ロールパン文庫の伝言板

家庭文庫「ロールパン文庫」のブログです。 ホームページ http://www.rorupanbunko.com/

2014年11月

2014.11.28ロールパン文庫第44回おはなし会

第44回おはなし会をいたしました。

床暖房が入って初めてのおはなし会。
ぽかぽかで気もちよかったでしょうか?



第44回おはなし会の記録

11月28日(金)

午前の部 10:15~11:00

参加者:

◆世話人◆
ロールパン文庫主宰/ムーシカ文庫卒業生      小松原宏子(ロールパン)
児童書作家/ムーシカ文庫卒業生         吉川知保(こんこん)
練馬文庫連絡会運営委員              北美智子(こみち)
元ムーシカ文庫世話人              ともさん    
ロールパン文庫世話人              ゆんぬ
ロールパン文庫世話人              さまんさ
ロールパン友人                 尾形春子(はるぼう)

計7人



◆おかあさん◆
ふさこさん、あいこさん、あやこさん、れいこさん、あさこさん

計5人

◆こども◆
ありさちゃん(0歳)、ひなちゃん(1歳)、かなとくん(1歳)、さかえくん(2歳)、しおりちゃん(3歳) 

計5人 (男の子2人・女の子3人)

参加者計 17人


プログラム:
①『のびのびのーん』(読み聞かせ)        さまんさ
    川上隆子 作 / アリス館
②『ありがとう』(読み聞かせ)            こみちさん
    中川ひろたか 作  /   偕成社
③『ぼちぼちいこか』(読み聞かせ)         はるぼう
    マイク・タイラー 作  いまえよしとも 訳 / 偕成社
④『ちいさいわたし』(読み聞かせ)         こんこん       
    かさいまり 作   / くもん出版
⑤『かくれんぼ』(かみしばい)           ともさん
    瀬名恵子 脚本・絵   / 童心社
⑥クリスマスの布の絵本あそび            ロールパン
    ゆんぬ 作 (手作り) オリジナル


本日のトップバッターは、さまんさ。

のびのびのーん
川上 隆子
アリス館
1999-05


のびのび、のびのび、のびのびのーん。
つくしも、みみずも、みんなのびのび。

みんなものびのび大きくなってね!







つぎは、こみちさんの読み聞かせ。




「はい、どうぞ」「ありがとう」。

そのつぎは、「おすそわけ」。

そしてまた「ありがとう」。

ひとつの「ありがとう」の先に、さらなる「ありがとう」がひろがります。
どんどんあったかい世界がひろがって、
おとなも子どももしあわせになる絵本です。











そして、ロールパン文庫のおはなし会を一年以上お手伝いしてくれているはるぼうが、満を持してのデビューです♪
大阪生まれの大阪そだち。
さあ、底力を見せていただきましょう!

ぼちぼちいこか
マイク・セイラー 作
いまえよしとも 訳
偕成社
1980-07


たぶんおはなし会一年目くらいのときだと思いますが、ロールパンが果敢にもこの絵本に挑戦したことがありました。
「大阪弁準2級」を誇っていたロールパンですが、結果あえなく玉砕。関西出身のママ達の微妙なとまどいの笑みを見るに終わりました。

時を経て、「妹分」にリベンジを託したロールパン。
はるぼう、みごとに「姉」の期待に応えてくれました♪みなさまからも拍手喝采いただきました。

それにしても、この本、原題は"What can a hippopotamus be?"。
『かばくんはなにになれるでしょうか』。

何をやってもうまくいかないのにまったくめげないカバのポジティブストーリーと、ひょうきんなイラストの魅力があったとしても、やはりこれが『ぼちぼちいこか』でなかったら、これほどまでのロングセラーにはならなかったのではないかと思います。

絶妙なタイトルをつけ、全編おもろい関西弁で訳をつけた今江祥智さんには脱帽です。
「原書が翻訳者の作品になる」というのは、こういう瞬間をいうのでしょうね。

天国の今江さんにも拍手喝采。













読み聞かせのトリはこんこんです。

ともさんの特技が「おはなし会の日に雨を降らせないこと」であれば、こんこんの特技は「おはなし会の朝に電車を止まってもちゃんとまにあうこと」です。
今日も、ふたりともその特技をいかんなく発揮してくれました。横浜から遠路はるばる駆けつけてくれたこんこん、午前の部で読んでくれたのはこの一冊です。

ちいさいわたし
かさい まり
くもん出版
2013-02

ちいさいわたしはいろんなことがまだできない。
犬のルルのおさんぽも、よその人とのごあいさつも、ちゃんとできない。

でも、まだ、とちゅうだもん。いろんなことができるようになるとちゅうだもん。
いつかはきっとできるようになる。

おばあちゃんにもらったおおきいふくもいつか着られるようになる。

でも、けんかしたら、なかなおりは「いつか」じゃなくて、いますぐ。

いろんなことが「とちゅう」のわたし。「いつか」きっと大きくなる。
でも、いま好きなものは、これからもずっと好き。

「いま」のわたしも、「とちゅう」のわたしも、「いつか」のわたしも、みんな好き。


ちいさいとき、同じ文庫で本を読んでいたこんこんとロールパン。

「とちゅう」はずっと会わなかったけど、

おおきくなって再会してわかったことは、ちいさいときに好きだったことがいまもやっぱり好きなこと。
ね、こんこん。
「いつか」のわたしたちも、きっと本が好きだよね







かみしばいは、ともさんの『かくれんぼ』。

IMG_2746

『かくれんぼ』
瀬名 恵子
童心社
2005-04


くだものさんのかくれんぼ。

いちごさんもパイナップルさんも、じょうずにかくれますよ。

そしてみんなもじょうずにみつけましたね!
IMG_2766-2
















プログラムのさいごは、とっておきのおたのしみです!!


来月はクリスマス。そして11月30日からはアドベント(待降節)です。
ロールパンのもとには、ひとあしはやいサンタさんが来ました!!♪

ゆんぬからのクリスマスプレゼント。
「これでロールパン文庫の子どもたちと楽しく過ごしてね」

IMG_2729













クリスマスの、布の絵本です。ひらくと…

IMG_2726














もうすぐクリスマス!ツリーをかざろう☆

IMG_2723
















きれいにかざりつけができました。さあ、イブの夜は…?

IMG_2814
















ホッホー。さあ、子どもたちにプレゼントをくばらねば。
だれかてつだってくれる人はいないかな?

CIMG6278














ひとりひとりに、ぜーんぶちがうプレゼント。
みんなのくつしたに入れおわりましたよ。

さあ、そしていよいよクリスマス。みんなでごちそうとケーキを食べましょう!
IMG_2810

















骨付きチキンにサンドイッチ。


IMG_2714
















そしてさいごはおおきなおおきなクリスマスケーキ!!


すべて手作り、すべてオリジナルです。正真正銘の「世界にひとつ」。


世界にひとりのおともだちから、世界にひとつのプレゼントをもらったロールパン。


ことしも世界にひとつのクリスマスです

IMG_2740











♪      ♪      ♪

お昼は今日もともさんの手料理、ゆんぬ、さまんさの手作りデザート、そしてみなさまからの差し入れお菓子に舌つづみ。

みなさま、いつもほんとうにありがとうございます。

♪      ♪      ♪






午後の部 
  一回目 14:15~15:00 
  二回目 15:15~15:45


参加者:

◆世話人◆

ロールパン文庫主宰/ムーシカ文庫卒業生      小松原宏子(ロールパン)
児童書作家/ムーシカ文庫卒業生         吉川知保(こんこん)
練馬文庫連絡会運営委員              北美智子(こみち)
元ムーシカ文庫世話人              ともさん    
ロールパン文庫世話人              ゆんぬ
ロールパン文庫世話人              さまんさ
ロールパン友人                 尾形春子(はるぼう)

計7人


◆おかあさん◆
一回目 : ゆかさん、あかねさん、いづみ・Mさん、かずみさん、まさこさん、ゆみさん、たえこ・Kさん、ひろこ・Sさん、るみこさん、やすこさん、あさこさん、いづみ・Uさん
二回目 : たえこ・Oさん、くみこさん、ひろこ・Kさん
計14人

◆こども◆ 
一回目 : ゆずきくん(0歳)、ゆういちろうくん(1歳)、りんちゃん(2歳)、しょうたくん(2歳)、そうたくん(3歳)、るあちゃん(3歳)、のぞみちゃん(3歳)、しおりちゃん(3歳)、ゆいちゃん(5歳)、なゆたくん(5歳)、こうきくん(6歳)、りんくん(6歳)、あきとくん(6歳)、よしのりくん(6歳)、ふうあちゃん(6歳)、しょうたくん(6歳)、わたるくん(6歳)、はるとくん(6歳)、さとみちゃん(小2)、ふうかちゃん(小2)、のりこちゃん(小2)、みゆちゃん(小3)、みはるちゃん(小3)、ことはちゃん(小5)、ひなたちゃん(小5)
二回目 : あらたくん(0歳)、さきちゃん(4歳)、はるきくん(5歳)、れんくん(5歳)、しんたろうくん(6歳)、みきちゃん(小6)
計31人 (男の子16人・女の子15人)

参加者計 52人



プログラム:
①『へんしんコンサート』(読み聞かせ)              こんこん                 
     あきやまただし 作 / 金の星社
②『ピーターのいす』(読み聞かせ)                さまんさ  
     E・ジャック・キーツ作  きじまはじめ 訳 /   偕成社
③『どうながのプレッツェル』(読み聞かせ)           こみちさん
     マーグレット・レイ 作 わたなべしげお 訳 /  福音館書店 
④『ぼちぼちいこか』(読み聞かせ)                はるぼう
    マイク・タイラー 作  いまえよしとも 訳 / 偕成社
⑤『ちょうちんおばけ』(かみしばい)               ともさん
    やえがしなおこ 脚本  市居ゆか 絵 / 童心社 
⑥クリスマスの布の絵本あそび                  ロールパン
    ゆんぬ 作 (手作り) オリジナル


午後のトップバッターはこんこん。

へんしんコンサート (新しいえほん)
あきやま ただし
金の星社
2006-10


コンサートの司会は「きんぞう」さん。なぜかって?
ひみつはぜんぶ読んでから☆


ぜんぶ読んでも言われるまで気づかなかったロールパン。
でも、みなさんはきっとだいじょうぶ。

さいごにこんこんが言ってくれるから。「司会はきんぞうさんだったよね」って。
「へんしんコンサート」、ぜひお楽しみください♪






つぎは、こみちさんによる『どうながのプレッツェル』。

どうながのプレッツェル (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
マーグレット・レイ 作
わたなべしげお 訳
福音館書店
1978-10-20


世界一どうがながいダックスフントのプレッツェル。
どうがながいってすてきなことね。
ドッグショーでも優勝したし、プレッツェルはどうながが自慢でたまりません。
なのに、可愛いグレタは「どうなががきらいなの」。

プレッツェルはとうとうグレタのハートを射止めます。
でも、グレタはさいごまで、「あなたを好きになったのは、どうながだからじゃないのよ」。

ダックスフントのカップルですから、これは「見た目がいいからじゃないのよ」という意味ですね。

「どうながはかっこいい」っていうこの絵本。

いたく気に入ったどうながのロールパンです







つづいて、さまんさの『ピーターのいす』。

ピーターのいす (キーツの絵本)
エズラ=ジャック=キーツ 作
きじまはじめ 訳
偕成社
1969-10-01


いもうとがうまれたピーター。
つみきであそんでも、おかあさんに「しずかにしなさい」っていわれちゃう。
つかっていたゆりかごもしょくどういすも、おとうさんに、みんなピンクにぬりかえられた。

ちいさいいすがぬられる前に、ピーターはプチ家出。

おにいちゃんになってうれしいけれどちょっとさびしいふくざつな気もちのピーター。
それをみまもるやさしいおとうさんとおかあさん。

きっとしあわせなおとなになりますね、ピーター







そして、午後もはるぼうの『ぼちぼちいこか』。再演です。
ようちえん、小学校のおおきな子どもたちにはいっそう大ウケ。

ぼちぼちいこか
マイク・セイラー
偕成社
1980-07







さいごは、ともさんのかみしばい。



先月大好評だった、ともさんのおばけかみしばい。本日第二弾です♪

だれかの役に立ちたいちょうちんおばけ。
でも、みんなこわがって逃げてしまいます。

ひとりぼっちのちょうちんおばけ。
でも、「あかるくしてくれてありがとう」といってくれるおじいさんに出会い。。。

やさしいおばけとおじいさんの心あたたまるおはなしです。
先月のこわいおばけたちとはちがうテイストのおばけでしたが…

いやあ、やっぱりともさん、「おばけもの」うまいです







そして、午後もクリスマス絵本で大盛り上がりでした。

製作者であり、カメラ担当でもあるゆんぬが、ちょうどこの時間に席を外してしまっていて写真がないのが残念ですが、ともかく子どもたちはみな熱狂的に、それでも順番をまもってひとりずつ、布の絵本のマジックテープで心ゆくまで遊んでくれました。

「こんなふうに楽しんでもらいたい」という理想そのもののような子どもたちのすがたに感動。
ほんとに一部始終をビデオに収めておきたかったほどです。

でも、きっと、映像をとっておくより、毎年この絵本で楽しんでもらうのが「永遠」ということなのでしょうね。


昨年の赤ずきん人形にひきつづき、ロールパン文庫に豊かな時間をたっぷりプレゼントしてくれたゆんぬに、改めて感謝☆











11月生まれのおともだちは、わたるくんでした。
お誕生日おめでとうございますよい一年になりますように!


それから、今日はひなたちゃんが10回目の参加でプレゼントをもらいました。

たくさん来てくれてありがとう!これからもよろしくね☆


さらに今日はスペシャルゲスト!
ムーシカ文庫をひきついだ益子のまーしこ・むーしか文庫の卒業生で、現在は東京の図書館にお勤めのあきえさんが訪ねてくれたのです!!
IMG_2887







なんという感激。なんとう幸せ。
いぬいとみこ先生の蒔いたひとつぶの種は、ほんとうにあちらこちらで実を結んでいます。

文庫っていいなあ、と全身全霊で思える瞬間です。



♪     ♪    ♪


次回は12月23日(火)(祝)です。

     10:15~11:00  クリスマスおはなし会 

     11:00~12:30 おたのしみバザーとおみせやさんごっこ

   
    バザーの売上はおはなし会とおたのしみ会、文庫の本購入の費用に充てさせていただきます。
    ご協力よろしくお願いいたします。




文庫トップページ  http://www.rorupanbunko.com/  







2014.11.20さくまゆみこさんの読書会

11月の児童文学研究会に行ってまいりました。


日時:1120日(木)18時~

場所:青短本館2階会議室

テーマ:友だちとの関わりの中で

みんなで読む本:

ヴォルフガング・ヘルンドルフ『14歳、ぼくらの疾走』木本栄訳、小峰書店

まはら三桃『わからん薬学事始 1』講談社

ユッタ・リヒター『川かますの夏』古川まり訳 主婦の友社




今日は仕事が休みだったので、めずらしく自宅から直接行きました。

が、今日から文庫の床暖房工事が始まったので、家を出たのは6時過ぎです。あたりはもうまっくら。

しかも、こういうときにかぎって極寒のうえ、雨が降りはじめましたが…

ひさしぶりの長靴でのお出かけもまた楽しいものでした。


「われながら、よくこんな日にこんな時間から出かけるなあ」とひとりごとを言いましたら、そばにいたベビーロールがひとこと。
「好きなところに行くからじゃない?」

まさにそのとおり♪




今月の課題はこちら。

14歳、ぼくらの疾走: マイクとチック (Y.A.Books)
ヴォルフガング ヘルンドルフ
小峰書店
2013-10-24




わからん薬学事始1
まはら 三桃
講談社
2013-02-06




川かますの夏
ユッタ リヒター
主婦の友社
2007-06-01

kawa












遅れて行きましたが、久しぶりに最後までいられたうえ、さくま先生はじめメンバーの方々に「よみこん」選定のご協力までしていただきました。みなさま、ありがとうございました。




そして、これまた久しぶりに、渋谷でみなさんと食事をして帰ることもできました。

今夜四人で交わした会話、さくま先生のひとこと、ロールパンはこの先もずっと忘れないと思います。



好きな場所で、好きな人と、好きなことの話をするよろこび。



これからもまた、槍が降っても出かけていくんだろうなあ








さくまゆみこさんホームページ  : 子どもの本で言いたい放題
  http://members.jcom.home.ne.jp/baobab-star/dokusho/index.html


文庫トップページ   http://www.rorupanbunko.com/








2014.10.31ロールパン文庫第43回おはなし会

第43回おはなし会をいたしました。

天気予報では雨でしたが、またしても晴れました。
ハロウィーン当日にfall onで、子どもたちも仮装してきてくれて嬉しかったです。
CIMG6141IMG_2601IMG_2603IMG_2649







もちろんメンバーもはりきりましたよ。
みんなで魔女のマントをはおって、お互いに「似合うわねえ」って!?

黒マントのおばさんたちがぞろぞろ出てきて、子どもたちはこわくなかったでしょうか

CIMG6136(トリミング)




IMG_2600IMG_2599IMG_2596








第43回おはなし会の記録

10月31日(金)

午前の部 10:15~11:00

参加者:

◆世話人◆
ロールパン文庫主宰/ムーシカ文庫卒業生      小松原宏子(ロールパン)
児童書作家/ムーシカ文庫卒業生         吉川知保(こんこん)
国際子ども図書館非常勤調査員・杉並区中学校図書室司書
                        中野怜奈(レジーナ)
練馬文庫連絡会運営委員              北美智子(こみち)
元ムーシカ文庫世話人              ともさん    
ロールパン文庫世話人              ゆんぬ
ロールパン文庫世話人              さまんさ
ロールパン友人                 尾形春子(はるぼう)

計8人



◆おかあさん◆
あいこさん、あやこさん、まきよさん、のりこさん、れいこさん、かずみさん、ちさとさん

計7人

◆こども◆
ひなちゃん(1歳)、かなとくん(1歳)、ゆうたくん(1歳)、おうきくん(2歳)、さかえくん(2歳)、しょうたくん(2歳)、りんちゃん(3歳) 

計7人 (男の子5人・女の子2人)

参加者計 22人


プログラム:
①『おかあさん どーこ?』(読み聞かせ)      さまんさ
    わかやましずこ 作 / 童心社
②『まる さんかく ぞう』(読み聞かせ)       レジーナ
    及川賢治 作  / 文溪堂   
③『もじゃらんこ』(読み聞かせ)          レジーナ
    きしだえりこ 作  / 福音館書店
④『魔女たちのあさ』(読み聞かせ)         こんこん       
    エドリアン・アダムズ 作    奥田継夫 訳 / アリス館
⑤『よくきたね』(読み聞かせ)           こみちさん
    松野正子 作 / 福音館書店
⑥『へんなかお』(読み聞かせ)           こみちさん
    大森裕子 作 / 白泉社
⑦『にじくまさん』 (かみしばい)         ともさん
    武鹿悦子  脚本  福田岩緒 絵 /  童心社
⑧Trick or Treat! (ビンゴゲームとハロウィーンのおたのしみ) 
                          ゆんぬ・ロールパン 



トップバッターはさまんさです。


おかあさんをさがすときの、みんなの気もち。
おかあさんがいないときの不安とかなしさ、
おかあさんがみつかったときのこのうえもないよろこび。

そういう気もちって、何歳くらいまで持つものなのでしょう。

ロールパンにとっては遠い昔。
でも、今でも忘れないのは、「初めて見たこわい夢」が、おかあさんがいなくなる夢だったことです。
どこかの山道でおかあさんとはぐれてしまう夢。
目が覚めてからも泣いて泣いて、となりで寝ていたおかあさんが抱きしめてくれてもまだ泣いていました。

そんなことがありました。あれはいくつの時だったのでしょう。



つづいて久々の登場、「伝説の読み手」レジーナです。
今日のメンバーの中で唯一の「若手」。黒マントの仮装でも可愛い魔女さんです。

それでも、絵本を持ったとたんにがらりとその場の空気が変わるところはさすが。
ホンモノの「魔法」かも。

まるさんかくぞう
及川 賢治
文溪堂
2008-05


「まる」「さんかく」…つぎは「しかく」かと思ったら「ぞう」。

「ん?」と思う間もなく、ちょっとふしぎですごく楽しいページが次々と。

レジーナがあたりまえのように読んでいくのがまた「ツボ」です。

「ぼうし ぼうし ぞう」。
今日の仮装パーティーにも何気にマッチしています



つづいてレジーナもう一冊。

もじゃらんこ (0.1.2.えほん)
きしだえりこ
福音館書店
2011-01-15


もじゃらんこ、どこいくの?

「わからん わからん もじゃもじゃ あっち じゃらじゃら こっち」

もじゃらんこ、どこいくのでしょう。

というより、もじゃらんこって誰…?

これまた今日のハロウィーンの日にふさわしく、ふしぎにおかしい一冊です。



三番手は2ヶ月ぶりのこんこんです。
いつも遠くからありがとうございます。毎回こんこんのチョイスにはうならされます。


    作: エドリアン・アダムズ
    訳: 奥田 継夫
    出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!




    ちょっとこわそうな表紙ですが。。。

    夜に活躍の魔女たちは、そういえば朝はどうしているのでしょう?

    タイトルだけでも興味津々ですね。
    中身ものぞいてみてください。
    魔女たちにもどうやらこわいものがあるようですよ♪




    そしてベテランこみちさん登場。

    よくきたね (0.1.2.えほん)
    松野 正子
    福音館書店
    2009-06-10


    よちよちあるきのあかちゃんが、ママのところへ。

    「よくきた よくきた いいこ いいこ」。


    あかちゃんにとっては長旅ですものね。
    ○十年前はロールパンもわが子にそう言っていたものでした。


    そういえば、長女シュガーロールは先月うちから徒歩5分のところに引っ越してきました。


    以来、週一ペースくらいで顔を出すようになりましたが。。。


    こんど来たら言ってみましょうかね。「よくきたよくきた いい子いい子」って。


    ベビーロールには「また来たの?」って言われてますが




    そして、こみちさん「おまけのもう一冊」『へんなかお』。



    いやはや、予想を大きく上回る「へんなかお」のどうぶつたちです。

    巷では「ヘン顔」なるものが流行っていますが…


    これにはきっとかなわないでしょう。女子高生も完敗ですね




    そしておたのしみ・かみしばいはともさんです。

    IMG_2506『にじくまさん』 (かみしばい)         

    武鹿悦子  脚本  福田岩緒 絵
     /  童心社


    くまさんは、お花にたくさんお水をあげようと、おおきなじょうろを買いに行きます。

    でも、お水をいっぱい入れたら重たくて…

    試行錯誤のやさしいくまさんがさいごに見たものはなんだったでしょう

    みんなも見られるといいですね。にじくまさんと同じもの





    今日はさかえくんが10回目の参加でプレゼントをもらいました。
    CIMG6145





    たくさん来てくれてありがとうまた来てね!



    ハロウィーンのおたのしみは、恒例のタトゥーシールと仮装しての記念撮影、そしてビンゴゲームとTrick or Treatです☆


    CIMG6152IMG_2559IMG_2592CIMG6177CIMG6176





    IMG_2553IMG_2554IMG_2558IMG_2564IMG_2590




    IMG_2568IMG_2574IMG_2577IMG_2583IMG_2584IMG_2587





    Happy Halloween!! みんな楽しんでくれたかな!?


    ♪      ♪      ♪

    お昼はメンバーのみんなもHappy Halloween!
    CIMG6138CIMG6139CIMG6140





    ともさんのお昼ごはんはじめ、みなさまの差し入れや手作りデザート、いつもほんとうにありがとうございます!

    ♪      ♪      ♪

    午後の部 
      一回目 14:15~15:00 
      二回目 15:15~15:45


    参加者:

    ◆世話人◆

    ロールパン文庫主宰/ムーシカ文庫卒業生      小松原宏子(ロールパン)
    児童書作家/ムーシカ文庫卒業生         吉川知保(こんこん)
    練馬文庫連絡会運営委員              北美智子(こみち)
    元ムーシカ文庫世話人              ともさん    
    ロールパン文庫世話人              ゆんぬ
    ロールパン文庫世話人              さまんさ
    ロールパン友人                 尾形春子(はるぼう)

    計7人


    ◆おかあさん◆
    一回目 : あかねさん、あさこさん、ひとみさん、くみこさん、るみこさん、かずみさん、ゆみさん、たえこ・Kさん二回目 : まきよさん、たえこ・Oさん、あきさん
    計11人

    ◆こども◆ 
    一回目 : ゆういちろうくん(1歳)、しおりちゃん(3歳)、あいこちゃん(3歳)、さきちゃん(4歳)、ゆいちゃん(5歳)、ななみちゃん(5歳)、しょうたくん(6歳)、ふうあちゃん(6歳)、りゅうせいくん(6歳)、あきとくん(6歳)、よしのりくん(6歳)
    二回目 : ゆうたくん(1歳)、たくやくん(5歳)、はるきくん(5歳)、れんくん(5歳)、ようたくん(小1)、しんたくん(小3)、ひなたちゃん(小5)、ことはちゃん(小5)、みきちゃん(小6)、みよちゃん(小6)

    計21人 (男の子11人・女の子10人)

    参加者計 39人



    プログラム:
    ①『おばけパーティー』(読み聞かせ)             さまんさ                 
         ジャック・デュケノワ 作 おおさわあきら 訳 / ほるぷ出版
    ②『あたしもすっごい魔女になるんだ!』(読み聞かせ)     こんこん
         ミッシェル・ヴァン・ゼブラン 作 金原瑞人 訳 /  小峰書店 
    ③『しつれいですが、魔女さんですか』(読み聞かせ)     こみちさん
         エミリー・ホーン 作  江國香織 訳 /  小峰書店
    ④『へんなかお』(読み聞かせ)               こみちさん
        大森裕子 作 / 白泉社
    ⑤『ばけものでら』(かみしばい)              ともさん
         水谷章三 脚本  宮本忠夫 絵 /  童心社

    スペシャル:『ハロウィンナー』(読み聞かせ)(2回目のみ)  さまんさ

    ⑥Trick
    or Treat! (ビンゴゲームとハロウィーンのおたのしみ) 
                              ゆんぬ・ロールパン 




    午後もトップバッターはさまんさです。
    たいてい午後はお仕事でお帰りになるさまんさ、先月と今月はおはなし会のためにシフト交替してくださいました。本当にありがとうございます。

    おばけパーティ
    ジャック デュケノワ
    ほるぷ出版
    1995-06


    ロールパンも大好きな一冊!

    主人公アンリがおばけ仲間とパーティーをします。

    おばけならではのゆかいなパーティー。
    でも、アンリ、いったいどこにいるの?

    。。。そもそもゲストのおばけとアンリの区別がまったくつかないけれど


    続いてこんこん。
    あたしもすっごい魔女になるんだ! (魔女のえほん)
    ミッシェル・ヴァン ゼブラン 作
    金原瑞人 訳
    小峰書店
    2004-10


    ゼルダは、じっさい、すっごい魔女になりました。

    なにしろ本物の魔女であるママをカエルに変えてしまったのですから。

    でも、もとにもどす魔法を知らなくて…

    ママがいなくてさびしくなってしまったゼルダ。このあといったいどうなるのでしょう!?



    続いて、こみちさんも魔女のおはなしです。ハロウィーン全開!
    しつれいですが、魔女さんですか (魔女のえほんシリーズ)
    エミリー・ホーン作
    江國香織 訳
    小峰書店
    2003-10-22


    ひとりぼっちの黒ねこハーバードは、図書館で魔女の本を読みます。
    魔女が黒ねこを愛してくれることを知ったハーバード。町へ魔女さがしに出かけます。

    それらしい人を見つけては、「しつれいですが、魔女さんですか?」。

    礼儀正しく聞いているのに、そのたびに相手を怒らせてしまうハーバード。

    たしかに知らない相手にいきなりそう言われたら怒るかもね


    でも、いちどくらいは「ええ、そうですよ」と言って魔法を使ってみたいロールパンです



    続いてこみちさんの二冊目。
    午前に好評を博した『へんなかお』再演です!


    午後のおおきい子どもたちにいっそうウケまくりました。大成功!



    さいごは、ともさんのかみしばいです。
    IMG_2507


    『ばけものでら』
    水谷章三 脚本
    宮本忠夫 絵


    ある日、旅のおぼうさんが、村人たちのこわがっている『ばけもの寺』に泊まります。
    夜中にあらわれた化け物たちは、「正体わかるか、わからにゃ食うぞお!」と、おぼうさんをおどかします。

    ばさっ、ばさっ、ばんばらりん
    からころからころ かんころりん
    どろろんどろろん どんどろろん
    じゃんがらじゃんがら じゃんがらりん
    おしょろおしょろ おしょろしょろ

    ともさん、一気読みおつかれさまでした~

    食われそうなおぼうさまより、ともさんのほうが心配になってしまったロールパンですが、あまりのリズムのよさとおもしろさに、思わず声を出して笑ってしまった私をおゆるしくださいmm。


    今日は、遅く来た子どもたちがいたので、番外編スペシャルも。
    さまんさに急遽一冊読み聞かせをしてもらいました。
    ハロウィーン絵本のなかでもロールパン文庫イチオシの『ハロウィンナー』です。


    おかあさん思い、友だち思いのオスカーの物語は、何回読んでも胸きゅんです。





    10月生まれのおともだちは、さきちゃんとしょうたくんとたくやくんでした。
    IMG_2623IMG_2622IMG_2668




    お誕生日おめでとうございますよい一年になりますように!


    それから、今日はふうあちゃんが10回目の参加でプレゼントをもらいました。
    IMG_2625




    そして、れんくんとはるきくんが40回目の参加でプレゼントをもらいました。

    IMG_2671IMG_2670





    みんな、たくさん来てくれてありがとう!これからもよろしくね☆


    午後もハロウィーンのおたのしみ会、もりあがりました♪
    IMG_2629IMG_2631IMG_2632IMG_2634IMG_2635




    IMG_2636IMG_2641IMG_2643IMG_2646IMG_2654





    IMG_2663IMG_2664IMG_2682IMG_2680IMG_2673IMG_2684




    IMG_2685IMG_2686IMG_2687IMG_2690IMG_2691IMG_2693




    IMG_2699IMG_2700IMG_2702






    ♪     ♪    ♪


    次回は11月28日(金)です。

        午前の部  10:15~11:00     
        午後の部  ①14:15~15:00  
              ②15:15~16:00  
                

    午前と午後は別プログラムです。ご都合のつく方はぜひ両方ご参加ください。


    クリスマス&お正月グッズのプレバザーをいたします。
    売上はおはなし会とおたのしみ会、文庫の本購入の費用に充てさせていただきます。
    ご協力よろしくお願いいたします。




    文庫トップページ  http://www.rorupanbunko.com/  






    学研『若草物語』出版のおしらせ

    このたび学研から「10歳までに読みたい世界名作シリーズ第5巻『若草物語』」が出版されました。

    ロールパンが編訳を担当させていただきました。



    若草物語 (10歳までに読みたい世界名作)
    ルイザ・メイ オルコット 作
    小松原宏子 編訳

    学研教育出版
    2014-10-14



    クリスマスで始まり、クリスマスで終わる『若草物語』。
    この時期どうぞお楽しみください。プレゼントにもぜひ



    ちなみに、シリーズの第1巻は村岡恵理ちゃん編訳『赤毛のアン』、


    赤毛のアン (10歳までに読みたい世界名作)
    ルーシー・モード モンゴメリ 作
    村岡花子 訳
    村岡恵理 編

    学研教育出版
    2014-06-24



    第6巻は芦辺拓先生編訳の『名探偵シャーロック・ホームズ』です。


    名探偵シャーロック・ホームズ (10歳までに読みたい世界名作)
    コナン・ドイル 作
    芦辺拓  編訳

    学研教育出版
    2014-10-14




    2巻『トム・ソーヤ―の冒険』は那須田淳さん、3巻『オズのまほうつかい』は立原えりかさん、4巻『ガリバー旅行記』は芝田勝茂さんの編訳です。

    錚々たる方々と同じシリーズでお仕事させていただくことができてほんとうに光栄です。



    名作の編訳というのは初めての経験でしたが、翻訳と創作のあいだのような、楽しくて勉強になるお仕事でした。

    10歳までといわず、10歳より大きい方もぜひいちどお手にとってご覧ください。
    86歳になろうとしている老母は「これ、わたしにちょうどいい!」と言っています
    29歳のシュガーロールも「読みやすかった~」と


    子どももおとなも、これを機会に完訳版や原書をひもといていただけたら幸いです。







    文庫トップページ  http://www.rorupanbunko.com/











    展覧会「絵本の森へようこそ」のおしらせ(いぬいとみこ先生作品展示)

    ◆いぬいとみこ先生関連イベントのおしらせです◆






    2014/10/11(土) ~ 2014/11/24 (月)
    石神井公園ふるさと文化館 / 練馬ゆかりの文化人に関する展示室
    展覧会「絵本の森へようこそ-練馬区ゆかりの絵本作家・童画家・児童文学者たち-」


    【イメージを拡大する】


    【イメージを拡大する】

    石神井公園ふるさと文化館分室では、展覧会「絵本の森へようこそ-練馬区ゆかりの絵本作家・童画家・児童文学者たち-」を開催します。赤坂三好・井口文秀・いとうひろし・いわさきちひろ・鈴木寿雄・馬場のぼる・茂田井武の7名を中心に、書籍や原画を通して、子どもたちが親しんできた絵本の世界をご案内します。
    また、9名の児童文学者-いぬいとみこ・大木雄二・角野栄子・久保喬・神宮輝夫・立原えりか・谷真介・藤田圭雄・松谷みよ子の代表作もあわせてご紹介します。


    会期:平成26年10月11日(土)~11月24日(月・休)
        9:00~18:00

    休室日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)

    会場:石神井公園ふるさと文化館分室
        1階「練馬区ゆかりの文化人」展示室
        (石神井松の風文化公園管理棟内)

    観覧料:無料

    問い合わせ:石神井公園ふるさと文化館分室
           TEL03-5372-2572 
           FAX050-3352-2983



    ※ロールパン文庫トップページ  http://www.rorupanbunko.com/

    ※ムーシカ文庫関連ページ    http://www.rorupanbunko.com/moussika/














    11月の文庫スケジュールとプレバザー&クリスマスバザーのお願い

    ロールパン文庫について

    ◆文庫開放は原則として水・土の2:00~7:00です。
        本の閲覧、借出、返却ができます。
    ◆月一回おはなし会があります。よみきかせとかみしばい中心です。月によってワークショップやゲーム、親子サイエンス体験も行います。
    ◆おはなし会に10回参加するごとに、絵本などのプレゼントがあります。


       11月の文庫スケジュール

    ◆文庫開放日   
        11/1(土)・11/5(水)・11/8(土)・11/12(水)・
          11/15(土)・11/19(水)・11/26(水)・11/29(土)                             
                2:00~7:00  PM
          ※ 11/22(土)はお休みです。
                 

                  
    ◆おはなし会
                11/28(金)

              
             午前の部  10:15~11:00 (対象:おもにベビー~3歳)
             
             午後の部  ①14:15~14:45
                   ②15:15~15:45
                                (対象:どなたでも)

                    午前と午後はちがうプログラムです。
                    午後の①と②はおなじプログラムです。

                           
            どなたでもおいでください。
                ※初めての方は保護者と一緒にいらしてください。

                     おまちしています!

    ◆秋冬物文具を中心にプレバザーをいたします。
     おはなし会の貴重な財源になりますので、ご協力よろしくお願いいたします。


    ◆12月23日(火)(祝)にクリスマス会をいたします。おたのしみ会とバザーも同時開催です。
      バザーにご出品いただける方、11月28日(金)~12月20日(土)に文庫にお持ちください。

      集めるもの:贈答品、手作り品、食品、文具、雑貨、子供服(洗濯済みのもの)、
               アクセサリー、その他不用品
           ※以下のものは新品のみお願いします。
              タオル、ふきん類・おとな用衣類・調理器具
           ※食品は賞味期限に余裕のあるものをお願いします。

    お店屋さんごっこに使いたいので、商品のおまけや販促品、サンプルなども大歓迎です。


                      よろしくお願いいたします!






    トップページ : 
    http://www.rorupanbunko.com/














    記事検索
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    プロフィール

    ロールパン・ママ

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ

    ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
    Powered by KAYAC