ロールパン文庫の伝言板

家庭文庫「ロールパン文庫」のブログです。 ホームページ http://www.rorupanbunko.com/

2014年07月

2014.7.25ロールパン文庫第40回おはなし会

第40回おはなし会をいたしました。

夏休みということでシャボン玉を企画。
お天気を心配していましたが、2日前に梅雨明けし、絶好のシャボン玉日和でした。

第40回おはなし会の記録

7月25日(金)

午前の部 10:15~11:00

参加者:

◆世話人◆
ロールパン文庫主宰/ムーシカ文庫卒業生      小松原宏子(ロールパン)
児童書翻訳家                  田中奈津子(サマー)
児童書作家/ムーシカ文庫卒業生          吉川知保(こんこん)
元ムーシカ文庫世話人              ともさん    
ロールパン文庫世話人              ゆんぬ
ロールパン文庫世話人              さまんさ

計6人



◆おかあさん◆
あやこさん、まきよさん、かずみ・Iさん、えいこさん、あさこさん、くみこさん、みかさん

計7人

◆こども◆ 
かなとくん(1歳)、ゆうたくん(1歳)、しょうたくん(1歳)、ともなおくん(2歳)、しおりちゃん(2歳)、たくやくん(4歳)、さきちゃん(4歳)、はるきくん(4歳)、あおとくん(4歳)、ゆいちゃん(5歳),ゆうすけくん(小2)、さとみちゃん(小2)、ことはちゃん(小5)、みきちゃん(小6)、さやかちゃん(小6)

計15人 (男の子8人・女の子7人)

参加者計 28人


プログラム:
①『トマトさん』(読み聞かせ)          こんこん
    田中清代 作  / 福音館書店
②『すいか』(読み聞かせ)             サマー
    石津ちひろ 作  / 小峰書店   
③『たべてみたいな おほしさま』(かみしばい)  ともさん       
    武鹿悦子 作 末崎茂樹 画 / 教育画劇
④『しゅっぱーつ』(かみしばい)         さまんさ
    山本祐司 脚本・絵  / 童心社
⑤シャボン玉あそび               ロールパン・ゆんぬ


午前のプログラム1番はこんこんの読み聞かせ。
トマトさん (こどものとも傑作集)
田中 清代
福音館書店
2006-07-15

なんか、キモかわいいトマトさん。

うちのコッペパン氏はトマトとピーマンが食べられないのですが、こんなトマトさんなら…?

かわいすぎてまた食べられない?

それにしても、トマトさん。


ド迫力でした
さいしょからさいごまで目が離せません。

うん、ほんとにキモかわいかったです。


続いてプログラム2番はサマーさん。
すいか! (にじいろえほん)
石津 ちひろ
小峰書店
2013-05-17

「す」「い」「か」で始まることばあそび。でも、それだけでなく、素敵なストーリーも。

ベテランサマーさんのすいかを食べる擬音に、思わず生唾がごくり。


うちのコッペパン氏はすいかが大好きです。
こんな読み聞かせを聞いたらすぐに買いに行ってしまいそう。

ところで、ロールパンはとつぜん「す」「い」「か」のことばあそびをふられて、あわてふためいてしまいました。

えーと、えーと、てきな…すてきな…「い」のつくものなんだ?なんだ?

と、あわてるロールパンに、6年生のみきちゃんとさやかちゃんが助け舟。

るめいか!!」


ぱちぱちぱち。


もりあがったあとで、さいごにサマーさんバージョン。

ばらしく い子たちの おが見えます」



おみごと


プログラム3番は、ともさんのかみしばいです。
IMG_1428

『たべてみたいな おほしさま』      
    武鹿悦子 作 末崎茂樹 画
     / 教育画劇





あんまりに暑いから、冬景色のおはなしで涼しく。

みんなにだいじな食べ物をわけてあげる、やさしいきつねくんのおはなしです。

からだは涼しく、心はあったかく、ですね


プログラムのトリは、さまんさのかみしばい。
IMG_1426








ぼくはのりものがだいすき。
「しゅっぱーつ!」と声をかければ、いろんなのりものがいろんなところにつれていってくれます。
さいごは宇宙にも!

みんなもどこかへしゅっぱつしたいですね♪


ロールパンはこの夏どこにも行きませんが



今日はゆうたくんが10回目の参加、ゆいちゃんとしおりちゃんの姉妹が40回目の参加で、絵本のプレゼントをもらいました。
これからもたくさん来てくださいね!☆

IMG_1437IMG_1438IMG_1439








みんなで記念撮影のあとは、いよいよシャボン玉遊び。

金本先生なしでどこまでできるか、はなはだ不安でしたが、ロールパンが教わってきたとおりにゆんぬが調合してくれて、なんとか成功しました!

CIMG9729





金本先生の魔法のレシピは以下のとおり:

おおきなシャボン玉用

洗剤:水のり:水 = 1:4:9

ここに、気温が高いときはガムシロップ2個、30℃未満のときは1個を足します。

あまり強くまぜあわせないのがコツだそうです。

昨年は近所でいくらでも手に入った洗濯糊が今年はひとつも買えず、前日にさまんさにお願いして買ってきてもらいました。さまんさ、ゲリラ豪雨のなか、ありがとうございました。

ワイヤーハンガーをまるくして布を巻きつけたもので、こんなに大きなシャボン玉ができます♪
CIMG9730CIMG9748






小さいシャボン玉用の割合はこれ:

洗剤:水 = 1:4

こちらは水のりもガムシロップもなしです。おうちで手軽にできますね!

ただし、洗剤は界面活性剤の割合が大きいもの。『キュキュット』か『ジョイ』がおすすめです。

ストローを4~5本あわせてセロテープでとめたもので吹くと、細かいシャボン玉が四方八方にひろがって、それはそれはすてきです。ぜひお試しください。

CIMG0772






モールをまるめたものも。
CIMG0759






ハート型につくっても、やっぱりシャボン玉はまんまる(笑)。

みんなで楽しく遊びました。
CIMG0758CIMG0762CIMG9731






CIMG9732IMG_1457IMG_1450IMG_1451





IMG_1452IMG_1461






みんなが熱中症にならないように、ゆんぬが冷えた麦茶をたくさん用意してくれました。
ゆんぬ、いつもありがとうございます!

♪      ♪      ♪

お昼の「反省会」は、今日もともさんの手料理♪
ほかのみなさまも、差し入れたくさんありがとうございます。
暑さにまけないエネルギー、たくさんいただきました!

♪      ♪      ♪

午後の部 
   14:15~15:00 
  

参加者:

◆世話人◆
ロールパン文庫主宰/ムーシカ文庫卒業生      小松原宏子(ロールパン)
児童書翻訳家                  田中奈津子(サマー)
児童書作家/ムーシカ文庫卒業生          吉川知保(こんこん)
元ムーシカ文庫世話人              ともさん    
ロールパン文庫世話人              ゆんぬ

計5人


◆おかあさん◆
いづみ・Mさん、あさこさん、くみこさん、いづみ・Uさん、かずみ・Fさん、ゆみさん、まさこさん、たえこさん、えいこさん

計9人

◆こども◆ 
るあちゃん(2歳)、しおりちゃん(2歳)、さきちゃん(4歳)、ゆいちゃん(4歳)、なゆたくん(4歳)、りゅうせいくん(5歳)、りんくん(5歳)、あきとくん(6歳)、こうきくん(6歳)、よしのりくん(6歳)、ゆうすけくん(小2)、みゆちゃん(小3)

計12人 (男の子7人・女の子5人)

参加者計 26人



プログラム:
①『ことばあそびどうぶつえん』(読み聞かせ)   こんこん
     石津ちひろ  文      のら書店                 
②『むしたちのうんどうかい』(読み聞かせ)    こんこん
     得田之久 文 /  童心社 
③『すいか』(読み聞かせ)             サマー
    石津ちひろ 作  / 小峰書店   
④『三まいのおふだ』(読み聞かせ)        サマー
    おざわとしお 再話 / くもん出版
⑤『トラのおんがえし』(かみしばい)       ともさん
     渡辺享子 脚本・絵 / 童心社
⑥シャボン玉遊び                ロールパン・ゆんぬ


午後は、こんこんとサマーさんに2冊ずつ読んでいただきました。

まずはこんこん、『ことばあそびどうぶつえん』。
ことばあそびどうぶつえん
石津 ちひろ
のら書店
2012-01


今日は石津さんワールド全開です
みんなやっぱり「ことばあそび」って好きですよね!?

2冊目は『むしたちのうんどうかい』。

人間なら熱中症になりそうなこの季節も、虫たちならだいじょうぶ。
みんな元気いっぱいです。

それにしても暑いですよねー。
東京オリンピック、7~8月にやるって言ってますけど、できるんでしょうか。

つづいてサマーさん、午前とおなじ『すいか』です。
すいか! (にじいろえほん)
石津 ちひろ
小峰書店
2013-05-17

二回目なので、身構えて待っていました。

ペシャルな、い笑顔で、んぱーい♪」


。。。おそまつでした。





サマーさんの二冊目は、涼しくなるようちょっぴりこわいおはなし。


以前にも読んでいただいたことのある『三まいのおふだ』。
今日は、おざわとしおさん再話の、やや短いバージョンです。
それでも、こぞうがやまんばにおしりを食べられちゃうところはやっぱりこわかった~


そして、ともさんのかみしばい。
IMG_1468

『トラのおんがえし』

     渡辺享子 脚本・絵 
     / 童心社






中国のむかしばなしです。絵も墨絵風ですてきですね。
親切なお医者さまと、恩を忘れないトラの兄弟のおはなし。



今日は、りゅうせいくんが7月生まれのお誕生日プレゼントをもらいました。
りゅうせいくん、6歳のお誕生日おめでとう!!
IMG_1495






そして、午後もシャボン玉遊びです。

午前とくらべると、ちょっと風が出てきてしまいましたが、それでも楽しくできました♪
CIMG0790CIMG0794CIMG0780





IMG_1507IMG_1504IMG_1502






みんな、楽しかったね!! 

来月は金本先生登場で、巨大シャボン玉遊びだよ!ぜひ来てね♪



♪     ♪    ♪

そして、長い一日のさいごに、今日も緑茶。

ゆんぬ手作りの白玉あずき、ごちそうさまでした












次回は8月29日(金)です。

      10:15~11:00     
   
夏休みにつき、一回のみです。

ぜひ親子でふるってご参加ください☆




文庫トップページ  http://www.rorupanbunko.com/  















2014.7.18「村岡花子と『赤毛のアン』の世界展」

「村岡花子と『赤毛のアン』の世界展」に行ってまいりました。
img1

















村岡花子と『赤毛のアン』の世界展

2014.7.4~9.28
弥生美術館・竹久夢二美術館



弥生美術館は、文京区弥生・東大裏手にある私設美術館です。

ふだんはほんとうにひっそりしている「隠れ家」的スポットだと思うのですが、テレビで大人気の村岡花子展会期中とあって、やはり入れ代わり立ち代わり、たくさんの人が訪れていました。

それでも、「すし詰め状態だった」と言われる三越の展覧会にくらべたらずっと見やすいにちがいありません。

地の利が悪い分、教文館とくらべてもゆったりとした気持ちで見られるはず。


資料も、弥生美術館にふさわしく、大正ロマンの香りあふれるレイアウトです。


常設の夢二展も同じ券で見られますし、おとなりのカフェでは『赤毛のアン』にちなんだ特別メニューも。
(村岡美枝さんから聞いていた「レイヤーケーキ」だけは、内覧会時限定だったそうですが



真夏のヒートアイランドでも、そこだけ切り取られたような、ひんやりとした静謐の世界です。

ぜひいちど訪ねてみてください。

DSC_0447DSC_0449DSC_0450















文庫トップページ  http://www.rorupanbunko.com/









2014.7.17映画『大いなる沈黙へ』

映画『大いなる沈黙へ』を見てまいりました。

http://www.ooinaru-chinmoku.jp/


2014年7月12日~  岩波ホール

top_04














フランス山間部にある男子修道院のドキュメンタリー映画です。

音楽なし、ナレーションなし、中に入れるのは監督ひとり、という厳しい条件のもとで撮影、編纂された3時間。

行く前までは、とちゅう寝るのではないかという危惧もありましたが、「静けさ」はそれ自体音楽であることを実感させられた169分でした。



stoic とかisolated といったイメージがつきまとう修道院ですが、そこでの生活もやはり地に足がついた人間の社会です。


祈りと労働に明け暮れる彼らの顔は幸せそのもの。

ほんとうの「沈黙」は語らないことではなく、余計なものを削ぎ落とした真の充実のなかにあるものなのかもしれません。



♪      ♪      ♪


ところでこの日、実は「こういう地味な映画って、誰も見に来ないんじゃない?」と、お誘いくださったサマーさんとともに高をくくって行ったところが、あにはからんや、当日券はたちまち売り切れ。

前売り券がないかぎり入れない、という想定外の事態にパニくったロールパンは、あとさき考えずに岩波書店の編集者やまとさんに電話。サマーさんにあきれられながら、あつかましくも特別鑑賞券を2枚届けていただき、締め出されたほかのお客さんを尻目にお目当ての回で観ることができたのでした。


やまとさん、ほんとうにありがとうございましたmm。











文庫トップページ  http://www.rorupanbunko.com/




『木かげの家の小人たち』ギリシャ語版

いぬいとみこ先生の代表作『木かげの家の小人たち』が、ギリシャで翻訳出版されました。

CIMG6543












ロールパンは、5年前(2009年9月)に旅行でギリシャに行きましたが、ヨーロッパの社会のそこここにアジアの文化がとけこんでいて、なおかつ、遺跡や古い街並のなかで人々が普通に暮らしている、なんとも不思議な魅力でいっぱいの地中海の国でした。
CIMG0216CIMG0244CIMG034418-25ギリシャ旅行 411






そんなギリシャの子どもたちが、いぬい先生の書いた物語を読むなんて。


ギリシャ語がわかる方は少ないと思いますが…
(ロールパンもまったくちんぷんかんぷんです。
そういえば、「ちんぷんかんぷん」は英語でGreek(ギリシャ語)っていいます)

ヨーロッパとアジアの融合のようなミステリアスな挿絵、どうぞお楽しみください。

CIMG6544CIMG6545










CIMG6546












ご遺族の清水慎弥さんから三冊いただきましたので、

一冊は大阪国際児童文学館へ寄贈し、
一冊はきのしたあつこさんにお送りし、
一冊はロールパン文庫の「いぬいとみこ先生コーナー」で保管しています。

ご興味ある方、ぜひ見にいらしてください。

CIMG6547















文庫トップページ http://www.rorupanbunko.com/








7月の文庫スケジュール

ロールパン文庫について

◆文庫開放は原則として水・土の2:00~7:00です

    本の閲覧、借出、返却ができます。
◆月一回おはなし会があります。よみきかせとかみしばい中心です。月によってワークショップやゲーム、親子サイエンス体験も行います。
◆おはなし会に10回参加するごとに、絵本などのプレゼントがあります。


   7月の文庫スケジュール

◆文庫開放日   
    7/2(水)・7/5(土)・7/9(水)・7/12(土)
      7/16(水)・7/23(水)・7/26(土)・7/30(水)                           
            2:00~7:00  PM
                   

              
◆おはなし会
            7/25(金)
            午前の部 10:15~11:00
            午後の部 14:15~15:00  
                      ※夏休みにつき、午後も一回です。


        
        どなたでもおいでください。
            ※初めての方は保護者と一緒にいらしてください。

                 おまちしています!






                      文庫トップページ http://www.rorupanbunko.com/
















記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ロールパン・ママ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC