子供を遊ばせるのにとってもいいよ、と聞いたからきたのでした。

VIVO02

グランドフロアでこんな展示をやっていて、コブタ君ご満悦。
が、人形をよく見たら白塗りで口の裂けた怖い顔してたので、
「なんでこんなかおしてるの~」と後ずさってました。
お化けが怖いお年頃。

VIVO03

とりあえず腹ごしらえ、ということで、飲食店が集まる3階へ。
なぜか停電中のおすし屋さんやら、丸亀うどんもあったのですが、
久々にペッパーランチに行くことにしました。
でも、レジが長蛇の列。20分ぐらい待ちました。
出てくるのもかなり時間がかかった。まあオープンしたてだし、
仕方ないですよね。もうちょっと落ち着いてから行った方がよさそうです。

VIVO04

左が私が頼んだチキンなんとか、98000ドン(約540)とかだったと思う。
右がダンナの頼んだサーモンなんとか。138000ドン(約770円)だったかな?

私はうっかり、ついているタレに気がつかず、食べたら味がなかったので、
テーブルにあった別のタレをかけてしまった・・・全部食べてから気がついた。
まあ、おいしかったからいいのですが。

VIVO05

コブタ君はご飯よりも、桜の花&なぜか絵馬を飾るスペースで、
何者かと戦うのに夢中でした。お疲れ様です。

おなかもいっぱいになったところで、いよいよメインイベントの最上階へ!
無料で水遊びできる場所があると聞いたので、ちゃんと水着もってきました!

なぜか開閉が異常に遅い自動ドアを出ると・・・

VIVO06

うひょ~!いいじゃないの!
土足禁止で、下がふかふかした素材になっています。

VIVO07

一番暑い時間帯だったのですが、日よけがあって、水遊びしている子供は大丈夫でした。
親のほうは暑くて仕方なかったですけどね。
遊び場が見えるところにカフェがあるので、そこに避難しててもいいかも。

VIVO08

子供にとっては、結構な迫力で落ちてくる水。
コブタ君は怖くて近づけません。
本当はこの脇にあった水鉄砲をやりたかったのですが・・・

VIVO09

仕方なく別の場所へ。って、ゴーグル必要ですか???

VIVO10

やっぱり水ムリ!ってことでジャンプ。

VIVO11

でもやっぱ水鉄砲やりたい・・・でも取られちゃったよ・・・

VIVO12

とりあえず、くぐる。

VIVO13

やっぱ水こわい~
なんかねえ、もうずっとうきゃうきゃい言いながら、あっちいったりこっちいったり、
はしからはしまで走りまわっていて、超おちつきのない子になっていました。

VIVO14

これならいけるかな・・・

VIVO15

でもどうやって遊べばいいのかよくわからない。
とりあえず、手で押さえてみる。

でもやっぱり、水鉄砲が気になるので行ってみると・・・

VIVO16

ぎゃあああ

VIVO17

もうっ!だめっ!やめなさい!

VIVO18

うきゃっ!って、そりゃそうなるわな。
キミは何をしたいんだ・・・とお姉さんは思っていたことでしょう。

VIVO19

もう、噴水で遊ぶ!

vivo20

だんだん水になれてきたよ。

VIVO21

で、最後はずっとこれで遊んでました。
しかし、流水っていうのはカラダの熱を一気に奪うらしく、
暑い中だというのにあっという間にカラダが冷えてきたらしく、
くしゃみを始めたので、あわてて強制終了しました。
暑いからといって油断しないようお気をつけください。

洋服のままもOKだったので、SCで洋服とタオルを買って
遊ばせてもいいかもしれませんね。
ちなみに、中に入って写真とっていると、水鉄砲の水が飛んできますので、
お気をつけください・・・私は結構濡れました。

水遊びのフロアにはゲームセンターがあり、コブタ君がやりたいというので
ちょっとだけやってみることにしました。

VIVO22

バイクのゲーム。このゲームはちょっとの体重移動で進行方向が変わるので
結構難しいと思うんだけど、コブタ君ちゃんと体重移動しながら止まることなく運転。
ほとんどやったことないのに、なかなかの腕前です。

VIVO23

自動車ゲームもかなりうまかった。やっぱり好きなんだねえ。

VIVO24

でも、家族で一番はまったのは、このゲーム。>私は初めてやった
コブタ君&私VSとーさんの戦い。きゃっきゃ言いながら盛り上がって、
延々とやってしまいました。

VIVO25

ゲームのあと、コブタ君は大好きなソフトクリームを食べて大満足でした☆
これ、韓国系のソフトクリームショップのやつで、
周りのコーンがほんとにコーンでなかなかおいしいです。
中まで全部ソフトクリームが詰まっています。
ロッテマートにもある。全部バニラだと3万VND(約170円)で、
チョコやストロベリーとミックスにすると、5000VNDほど割高です。

最後にスーパーマーケットで買い物。
品揃えは、これだけは買おうと思っていたソーセージとかとろけるチーズとかが
なぜかなくて、なんだかな、でした。値段はロッテマートより安いかな?
キャベツが大きな1玉1万VND(約56円)とか、安めのような気はしましたが、
お肉類はロッテマートのほうがいいかなあ。
とかいいつつも、安売りの小さなフライパンとかトイレットペーパーとか
子供がいきなり欲しいというので私も欲しかったジェンガとか、
あれやこれや買ってしまい、山盛りの買い物になってしまって、
お財布の中身が残り数千ドンになってしまいました。

えらい荷物なので、無料配送サービスをお願いしようとしたら、
「すごく混んでいるので、明日の配達でもいい?」といわれた。
お肉とかあるのにいいわけないじゃん!
ということで、バイクになんとか積んで持って帰りました。
はあ、疲れた・・・

連休はまだまだ続くよ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆


butakawaii at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)育児 | 各国の料理

March 08, 2015

我が家の国際婦人デー


日本ではあまり馴染みがありませんが、3月8日は国際婦人デー。
ベトナムでは男性が女性に感謝する日とされておりまして、
花などのプレゼントを贈ったりします。

ngayphunu

母の日があまり浸透していないベトナムでは、
女性の日が母に感謝の気持ちを伝える日でもあります。
ベトナムの幼稚園で、コブタ君がこんな工作を持って帰ってきました。
先生が用意した花と葉っぱを紙に貼っただけなんで、
コブタ君はこれが何を意味するのかまったくわかっておらず、
右上の数字を見て「なんで8と3なの?」と質問してました。

で、今日はそんなコブタ君を連れて予防接種。
麻疹、風疹、おたふくかぜの3種混合(MMR)です。
15万ドン(約850円)なり。
地域で無料予防接種があるんですが、麻疹・風疹(MR)なので断りました。

コブタ君は、注射の痛さに気づいてしまったみたいで、
「おなかもしもしだけ~。チッグやらない!!!!」
(ベトナム語で予防注射をチットグアと言います)
と、家を出る時から半べそ。
でも小心者で、家に1人でがんとして残ることもできず、
おとなしく病院についてきました。

で、おなかもしもし(聴診器)はすごく上手にできて、
いつもは嫌がる耳の中もちゃんとお医者さんに見せることがで、
みんなに褒められたら、かなり得意気な顔してたのね。
だから、このままなら注射もいけるかなあと思ったけれど、
いざ注射の順番が回ってきたら打つ前からギャン泣き!
ダンナと看護師さんが体を押さえつけてなんとか打ったけれど、
終了後はもうすさまじい泣き叫びよう。
ひっくひっくひながら、

「おいしゃさん、コブタにいたくしたから、
 おかーさん、たたいてきて!!!!!ヽ(#`Д´)ノ」


と言っておりました・・・。(*´Д`*)

でも、3分ぐらいしたらさほど痛くないことに気がついたみたいで、
すっかり泣き止んでご機嫌でレーシングゲームしてました・・・なんなんだ。

で、その後、婦人デーだからということで、
ダンナがこの2~3日ネットで話題のラーメン屋さんに連れて行ってくれました。
日本語サイトだけでなく、ベトナム語サイトでもたくさん紹介されています。
「Mì Nhật」という名前らしい。Mìは小麦の麺、Nhậtは日本のこと。

MINHAT01

10区のレーホンフォン通り382番地の路地を入って奥のほう、左側にあります。
テトの飾りのままなんですかね、国旗でにぎやかでした。

MINHAT02

席は店外のみ、屋台形式ですね。
ネットで話題になって、ベトナム人がわんさか押し寄せてます。
店の反対側にもずらりと席が並べられ満席。

MINHAT03

1杯3万VND(約170円)と安い!
のですが、注意書きを見ると「30~60分まち」と書いてある!
日本人の方が1人で作られているみたいなんですよね。

向かいに飲み物を売るお店があるので、そこで注文して待ちます。
そして50分待って、ようやく出てきた!

MINHAT04

じゃじゃーん、しょうゆラーメンです。
で、写真だと見えないですが、分厚いチャーシュー何枚も入っています。
このチャーシューがめちゃめちゃおいしかったです。
刻んだニンニクがたっぷりです。(今も体中ニンニク臭い気がする・・・)

MINHAT05

麺から自家製だそうです。
かなりの太麺。こんなに太い麺のラーメンはじめてかも。
お客さんが多すぎたせいか、ゆで加減がいまひとつだったのが残念でした。
もう少し落ち着いた頃に、また行きたいと思います。

MINHAT06

帰りにUCCコーヒーに立ち寄ってソフトクリーム食べました☆
コブタ君が大好きなのよね。確か28000VND(約155円)だったかな?

と、これといって特別なことはない婦人の日でしたが、
ダンナはこれでやり遂げたと思ったのか、昼寝しております。
しかたないので、今日はこれから、自分の好きな肉じゃがでも作りますか。

□■お店情報■□
店名:Mì Nhật(ミーニャット)
住所:382/39 Lê Hồng Phong Street, Ward 1, Dist.10, HCMC
営業時間:7:00~13:00、17:00~麺が終わるまで。たぶん、月曜お休み。
参考ウェブはこちら

・‥…━━━☆・‥…━━━☆


butakawaii at 18:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0)育児 | 各国の料理

March 07, 2015

テトの料理

tet44

北部のテトに欠かせない料理、Bánh chưng(バインチュン)。
中に緑豆とブタばら肉の入ったちまきです。
南部では円筒状に作ったBánh tét(バインテット)を食べます。

今年はテトになる前に4日ほど休みがあったため、
正月気分が早くやってきたのか、円筒状のほうは、お正月がくるまえに
ダンナが誰かからもらってきて、食べてしまいました。
で、四角いのもダンナがご近所からいただいたもの。
地方出身の方は、田舎から大量に送られてくることもあるようで、
もてあましているみたい・・・・。

おばあちゃんは、ちょうどベトナムエアラインの機内誌でこのちまきのことを読み
興味津々だったようです。

tet45

周りの葉っぱはlá dongというもの。ゆでると独特の香りがします。
ちまきを切るときは、ちまきを縛っていた紐を使います。

tet46

中には、すりつぶした緑豆と豚肉。
豚肉は脂身が多いので、ちまきなのに全体的に脂たっぷり。
しかも、とらえどころの無い味・・・
一切れでもうたくさん、といった感じです。
このちまき、何で中身はみんな同じで進化していないんだろうか。
変り種ちまきとか作る方、いないですかねえ。

tet47

私はがんばって、南部のお正月には欠かせない
Thịt kho trứng(ティットコーチュン)を作りました。
ブタバラ肉と卵の煮付けです。
ヌォックマムとカラメルソース、ココナツジュースを加えて煮込むのですが、
かなり甘く仕上がってしまったため、日本のおしょうゆを加えたところ
私にとってはちょうどよい感じになりました。また作ろう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆


butakawaii at 18:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ベトナム料理 | 文化・習慣・年中行事

February 20, 2015

元日のお寺参り

tet30

元旦、最初のご飯は、私の希望で母にお雑煮を作ってもらいました☆
日本から持ってきてもらった煮豆やお漬物、そしてラッキョウ。
ベトナム南部ではお正月にラッキョウ漬けが欠かせないもので、
自宅で作る家庭も多く、テトが近づくとあちこちでラッキョウを干しています。
うちは漬けないので、母にたくさん持参してもらい、ご近所にも配りました。
日本とベトナムのラッキョウはあまり変わらない味で、おいしいといってくれましたが、
北部の人は「甘いねえ」といっていました。

tet31

朝ごはんを終えてお寺へお参り。
昨年あまりいいことのなかったダンナ、今年は思うところがあったみたい。
生まれて初めてのお参りだと言ってました。
お参りに行く時間は、生まれ年によって一番良い時間があるんだそうで、
ダンナは11時がいいらしい。
そして、縁起のよい赤い服を着ていくよう薦められたのだとか。

tet32

勝手がわからないなりにお参りするダンナとコブタ君。

tet33

コブタ君、とーさんの真似をしておりますが、座り方が日本人です。

tet34

お寺の外ではかごに入った鳥がたくさん。
普通はスズメだと思うのですが、このかごにはツバメが入ってました。
他の人の様子を観察していると、10万ドン(約560円)払っている様子でした。

で、この後、テト早々ダンナと口論。
いやあもう、ダンナの言うことがコロコロ変わる&計画性のなさに
ほとほと嫌気がさしてね・・・。
テトはケンカ厳禁なんですけど、テト休みに入ってもう5日も経っており、
イライラがかなり溜まっていて、抑え切れませんでした・・・。(-_-)ハンセイ
ここでダンナと分かれて、3人でタオダン公園に行くことに。

tet35

タオダン公園も何があるわけでもないんですが、
テトでお花がたくさんかざられており、のんびりできます。

tet36

そして盆栽がいっぱいある。
花市で買った盆栽、こんな風にできないかなあ。

tet37

こういう木も、盆栽になるんですねえ。すごいなあ。

tet38

こういう風に山河をジオラマ風にするのがベトナム流のようです。

tet39

小さな木が大木のように仕立てられていてすごい!

tet40

南部のテトの花、ホアマイも見事に咲いています。

tet41

コブタ君は、中に設置されている遊具が一番うれしかったようですが。

tet42

何かになりきっているコブタの図。スパイダーマン?

tet43

観賞魚なんかも飾られていました。
この魚、cá la hán(カーラーハン)というベトナムで最もポピュラーな観賞魚。
おでこの部分がこぶみたいになっている魚なんですけど、
ものすごく好奇心が旺盛のようで、
ガラスに手や顔を近づけると、すぐに近づいてくるのよ。
なんか人になついているみたいで、かわいいんです。
もし魚を飼うのなら、これを飼ってみたいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆


butakawaii at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)文化・習慣・年中行事 | 我が家はこんなんです

February 19, 2015

大晦日に初めてのお供え

tet22

コブタくんはおばあちゃんとすっかり仲良し。
日本の幼稚園でいただいたすごろくを、何度も何度も強要してました。
すんませんです・・・。

tet23

大叔母さんのはーみたんからのお土産。
コブタ君は、Youtubeでたまたまふなっしーを見て大好きになり、
何度も何度も見てたもんだから、これをもらって大喜びです!
夜寝る時はいつも一緒。
「ふなっしーとおばあちゃんとねるー」といつも布団に持ち込むので、
おばあちゃんはコブタ&ふなっしーがしょっちゅう激突してきて、
安眠できなかった様子。すんません・・・

tet24

はーみたんからの切り干し大根とおばあちゃんが作ってもってきたごぼうの煮付け。
どちらも何年ぶりに食べただろうという品で、とても懐かしかった。
はーみたん、ありがとう。

tet25

さらに、日本から持ってきたお米でさくらご飯☆幸せ~
コブタ君は「え~、お花はたべられないよ~」とお花を吐き出してましたが、
ご飯はおいしかったみたいです。

さて、大晦日真夜中、古い年から新しい年に変わる瞬間を
「Giao thừa」(ヤオトゥア)」(=交承)と呼びます。
何でも、天からやってくる兵(天兵)が新旧交代する瞬間なんだそうです。
家庭では祖先を祭る祭壇でお供えをするだけでなく、
家の入り口で外に向かってお供えをする習慣があります。

tet26

我が家には祖先の祭壇はないため、マンションの自室の入り口の外に机を持ち出し、
祭壇を作ってお供え。5種類の果物を供えるのが慣わしです。
なんせ、ダンナはこういうベトナムの伝統にあまり興味が無い人なので、
適当に市場の人に聞いて果物そろえたものの、他の家とはなんか違う品揃えに・・・。
彩りとかも悪いし!

ちなみに、ベトナムの南部では、
mãng cầu(マンカウ、釈迦頭)、dừa(ユア、ココナツ),
đu đủ(ドゥードゥー、パパイヤ)xoài(ソアイ、マンゴー)、sung(スン、イチジク)
の5つのお供えするようです。
これは、それぞれの果物の名前を並べると
cầu vừa đủ xài sung(カウユアドゥーサイスン)
「不足なく過ごせますように」
という言葉になるからなんですね。

mãng cầu = cầu = 願う
dừa = vừa(南部弁だと発音が同じ)= 程よく、適度な
đu đủ = đủ = 十分に
xoài = xài = (お金を)使う
sung = sung = 充足する


我が家は、マンカウ、ココナツ、パパイア、マンゴーの4つはあったけど、
イチジクがなかった。なんか、お金だけ出て行って、充足しない予感・・・。(;´Д`)

ちなみに、スイカは母が食べたくて買ったものなんですが、
1個足りなかったので、ダンナが勝手に付け足したものです。

tet27

3つのコップにお水を入れ、お塩とお米を備え、12時にきっかりにお線香をあげます。
お線香を立てている下の部分は、なんとお米。
日本だと「お米1粒に7人の神様がいる」と言われるし、
こんなことをしたらバチがあたりそうですが、ベトナムではお米をそこまで有難がらない。
米が年に何度もとれる豊かな国だからこそ、こういうことができるんだなあと思います。

12時から花火が15分間打ち上げられるのでちょこっとでも見に外に出ようかと
思ったのですが、お供えの最中だし、コブタ君が急に元気がなくなって寝てしまったし、
ということでまたも花火は見られずじまい。
「お線香が燃え尽きたら起こして」とダンナは転寝。
仕方なく私がお線香の番をし、燃え尽きたところでダンナをたたき起こす。

本当は、家の入り口で神様へのお供えの紙を燃やすのですが、
マンションなのでそれはできず、外に備え付けられたドラム缶でやります。

tet28

いくつかドラム缶が並んでいて、各棟ごとにどのドラム缶を使うかが決まっていました。
1棟が一つの家、という感覚なんですかね?

tet29

冥器を売っているお店でこういうものがセットで売られています。
3人の神様に供えるためのものらしく、それぞれにドル札などの
紙でできたお供え物が入っており、これを次々燃やしていきます。

燃やし終えたら最後に、地面にお塩とお米をばら撒いて終了です。

なんだか、本当に伝統にのっとっているんだかどうだかわからないですが・・・。
来年はちゃんとお義母さんにやり方を聞いておこうと強く思ったのでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆


butakawaii at 19:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)文化・習慣・年中行事 | 我が家はこんなんです