2005年03月23日

第16講 〜お礼状はお客様に出すだけの物ではない。





▼誰にお礼状を書かきましょうかって?


 お客さんに決まってるじゃない!


 え?先週の図解ページ、見ていただいてないんですか?もしかして。


 お礼状はお客様に出すだけの物ではない。


  続きを読む
Posted by butchigiri at 11:47Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月10日

第15講 〜お礼状の書き方。文章の中身は?




お礼状をもらったこと、ありますか?


今回は予告どおり、お礼状の文章について、指南させていただきます。
前回までで、例えば絵手紙の描き方など、見た目のインパクトについては
ご理解いただけたかと思います。


さて、次は文章です。やはり、お客様のココロに届くようなことを、
書いてみたいですよね。イメージできます?


一度、良いお礼状をいただくと、このあたりは自然にわかります。
このお礼状の、どの部分に自分は感動したか、直にわかるからです。
ですから始めは、あなたが感動したお礼状を、真似すればオーケーです。


え?お礼状をもらったことがない?


  続きを読む
Posted by butchigiri at 12:08Comments(6)TrackBack(0)

2005年03月08日

第14講 〜真っ白なノートの、効力。




普段、お仕事でどんなノート使っていますか?
A4かB5の横線ノートの方、多いと思います。


わたくしも、商社勤めをしていたときは、大して重要視せず、何の気なしに
横線ノートを使っていました。


ある時、部署を異動になり、社内では「有名な」出来る先輩と一緒に仕事を
することになりました。
彼がどんなノートを使っていたと思いますか?

  続きを読む
Posted by butchigiri at 13:15Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月02日

第13講 〜絵手紙制作の裏技公開




うちの上司が、実際何分で絵手紙を書いているか。


前回、うちの上司が絵手紙をお客様に出しているというお話をいたしました。
画才なしの人でもここまで出来るという見本を見ていただきましたので、
「おいらもやってみるべ!」という方も、いらしたかも知れません。


そこで、1枚30分もかけて描いてたら、ビジネスじゃないよ!
ということをお話しましたが、うちの上司のあの作品
1枚何分で書いていたのでしょうか。


実は5分かかっていません。


  続きを読む
Posted by butchigiri at 20:05Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月24日

第12講 〜わかってるんだけどやらないもの、ナンバーワン。




お礼状、やりなさいとあれだけ多くの書物で書かれているのに、やらない。
ということは、みんなやらないから、まだ、効果大です。これ。
今スグやれば、まだお客様を感動させられます。


頭の中では、神田さんや小坂さんのマーケティング手法はわかっている。
でも、それを本当に実践できる人って、本当に少ないんだと思います。


大家と比べては恐れ多いですが、弊誌ひとつとっても、それはわかります。
いつも「図解」と称してホームページ内の画像で情報の補完をしていますが、
それを実際に見にいらっしゃる方は、全購読者のうち、30%ほどです。


そもそも、配信されたメルマガを開いていただけるかどうか、第一の関門が
ありますが、そこからさらに図解ページへのクリックをしていただくわけ
ですから、30%というのはどちらかと言えば優秀かも知れませんね。


さらに、図解をご覧になった方が、何割くらい実践されるかというと、
もう悲しいくらいのパーセンテイジになっているはずです。


そんな「やらない」ビジネスマンの中で、最もやらないのがこれ。お礼状。
なんでかというと、多くの書に「絵手紙がいい」なんて書いてあるからです。
「絵手紙」、確かに面倒そうです。
時間に追われるビジネスマンが、そんなこと出来ないよって、
99%以上の方が思っているのです。だから、やるんです。


いかに書くか。やる気も、絵の才能もないぞ。
やる気は、後で図解を見ると、少し湧いてきます。
絵の才能は、なくても大丈夫です。証拠があります。


  続きを読む
Posted by butchigiri at 18:40Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月22日

第11講 〜案外知られていないビジネス薀蓄





おなじみの三菱鉛筆。鉛筆にとどまらず、
uniブランドのボールペンや消しゴムなど、愛用者は多いと思います。
文具業界でももちろん重鎮です。東証一部上場のメジャー企業。


でも、知ってました?
三菱鉛筆が「三菱財閥」と何の関係もないことを。


つまり、三菱グループではないんです。
「またまた、嘘ついて。。マーク同じやんかー。」


そう、全く同じトレードマークを使いながら、全く関係のない企業が
なぜ存在するのか、これからご説明しましょう。


  続きを読む
Posted by butchigiri at 13:05Comments(1)TrackBack(1)

2005年02月18日

第10講 〜朱色が、マーケティング的に効く!




なぜ印鑑が効くのかをご説明します。


簡単です。「日本人は印鑑が好き」だからです。


なぜ好きか。


朱肉の、あの赤い色が、ポイントです。
TIPS3でも書きましたが、「赤色」は、血圧を上昇させ、気分を高揚させる」
働きがあります。昔から見慣れている安心感に加え、こんなところで
お目にかかったよというワクワク感が、


「おっ、いいねえ、これ。」


という言葉を自然に出させるのです。
一見単なる目立ちたがり屋のお戯れにも見えるこのTIPSですが、
非常に理にかなった方法なのです。


ところで、「こんな印鑑売ってねーよ。」というメールが絶対に来るので
先に言いますが、(メルマガで宣伝するのイヤなんですが)


つばめやには売ってます。(イヤラシー)


「筆彦」というブランドで、安価なゴム印で販売してます。
ただ、ゴム印を受注している文房具屋さん、印鑑屋さんに行って、
「こういうゴム印作ってください。」といって原稿を渡すと、
そんなに高くない金額で世界にひとつだけの印鑑を作ることは出来ます。


[作り方]

1.筆ペンなどでメッセージを書く。

2.スキャンしてパソコンに取り込む。

3.枠などをつけて、デザインする。

4.作りたい印鑑の大きさに合わせて拡大・縮小。

5.プリントアウトして、印鑑屋へ。


凝り出すと、一日かかります。(笑)
時間がもったいない人は、既製品を買いましょう。



以上、最初の名刺シリーズはとりあえずココまで。いかがでしたか?

実際にいろいろ試された方、反応・成果のご報告お待ちしています。
「効かないぞ」というクレームも大歓迎。
なぜ効かないかも、絶対に理由があります。いっしょに考えましょう。。
そういうブログに、したいと思っています。

  
Posted by butchigiri at 17:29Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月09日

第9講 〜どうして印鑑スタンプ、使わないですか?



第1講から、名刺のお話をしてまいりましたが、今回でひとまずお休みです。
しかしながら、これまでで最強の「キャッチ名刺」であることは、
間違いありません。


お渡しした方の、顔の筋肉が、一瞬緩む。


この場面を何度見たことか。やはり日本人なんだなあと、改めて思います。
(逆に、東洋的な意味で、西洋の方には、もっと受けるでしょうね。。)


そうです。印鑑を押しちゃうんです。
シャチハタの、名前スタンプじゃ、ダメですよ。意味がありません。
(シャチハタさんを否定してるわけでは、ないですよ。)


メッセージを、こめるのです。


いつもながら、見たほうが早いと思うので、見てください


いいでしょ。ベタですけど。
少なくともこういう名刺はもらったことはないと思います。
(もしかして、歌舞伎の人なんかはやってるかも。)


しかも、ちょっとまた反応が違うんです。
今までのTIPSも、「おっ」って言われましたけど、
これは「おっ、いいねえ。」まで言います。
みんな、こういうの好きなんです。


以前、クローバーの柄にパンチした名刺を渡したお客様に、
「あれ?名刺変わった?それも頂戴よ。」とせがまれたりします。


そうなると、勝ちですね。
「名刺のタカギ=おもろいヤツ」
こんな図式がお客様の頭の中に、インプットされます。


これって、結構ポイントなのですが、やはり名刺は複数パタン持つべきです。
お客様に合わせて、反応に合わせて、対応できると、いろいろな相乗効果が、
現れてきます。人に会うのが、非常に楽しくなります。


TIPS3 ⇒ メッセージ印鑑を、捺す。


メッセージの内容は、やはり「はじめまして」とか、「頑張ってます」とかが
いいみたいですね。クサいし、ダサいんですけど、一般的にはこれでOKです。


また、縁起のいい言葉も、話のきっかけになります。「太一」とか。
これって、太一君という名前ではなくて、「たいいつ」と呼びます。
辞書で調べると載ってますよ。いい言葉です。
「何?太一って。」とこう来ますから、自慢げに教えてあげてくださいね。
きっとその後の商談も、いつもよりうまく行くはずです。

  
Posted by butchigiri at 13:02Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月08日

第8講 〜商売は、色気次第なんです。



前回のTIPS、なぜ色が重要なのかをご説明します。


色には、人にいろいろな感情をおこさせる作用があります。例えば、、、
ご存知の方も多いと思いますが、重い重いと、作業員から苦情の多かった
黒い箱を、明るい色に変えたところ苦情がなくなった。というものです。
色彩感情とそれに伴う生理現象を利用するのですが、代表的な色ですと
以下のようになります。


赤       ⇒ 血圧を上昇させ、脈拍が増加する。

オレンジ    ⇒ 食欲を増進させる。

黄       ⇒ 目に緊張感を与える。

黄緑〜緑    ⇒ 身体の機能を正常にする。

青緑〜青〜青紫 ⇒ 血圧を低下させ、脈拍が減少する。

紫〜赤紫    ⇒ 性的興奮を促す。


どれも、思い当たりますよね。
では、今回選んだ明るい黄土色は、どんな効果があるのか?


この色、要は明るい茶色ですから、土の色です。(アースカラー)
緑が体の機能を正常にするのに似ていますが、土の色は、安堵感・身近さを
思い起こさせます。
また、基本的に地味な色なため、白にも通じるまじめさを表現できます。
メーカーですから、お客様を差し置いて「出過ぎない」ことも重要なのです。


結果はどうでしょうか。
大変順調のようです。完全な新規のお客様の商談もまとまりまじめ、
この秋冬の展示会サンプル依頼もたくさんいただき、かなり忙しいそうです。
お盆もろくに休めず、代表の小林氏は死んで(笑)おられたとのこと。


この名刺にどれほどの効果があったかは、正確には測れませんが、
白い、縦書きの、ロゴもない名刺を持って新規開拓なんて、考えられないと
小林さんはおっしゃっていました。
56年ビジネスサポートをしているつばめやですが、この瞬間がたまりません。
頼まれた仕事に、アドバイスをつけてお返しする。⇒ お客様が儲かる。
くどいようですが、56年間こういうことをしています。


ちょっと話がそれました。
知らず知らずのうちに、お客様に会社の良いイメージを持ってもらう。
これが名刺の最大の役割です。
実は、あなどっていませんでしたか?



どうです?前回より、また少しレベルアップしましたよ。
さあ、あなたの最適化が本格的に始まりました。
すぐに実践してみてください。

  
Posted by butchigiri at 18:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月07日

第7講 〜セクシー心理学?(笑)色で仕留める。




今日は名刺は壊しません。(笑)


「え、何言っちゃってんの?壊してよぉ」


すみません。前回まで壊し続けてきましたので、今回は1から作ります。
何を作るかって?もちろん「キャッチ名刺」ですよ。


「キャッチ名刺」。要はもらったお客様をその場でつかんでしまう名刺です。
どの程度つかむかはどこまでやったかで差がありますが、
このメルマガをお読みの皆さんは、絶対に「キャッチ」しましょう。
わたくしにも責任がありますから、頑張って書きますよ。


さあ、今回は最近の事例を紹介します。
新しく会社を立ち上げたお客様の名刺を、お手伝いしました。


新しい会社ですから、当然名刺は重要なツールです。
「名刺代わり」になるものがないんですから。
はじめて会うクライアントを、一発で仕留めなくてはいけません。


(有)サントラージュという、縫製メーカーさんなのですが、
アパレル企業から、洋服の受注をし、製造することがミッションです。
この場合、効果的な名刺を作り上げるには、以下の点が重要です。


まず、メーカーにとって一番重要なことは何かを考えます。
そう、ズバリ「納期きっちり・品質かっちり・感性ばっちり」です。
要は「センスのいい、ちゃんとした工場ですよ」ということを、
アピールしたいわけです。
営業マンは誰もが言います。「うちは大丈夫ですよ。」
でも、みんなそう言うから、先方も最初は全然信頼しません。


さあ、どうしましょうか。
新しい会社ですから、実績面では説明が困難です。
そんな時、名刺にそっと語ってもらうのです。ズバリ、


TIPS3 ⇒ 名刺の色で感情コントロール。


つまり、相手に安心してもらえる色の名刺を作ります。
「納期きっちり・品質かっちり」を言わずして植えつけます。
今回は、明るい黄土色を選びました。


これがどう効くのかは、色のお話も含めて、次回、解説します。


加えて、「感性ばっちり」ですが、これは素人がスグにはできません。
悔しいですが(笑)、プロにお願いするのがベターと思います。
まず、センス良さそうな会社と思っていただきたいのですから、
イメージ的な部分から参りましょう。


まず、新しい会社ですから、ロゴマークがありませんでした。
名刺に図形が入っていると入ってないとでは、どうしても
印象付けに雲泥の差があります。
特に感性商売のお客様相手では、この部分は十分検討する必要があります。


また、レイアウトも重要です。普通の縦書きの白い名刺ですと、
印象が薄い上に、逆に野暮ったいイメージを与えてしまいます。


そこで今回は、つばめやの提携デザイナー(*)に、ロゴと、
全体のレイアウトを依頼しました。


見たいですか?
では、先に見てください。


どうでしょう?うまくまとまっていますね。
明るい黄土色に黒の文字が際立って、格好よく、
しかもきちんとした雰囲気をキープしています。
そこで、この色が果たしている役割も、かなり大きいものになっているのは、
お感じになりますでしょうか。


(*)omitment design


  
Posted by butchigiri at 19:37Comments(0)TrackBack(0)