講師によっては露骨にお気に入りとダメな生徒への力の入れ具合が変わることもあったりします。

少し冷たいようにも思えますがたった1年で講師も推薦や使える人材を発掘しなければなりません。
文句を言う暇があるなら自分の腕を磨きましょう。

講師に覚えてもらったり気に入ってもらえることをするのもありです。
汚いかもしれませんがそれもプロとして生き残る手段の一つと思うのもありです。
全員がライバルなのです、養成所に友達を作りにきたわけではないのですから必死になってみましょう。