ロールパン文庫の伝言板

家庭文庫「ロールパン文庫」のブログです。 ホームページ http://www.rorupanbunko.com/

2014年06月

2014.6.27さくまゆみこさんの読書会

さくまゆみこさんの読書会に行ってまいりました。

今月はロールパン文庫のおはなし会と重なりましたので、当日まで出席が危ぶまれましたが、やはり課題図書が手元にあるからには行かねば!と、夜7時に家を出て駆けつけてしまいました。

8時過ぎに到着でしたが、みなさまが温かく迎えて下さって嬉しかったです☆


♪     ♪     ♪

6月の児童文学研究会


日時:6月27日(金)18時~(いつもと曜日が違います)
場所:青短本館2階会議室
テーマ:友だちをなくして、考えたこと

●ロス、きみを送る旅 キース・グレイ作 野沢佳織訳
徳間書店 2012.3 318p.

●あたしって、しあわせ! ローセ・ラーゲルランツ作 エヴァ・エリクソン絵
菱木晃子訳 岩波書店 2012.3 134p.

●ラン 森絵都著 講談社 2014.4 382p.
    (2008 理論社、2012 角川文庫に加筆)

ロス、きみを送る旅
キース・グレイ
徳間書店
2012-03-16



あたしって、しあわせ!
ローセ・ラーゲルクランツ
岩波書店
2012-03-08



ラン
森 絵都
講談社
2014-04-18



♪     ♪     ♪


帰りはひとりだけ表参道から帰るため、短大出口に向かいましたが、すでに門は閉まっており、警備の方もいませんでした。真っ暗闇で、誰もいなくて、怖くて怖くて、まっくらなキャンパスをひた走りに走り、正門近くでようやくほかの皆様に追いつきました。全力疾走なんて、何年ぶり、いや、何十年ぶりだったかしら。

思わず『ラン』のシーンが脳裏をよぎりました。

私でも42.195キロ走れるかしら、とまでは思いませんでしたが……


人間モチベーションがあれば何とか走れるものです。



54歳と一週間のおばさんでも。













さくまゆみこさんホームページ 「子どもの本で言いたい放題」  
http://members.jcom.home.ne.jp/baobab-star/dokusho/index.html

ロールパン文庫 トップページ   http://www.rorupanbunko.com/














2014.6.27ロールパン文庫第39回おはなし会

第39回おはなし会をいたしました。

猛暑が危惧されましたがそれほどでもなく、さわやかな梅雨の晴れ間の一日でした。
6月はロールパン文庫のお誕生月です。6月20日をもって11年目に突入しました。みなさま、今までささえてくださって本当にありがとうございます。

第39回おはなし会の記録

6月27日(金)

午前の部 10:15~11:00

参加者:

◆世話人◆
ロールパン文庫主宰/ムーシカ文庫卒業生      小松原宏子(ロールパン)
児童書作家/ムーシカ文庫卒業生          吉川知保(こんこん)
練馬文庫連絡会運営委員              北美智子(こみち)
児童書編集者                  山田陽子(それいゆ)
元ムーシカ文庫世話人              ともさん    
ロールパン文庫世話人              ゆんぬ
ロールパン文庫世話人              さまんさ
ロールパン友人                 尾形春子(はるぼう)

計8人



◆おかあさん◆
まきよさん、えいこさん、くみこ・Kさん、れいこさん、あさこさん

計5人

◆こども◆ 
ゆうたくん(1歳)、ともなおくん(2歳)、さかえくん(2歳)、みゆちゃん(2歳)、しおりちゃん(2歳)、ゆいちゃん(5歳)

計6人 (男の子3人・女の子3人)

参加者計 19人


プログラム:
①『パンダ銭湯』(読み聞かせ)              それいゆ
    tupera tupera 作 / 絵本館
②『きょだいなきょだいな』(読み聞かせ)          こんこん
    長谷川摂子 作  / 福音館書店   
③『どのくらいおおきいかっていうとね』(読み聞かせ)   こみち       
    舟崎靖子 作 / 偕成社
④『あめがあがったよ』(かみしばい)           ともさん
    よこみちけいこ 脚本・絵  / 童心社
⑤『かたつむりくんのおはなみ』 (かみしばい)      さまんさ
    すとうあきえ  脚本   /  童心社
⑦おりひめとひこぼし(折り紙)              ゆんぬ


今日のトップバッターは編集者それいゆ。
のっけから爆笑ナンセンス絵本で大ウケでした。

パンダ銭湯
tupera tupera
絵本館
2013-08-15


いやあ、笑った笑った!
パンダがお風呂に入ったら…

おっと、中身はマル秘です(↑表紙にそう書いてある!)
知りたい方は。。。本をごらんください(笑)。

それにしても…ひさしぶりにこんなに声出して笑いました。ほんとびっくり。


つづけて、こんこんの登場です。



リアリティー完全無視の、ひたすら巨大な世界です。

うん、やっぱり絵本ってこうじゃなくっちゃね!
こんこん、毎回グッドチョイスありがとう♪

IMG_1279







つぎは、ベテランこみちさん!



こちらもナイスチョイス!
絵本の王道、語りかけと繰り返しの、リズミカルなおはなしです。

この日のお昼、みんなホットケーキが食べたくなったのでは?


そして、おたのしみ、かみしばい。
はじめはともさん。

『あめがあがったよ』 
 CIMG0745  

  よこみちけいこ 脚本・絵
   /  童心社





あめがあがりました。はなちゃんとさやちゃんはおそとに出かけます。
みずたまりにはたのしいことがいっぱい。

そういえば、最近道のまんなかに水たまり、っていうことがあんまりありませんが…


何年か前のこと。
日食があったある日、コッペパン氏は道を歩いていたら、ひとりのおばあさんに呼び止められました。

手招きされて近づいていくと、おばあさんは水たまりをゆびさしたそうです。

のぞいてみると、そこには半分欠けた太陽が。

しばらくふたり無言で水たまりのそばにたたずんでいたんだそうです。


太陽を直接見ると目がつぶれるので、日食グラスが大売れに売れた時期でしたが…

神さまがちゃんと天然の日食グラスを用意してくれていたんですね。

そんなことを思い出しました。



午前のプログラムのトリは、恒例さまんさの登場です。

IMG_1270
『かたつむりさんのおはなみ』

すとうあきえ  脚本  
長野ヒデ子   絵

 /  童心社



この日のために、文庫メンバー達にはさまんさより本物のカタツムリ捕獲指令が。

あせったロールパンは、遠くつくばや横浜まで指令(?)をとばしましたが、結局は練馬の地で見つかったそうですよかったよかった。

ものすごく大きいりっぱなカタツムリでした。
アップの写真を撮るのを忘れたのが悔やまれてなりませんが、こんなかんじ。わかるかなあ…
ちょうど紫陽花も写っていますね!ロールパン文庫のお誕生日祝いに、ゆいちゃんとしおりちゃんのおばあちゃま、かつこさんからのプレゼントです。かつこさん、毎年ありがとうございます!!
IMG_1288








かみしばいは、足が痛いクモの子どもをせなかに乗せて送ってあげる優しいカタツムリとカエルくんのおはなしでした。さいごはみんなクモの糸でつくったブランコに乗せてもらいます
IMG_1293






今日は6月生まれのみゆちゃんが、10回目の参加で、お誕生日プレゼントと絵本のプレゼントをもらいました。
みゆちゃん、おひっこししても遠くから来てくれて、ありがとう!☆

IMG_1297IMG_1339







今月のワークショップは七夕飾りです。
ゆんぬに、おりひめとひこぼしの折り方を教えてもらいました。
ゆんぬはこよりと短冊、それに色々な七夕飾りも用意してくださったので、みんなで笹を飾りました。

IMG_1306IMG_1311IMG_1303IMG_1304







この笹もゆんぬが用意してくれました。
朝早く、笹をたくさん切ってきてくれたのです。
子どもたちはひとり一本、笹の枝をもらいました。
ゆんぬ、いつもありがとうございます。


さいごに、ロールパン文庫11周年記念のロールパンをもらいました☆
IMG_1343IMG_1353IMG_1356IMG_1359







みんなにっこり、いいおかお

子どもたち、その場で食べちゃうところがまたいいです♪


♪      ♪      ♪

お昼の「反省会」は、いつにもましてにぎやかでした。
実は、世話人のなかには入っていませんが、この日は出版社からカメラマンがひとりいらして撮影をしていかれました。

カメラマンのAさん、ともさんの手料理大絶賛でした。
ともさん、いつもごちそうさま!みなさまも差し入れをいつもありがとうございます。

そして、午前も午後も、集合写真から親子スナップまで、プロのAさんに撮っていただきました。
Aさん、ありがとうございました。

♪      ♪      ♪

午後の部 
  一回目 14:15~15:00 
  二回目 15:15~15:45


参加者:

◆世話人◆
ロールパン文庫主宰/ムーシカ文庫卒業生       小松原宏子(ロールパン)
児童書編集者                  山田陽子さん(それいゆ)
児童書作家/ムーシカ文庫卒業生          吉川知保(こんこん)
練馬文庫連絡会運営委員             北美智子(こみち)
元ムーシカ文庫世話人              ともさん    
ロールパン文庫世話人              ゆんぬ
ロールパン友人                 尾形春子(はるぼう)

計7人


◆おかあさん◆
一回目 : まきよさん、くみこ・Yさん、いづみさん、ひとみさん、あゆりさん、
たえこ・Kさん
二回目 : あかねさん、かずみ・Iさん、ひろこさん、みかさん、たえこ・Oさん、くみこ・Uさん、かずみ・Fさん、まさこさん

計14人

◆こども◆ 
一回目 : ゆうたくん(1歳)、かえちゃん(2歳)、るあちゃん(2歳)、あいこちゃん(3歳)、たいとくん(3歳)、たくやくん(4歳)、りょうすけくん(5歳)、りんくん(5歳)、ななみちゃん(5歳)、こうたくん(6歳)、よしのりくん(6歳)
二回目 : ゆういちろうくん(1歳)、しょうたくん(2歳)、のぞみちゃん
(3歳)、はるきくん(4歳)、れんくん(4歳)、さきちゃん(4歳)、ふうあちゃん(5歳)、りゅうせいくん(5歳)、こうきくん(6歳)、はるとくん(6歳)、
ことはちゃん(小5)

計22人 (男の子14人・女の子8人)

参加者計 42人



プログラム:
①『パンダ銭湯』(読み聞かせ) (一回目)        それいゆ                 
     tupera tupera 作 / 絵本館
 『3ぷんもまてないよ!』(読み聞かせ)(二回目)
     土屋富士夫  作 / 佼成出版社
②『おふろだいすき』(読み聞かせ)             こんこん
     松岡享子 作 /  福音館書店  
③『たなばたものがたり』(読み聞かせ)           こみち
     舟崎克彦 文 /  教育画劇
④『六月のむすこ』(かみしばい)             ともさん
     松谷みよ子 文  石倉欣二 絵 / 童心社
⑤たなばたかざり(ワークショップ)             ゆんぬ


午後のトップバッターもそれいゆです。
一回目は午前とおなじ『パンダ銭湯』、二回目は『3ぷんもまてないよ!』を読んでくれました。
3ぷんもまてないよ!
土屋 富士夫
佼成出版社
2010-04


みなさん、「3ぷん」と書いてあるものを作るときは、ちゃんと3分待ちましょうね。
待たないとたいへんなことになりますよ。

え?待たないとラーメンがかたい?
そんなものではないのです。どのくらいたいへんなことかは本を読んでのおたのしみ☆


二番手はこんこんの『おふろだいすき』。
永遠の名作ですね。林明子さんの絵もすてきです。

みなさんはひとりでおふろにはいりますか?
おふろにはいると、どんなすてきなことが待っているのでしょう。

そういえば、ロールパンはかなり大きくなるまでおかあさんとおふろに入っていました。
おふろでのどがかわくと、母が水道の水を手で受けて飲ませてくれたものです。
どういうわけか、母のてのひらを通った水はとくべつにおいしいのでした。

まるで昨日のことのようなのに、あれから50年も経つんですねえ…

ところで、このおはなしのさいごに「ゆあがりタオル」って出てくるんですけど、みんな意味わかるのかなあ(バスタオルのことですよ!)


読み聞かせのさいごは、こみちさんによる『たなばたものがたり』です。


織姫と彦星は、恋人同士だと思っている人がたくさんいるようですが、ほんとうは夫婦なんですよね。
それにしても、天の川をはさんだふたつの星を見てこんな物語をつくるなんて、昔の人はなんとロマンチストだったのでしょう。


おたのしみ、かみしばいは、ともさんによる『六月のむすこ』。
CIMG0746IMG_1372
『六月のむすこ』     

松谷みよ子 文  
石倉欣二 絵
 / 童心社


「松谷みよ子民話珠玉選第二集」です。

ともさんのあったかい語り口は民話の雰囲気にぴったり。
外は初夏の陽射しでしたが、なんだか囲炉裏端をかこんでおはなしを聞く子どものような気もちになってしまいました。

午後は、6月生まれのゆういちろうくんとこうたくんがお誕生日プレゼントをもらいました。
IMG_1394IMG_1398





ゆういちろうくんは1歳のおたんじょうびです。
ママのお腹の中にいるときからロールパン文庫に来てくれているゆういちろうくん。
たくさんおはなしを聞いて、本が大好きなおとなになってくださいね♪

こうたくんは、記念すべき第一回のロールパン文庫おはなし会に来てくれていました。
あのときはとてもちっちゃかったのに、いつのまにかもう年長さん!
赤ちゃんだった弟のたいとくんも、もう幼稚園生です。Time flies!

でも、子どもたちにとっては、時はとてもゆっくり流れているのでしょうね。
ふたりともおめでとうございます。素敵な1年を!


午後もみんなでプロのカメラマンAさんに写真を撮っていただき、それから七夕飾りを作りました。
IMG_1392







ミニバザーもあり、Aさんによる親子写真撮影会もあったので、午後はロールパンのカメラの出番なし…というか余裕なし
残念ながら短冊作りのスナップが全然撮れませんでしたので、はるぼうが撮ってくれたみんなのすがた(かみしばいを聞いているところ)(たぶん)を一枚掲載しておきます。

来てくれたみなさんには、後日Aさん撮影の記念写真をお渡ししますね。お楽しみに!


サマーバザーの売上は、午前午後あわせて12750円でした。
みなさま、ご協力ほんとうにありがとうございました。

主に工作材料と季節の行事費用として、文庫おはなし会のために大切に使わせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



♪     ♪    ♪

長い一日のさいごに、メンバーで飲む熱い緑茶はまた格別。

この日はゆんぬ手作りのババロアも。

IMG_1418











次回は7月25日(金)です。

    午前の部  10:15~11:00     
    午後の部  14:15~15:00   
            
夏休みにつき、午後の部は一回です。

午前と午後は別プログラムです。ご都合のつく方はぜひ両方ご参加ください。

お天気がよかったら夏恒例のしゃぼんだまあそびをします。おたのしみに!





文庫トップページ  http://www.rorupanbunko.com/  









 

2014.6.26「村岡花子 出会いとはじまりの教文館」展

「村岡花子 出会いとはじまりの教文館」展に行ってまいりました。

CIMG0809






















event1










『アンのゆりかご』の著者・村岡恵理ちゃんと仲良しだということは、このブログでも何回か触れましたが、NHKの朝ドラ『花子とアン』が始まってからは、すっかり時の人。。。電話やメールでなくin personで会うのは今年の一月以来です。


この日は恵理ちゃんのハトコで女優の村岡希美さんの朗読会がありましたので、それにあわせて展示会場にも行ってきました。

花子さんの資料が豊富に展示されていて、見ごたえのある展覧会です。私は三越のほうは行きそびれたのですが、両方行った知人によると、デパートは満員電車状態でゆっくり味わえなかったので、こちらのほうが良いとのことです。
ちょうど先月の『島多代の本棚』展と同じ会場(教文館9Fウェンライトホール)ですので、先月は島さん、今月は恵理ちゃん、と、奇しくも2ヶ月続きでご縁のある方の展示会となりました。

そのうえ、教文館は、クリスチャンである私は教会関連の買い物によく来るだけでなく、家族ぐるみのおつきあいだったムーシカ文庫生のK君のお父さまがずっとおつとめでいらしたこともあって、受洗前からずっと敬意と親近感を同時に抱いている書店です。

思い入れのある教文館にて、思い入れのある方々の展示。
しかも、展示資料のひとつには、花子さんといぬいとみこ先生が並んで写っている写真が。

その写真は、『花子とアンへの道』にも掲載されています。



これが、そのページと写真です。(89ページ)

CIMG6555CIMG6554









この写真のオリジナルが展示されていました。
恵理ちゃんの配慮を感じて、とても嬉しく拝見しました。




そして、朗読会は村岡希美さんによる『炉邊』。村岡花子さんの処女出版作。
現存するのはこの世にただ一冊、教文館所蔵のもののみだそうです。

そのなかから『光』という短編をお読みいただきました。

女優さんのなかには、ときどき演技たっぷりに朗読される方もいるので、正直ちょっと心配しておりましたが、希美さんは淡々と、原作の風合いに余計な色をつけずにお読みくださったので、自分で活字を読むときのように情景や行間を感じられ、とても好感がもてました。

とはいえ、ドラマのなかでは希美さんはたいへん個性的な女優。まだどなたか名まえも知らず、当然恵理ちゃんのハトコだとも気づかないうちから、ものすごく魅かれるものがありました。脇役なのにめっちゃ光っているのです。ドラマの希美さん出演部分をまだ見ていない方、ぜひご自分の目でお確かめください。「蓮子さん」(白蓮)のお兄さん伯爵のお嫁さんの役です。



朗読会のあと、恵理ちゃんのサイン会がありました。
ロールパン文庫のことはちゃんが大ファンなので、「サインもらってきてあげるね」って約束しちゃったものですから、ことはちゃんママが用意した2冊をもっていきました。

それから、ちゃっかり自分の誕生日祝いに絵本もいただきました。




そして、村岡美枝さんにも、きのしたあつこさんへのプレゼントの本にサインしていただきました。






さいごに記念写真♪

2tn

村岡希美さんと






tn

恵理ちゃんと





♪     ♪     ♪


『赤毛のアン』を青春のバイブルとして繰り返し読んだ日々。

『アン』は“村岡花子訳”でなければ『アン』ではない、と息まき続けて40年。

花子さんの令孫・恵理ちゃんとの友情を誇りに思い、そこに至るまでの道をムーシカ文庫からずっとたどるたびに奇跡と運命を感じている自分。




今、『花子とアン』というドラマが爆発的にヒットして、『赤毛のアン』も「村岡花子」も「村岡恵理」も全国的に脚光を浴びていることが嬉しくて誇らしくてたまらないのだけど…


同時進行で、心ひそかに、ちょっぴりさびしくもあるかな。

「私だけのアン」が「everyoneのアン」になっていることが







文庫トップページ     http://www.rorupanbunko.com/






2014.6.24ゴー・ビトウィーンズ展 ~こどもを通して見る世界~

「ゴー・ビトウィーンズ展 ~こどもを通して見る世界~」に行ってまいりました。

http://www.mori.art.museum/contents/go_betweens/


10438312_663768593711681_7379002738292106310_n






























ムーシカ文庫卒業生のフリーライター・飯島裕子さんのトークセッションがありました。



展覧会は前衛的な展示が多く、ややわかりにくい感もありましたが、全体を通して現代の子どもの厳しい状況とともに、そのなかで生きる子どもの力と希望がテーマになっていたのだと思います。


トークセッションは「子どもの貧困」について。

こちらは大変わかりやすかったです。
21世紀の日本の、子どもの貧困の実態について、もっともっと関心をもたなければいけないことを実感しました。


展覧会は8月31日までです。
ほかにもパネルディスカッションや映画、講演などのイベントがあるそうです。
ぜひ足を運んでみてください。





文庫トップページ http://www.rorupanbunko.com/









2014.5.30ロールパン文庫第38回おはなし会

第38回おはなし会をいたしました。

もうすっかり初夏のひざしの一日でした。
となりの小学校からは運動会の練習の声も聞こえていました。

第38回おはなし会の記録

5月30日(金)

午前の部 10:15~11:00

参加者:

◆世話人◆
ロールパン文庫主宰/ムーシカ文庫卒業生       小松原宏子(ロールパン)
児童書作家/ムーシカ文庫卒業生          吉川知保(こんこん)
練馬文庫連絡会運営委員             北美智子(こみち)
元ムーシカ文庫世話人              ともさん    
ロールパン文庫世話人              ゆんぬ
ロールパン文庫世話人              さまんさ
ロールパン友人                 尾形春子(はるぼう)

計7人



◆おかあさん◆
あやこさん、えいこさん、れいこさん、あさこさん、かずみさん

計5人

◆こども◆ 
かなとくん(1歳)、しょうたくん(2歳)、さかえくん(2歳)、ともなおくん(2歳)、しおりちゃん(2歳)

計5人 (男の子4人・女の子1人)

参加者計 17人


プログラム:
①『はらぺこぺっこん』(読み聞かせ)           こみち       
    織茂恭子 作 / あかね書房
②『ねむいねむいちいさなライオン』(読み聞かせ)   こみち
    マーガレット・ワイズ・ブラウン 作 ふしみいさお 訳 / 徳間書店   
③『おひさま あはは』(読み聞かせ)           こんこん
    前川かずお 作 / こぐま社
④『まゆげちゃん』(読み聞かせ)             こんこん
    真珠まりこ 作  / 講談社
⑤『ふうせんふわふわ』 (かみしばい)          ともさん
    堀尾青史  作  若山憲 画  /  童心社
⑥『あめこんこん』 (かみしばい)             さまんさ
    松谷みよ子 作  鈴木未央子 画  /  童心社
⑦ストロー吹き矢(ワークショップ)            ロールパン


今回もトップバッターは、ベテランこみちさんです。


こぎつねのぺっこんは、とってもおなかがすいたので、いいことをかんがえました。
そう、おさらにばけたのです。
抱腹絶倒のだいさくせんの結末はいかに!?


つづいてこみちさん、もう一冊。

ねむいねむいちいさなライオン
マーガレット・ワイズ ブラウン
徳間書店
2009-01



ある日、ちいさなライオンが冒険に出かけます。でも、いつでもどこでもねむくなってしまうのです。。。
かわいいライオンのあかちゃんの写真絵本です。


うちの長女シュガーロールと三女ベビーロールは、あかちゃんのときに寝せつけるのがたいへんでした。
なんとか寝てくれないか、少しでも長く寝てくれないか、と、毎日祈るような気もちで育てましたが…


おおきくなってからは、試験前などすぐに寝るので、「寝ちゃだめよ!」と毎日しかっていました。
その分あかちゃんのときに寝ておけばよかったのにねえ。なかなかうまくいきません。


ちなみに次女のシナモンロールはよく寝る良い子でしたが、今もよく寝ているようです。
うーん、それはそれで。。。


さて、二番手はこんこんです。
おひさま あはは
前川 かずお
こぐま社
1989-07

おひさまあはは。みんなであはは。
あれ…?ひとりだけしかめっつらなのは…?

さいごはみんなで「あはは」です。よかったですね。

つづいてこんこん一冊。
人気の「こんこんナンセンスチョイス」です。


もうなにも言いません。
『まゆげちゃん』。お手に取ってごらんください。

それにしてもすごいまゆげです。
すっぴんのときも眉毛メイクだけはMUSTのロールパンとしては、うらやましいくらいです。


このあとは、おたのしみ、かみしばいの時間です。
はじめはともさん。

IMG_0964『ふうせんふわふわ』 
    
堀尾青史  作  
若山憲 画  

  童心社

うさぎ先生がみんなにひとつずつふうせんをくれました。
でも、たぬきくんは、みんなのふうせんをとってしまいます。

よくばりのたぬきくんにも、おともだちはみんなやさしいのです。
心までふわふわしてくるおはなしです。



そして午前のプログラムのさいごは、さまんさの登場です。
IMG_0971
『あめこんこん』

松谷みよ子 作
鈴木未央子 画
童心社



あたらしいかさを買ってもらったモモちゃんは、さっそくかさをさして出かけます。
「あめふりごっこするもんよっといで♪」
そしたら、「いれて!」って、やってきたおともだちがいますよ。さてだれでしょう。

もうすぐ梅雨。雨の日もたのしく過ごしたいですね。
ゲームやテレビでなく、おはなしや読書の一日もいいものですよ



本日のワークショップは、ストローでつくる吹き矢でした。
意外とかんたんで、ハマれますよ。おためしあれ。大きさのちがうストローを組み合わせて吹くだけです。
矢の先端には紙ねんどをつけてみました。でも、つけなくても飛びますよ。

IMG_1019CIMG0685IMG_1016






IMG_1031CIMG0672






うまくバスケットに入れられたら大拍手♪
たのしかったね!!

♪      ♪      ♪

お昼の「反省会」は、今日もまたみなさまの手料理と皆様の差し入れにみんなで舌鼓しあわせ~
いつもありがとうございますmm。

今日のトピックはやはりNHKの朝ドラ『花子とアン』でした。

ちょうど村岡恵理ちゃんから、新しく出版された『アンを抱きしめて』と『赤毛のアン』愛蔵版が届きましたので、みなさまにご披露しました。
NHK出版
2014-03-20


赤毛のアン
ルーシー・モード・モンゴメリ
講談社
2014-05-23



三越日本橋店、教文館、弥生美術館、と、企画展も目白押しです。詳しくはまた記事にてお知らせしますね。


♪      ♪      ♪

午後の部 
  一回目 14:15~15:00 
  二回目 15:15~15:45


参加者:

◆世話人◆
ロールパン文庫主宰/ムーシカ文庫卒業生       小松原宏子(ロールパン)
児童書作家/ムーシカ文庫卒業生          吉川知保(こんこん)
練馬文庫連絡会運営委員             北美智子(こみち)
元ムーシカ文庫世話人              ともさん    
ロールパン文庫世話人              ゆんぬ
ロールパン友人                 尾形春子(はるぼう)

計6人


◆おかあさん◆
一回目 : あかねさん、まきよさん、ひろこさん、ゆみさん、たえこ・Kさん、やすこさん
二回目 : あさこさん、いづみさん、みかさん、たえこ・Oさん

計10人

◆こども◆ 
一回目 : ゆういちろうくん(0歳)、ゆうたくん(1歳)、のぞみちゃん(3歳)、たくやくん(4歳)、ふうあちゃん(5歳)、あきとくん(5歳)、わたるくん(5歳)、はるとくん(6歳)、よしのりくん(6歳)、みはるちゃん(小3)、ひでとくん(小4)、ことはちゃん(小5)、ひなたちゃん(小5)
二回目 : しおりちゃん(2歳)、はるきくん(4歳)、れんくん(4歳)、なゆたくん(4歳)、ゆいちゃん(5歳)、みきちゃん(小6)、みよちゃん(小6)

計20人 (男の子11人・女の子9人)

参加者計 36人



プログラム:
①あめのひきのこは(読み聞かせ)             こみち                 
  ステーエフ 作 ギンズバーグ 再話 くりやがわけいこ 訳 /  偕成社
②いいからいいから(読み聞かせ)             こんこん
     長谷川義史 作 /  絵本館  
③ちいさなきいろいかさ(読み聞かせ)           こんこん
     にしまきかやこ 作 /  金の星社
④トラよりつよいカエルくん(かみしばい)             ともさん
     矢崎節夫 文  すがわらけいこ 絵 / 教育画劇
⑥ストロー吹き矢(くうきであそぼう)             ロールパン




あめのひ、ちいさなきのこのところにアリさんが来て「いれて」。
それから、つぎからつぎへといろんなどうぶつが来て…
はいりきれないのではないでしょうか。さあ、きのことどうぶつたちはどうなるのかな?

ちょうど「もういっぱいではいれないよ!」というせりふのときに入ってきたひでとくん。
「えっ!?」って、思わずびっくりでしたね(笑)。

いいからいいから
長谷川 義史
絵本館
2006-10

やさしいおじいさんのところに、かみなりの親子がやってきます。
「いいからいいから」。
おじいさんは何でもしてくれます。
さて、ごはんをごちそうになって、おふろもいれてもらって、せなかもながしてもらったかみなりの親子は…?

「いいからいいから」。
しあわせのおまじないのようですね♪

さて、次の一冊はゴージャスです。


読み聞かせ用の超大型絵本ですよ。
こんこんが横浜からかついできてくれました。

どのくらい大きいかというと、こんなかんじ。
IMG_1060







縦にするのもひと苦労。
IMG_1062







迫力でしたね、「ちいさいかさ」のおはなしでしたが
こんこん、ありがとうございました。

午後のプログラムのさいごは、ともさんのかみしばい。
IMG_1044
『トラよりつよいカエルくん』

矢崎節夫 文
すがわらけいこ 絵

教育画劇



チベットの昔話です。再話は金子みすずの発掘で有名な矢崎節夫さん。
以前、雑誌『ネバーランド』の記念会でお会いしたことがあります。
あちらはロールパンのことなど覚えていないでしょうが
「ロールパンママの二言(ふたこと)」というコラムを連載していただいたことがありました。

機転がきいて、おおきなトラを負かしてしまう頭のいいカエルのおはなしです。

そろそろカエルの季節ですね。
最近都内ではめっきり見かけなくなりましたが…。


午後もワークショップはストローあそびでした。
1回目にたくさん来てくれて、ストローが足りなくなったので、ゆんぬにお願いして2回目の分を西友に買いに走ってもらいました。
ゆんぬ、暑い中ありがとうございました!
IMG_1078IMG_1104








IMG_1105CIMG0714







CIMG0722CIMG0719









次回は6月27日(金)です。

    午前の部  10:15~11:00     (ベビー~3歳対象)
    午後の部  ①14:15~15:00   (どなたでも)
            ②15:15~16:00
       ※午後の1回目と2回目は同じプログラムです。

            おまちしています!

         ※ 6月はロールパン文庫のお誕生月です。
    11周年を記念してロールパンをくばります。おたのしみに!

    ※サマーグッズのミニバザーもいたします。
    できましたら小銭でけっこうですので、おこづかいをお持ちください。
    売り上げはおはなし会の工作費等にさせていただきます。


      




    ロールパン文庫HP トップページ http://www.rorupanbunko.com/











 



6月の文庫スケジュール

ロールパン文庫について

◆文庫開放は原則として水・土の2:00~7:00です

    本の閲覧、借出、返却ができます。
◆月一回おはなし会があります。よみきかせとかみしばい中心です。月によってワークショップやゲーム、親子サイエンス体験も行います。
◆おはなし会に10回参加するごとに、絵本などのプレゼントがあります。


   6月の文庫スケジュール

◆文庫開放日   
    6/4(水)・6/7(土)・6/11(水)・6/14(土)
      6/18(水)・6/21(土)・6/25(水)・6/28(土)                           
            2:00~7:00  PM
                   

              
◆おはなし会
            6/27(金)  文庫11周年記念の回です。

         午前の部  10:15~11:00 (対象:おもにベビー~3歳)
         
         午後の部  ①14:15~14:45
               ②15:15~15:45
                            (対象:どなたでも)

                午前と午後はちがうプログラムです。
                午後の①と②はおなじプログラムです。


        どなたでもおいでください。
            ※初めての方は保護者と一緒にいらしてください。

                 おまちしています!





トップページ : 
http://www.rorupanbunko.com/










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ロールパン・ママ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC