2009年05月27日

アイシテル〜海容〜 第七話「僕は死刑になるの? 」2

面会に応じてくれた智也(嘉数一星)に、さつき(稲森いずみ)は
涙ぐむ。震える声で智也に体を気遣うさつきだが、智也は
さつきの目をじっとみつめ、さつきの体を心配する。
さつきから大丈夫だと聞き、安心する智也。
 


清貴(佐藤詩音)の担任が、聖子(板谷由夏)の家に清貴が
学校で作っていたじゃがいも届けに来てくれた。学校での
清貴の様子を聖子は聞き、しっかりしていてたくましかったと
言われ、清貴の意外な一面に聖子は驚く。
 
さつきの書いた手紙を届けにきた富田(田中美佐子)。
手紙をみると殺された現実を思い出すと、辛そうな聖子だが、
「読んではみます」と手紙を受け取ってくれる。
「この手紙を書いたお母さんもきっと苦しんでると思います。
同じ母親として気持ちを知りたいので。
でも、これで最後にしてほしいと伝え願えますか?」
 
息子があのような罪を犯してしまったのは私達の罪である事。
息子が大切な時に何も気づいてやれなかった過ち。愚かさ。
許してもらえるなんて思っていないが、一生かかって償って
いくので、生きていくことをどうか許してほしいということ。
そんなさつきの手紙を読み、聖子は涙を零した。
 
智也との面会で、さつきは智也に優しく言葉をかける。
「これからは苦しいこともつらいことも全部ともやと一緒に
受け止めたいの。これからはお母さんと一緒に歩いていこ」
少し驚いたような顔で、さつきをみつめる智也。
カブトムシの幼虫がさなぎになった報告をすると、智也は
カブトムシの育て方について詳しく話し出す。
「それで成虫になったら…」
しかし、言いかけて途中で辞めてしまい、智也へ面会室を
出てしまう。
 
酔って帰ってきた秀昭(佐野史郎)は、さつきからまた手紙が
届いていると知り、腹を立てる。全部忘れた方がいいという
秀昭だが、聖子はそれは違うんじゃないかと秀昭に言う。
「全部を知って、受け入れることでしか前に進めない」
聖子に意見を、受け入れようとしない秀昭。
 
久しぶりの富田との面談。
「おばさん。僕はいつまでここにいるの?」
「智也くんが全部話してくれるまでだよ」
両親も智也の罪の重さを一緒に背負っていく事を望んでいる。
自分は死刑だと思っている智也に、富田は言う。
「命は何故重く、かけがえのないものなのか、その答えを
知るために、智也君は生きていかなければいけないの。
苦しいかもしれないけど、智也君ならそれができるよ」
 
秀昭は手紙を返しに行くが、中傷ビラだらけのさつきの
家を見て、手紙を返さずに帰ってくる。
その夜、秀昭が家のゴミ箱にこっそり捨てていた手紙を、
美帆子(川島海荷)は読んでしまう。

夜中、布団の中で智也は清貴との事を思い出す。
お母さんは帰ってこないと言った智也に、清貴が怒って
言い返した言葉。
「お兄ちゃんはすごく悪い子なんだ。だからみんな
お兄ちゃんが大嫌いなんだ」
智也は夜中に取り乱して叫び声をあげる。
 
翌朝、智也は富田に全て話すと呼び出した。
富田から連絡を受けたさつきも、慌てて鑑別所に向かう。
 


(つづく)


なんだか今回は、丸ごと一話別にいらなかったんじゃ
「おばさん全部話すよ」のシーンは何度もテレビで流れて
いただけに、また来週まで引っ張るんかいっ!
と少々呆れる回でした。
 
一応展開としては多少はありましたが、先週と来週に
詰め込めばいい程度だし…。
秀昭が相手の家の嫌がらせの状況を知って、どう思ったの
でしょうか。手紙をポストに突っ込んでこなかったところを
みると、ちょっぴりでも同情する気持ちがあったのでしょうか。
聖子は、さつきに対して共感して涙を流す。
美帆子も手紙を読んで何を思ったのか。
きよたんの意外な一面を知ったのは、今後きよたんの暴言
を言うような子に育てたことを悔やむフラグ?? 

またしても嫌がらせが始まったさつきの家ですが、
彩乃(田畑智子)が気を使って実家で暮らすことになるの
でしょうか。そこでも嫌がらせは続くのでしょうね…。
 
さつきが変わったことで、智也の気持ちも変わっていく。
こんな時でも母親らのことを気遣う優しい智也。
やっと話す決意をしたようです。
きよたんは…うざいし腹が立つと思うけど、あんなガキは
世の中にはいっぱいいるわけで、、、。
加害者の家族を中心にかいてるから仕方ないのですが、
きよたんだけが悪者のようにかかれてるのが、ちょっと気に
なってしまいます。

 

 

1話 2話 3話 4話 5話 6話


【原作】 伊藤実「アイシテル〜海容〜]
【脚本】 高橋麻紀 吉本昌弘
【演出】 吉野洋 国本雅弘 久保田充
【主題歌】 「アイシテル」MONKEY MAJIK(binyl records)
【挿入歌】 「うつし絵」新垣結衣




アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス) アイシテル~海容 後編 (2)
アイシテル
アイシテル
posted with amazlet at 09.04.15
MONKEY MAJIK
binylrecords (2009-06-10)
売り上げランキング: 80912
うつし絵(通常盤)

butubutu07 at 23:25│Comments(0)TrackBack(7) 09年4月期ドラマ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アイシテル〜海容〜 第7話  [ Happy☆Lucky ]   2009年05月27日 23:31
第7話
2. アイシテル−海容− 第7話 扉がひらくとき  [ レベル999のマニアな講義 ]   2009年05月27日 23:34
『僕は死刑になるの?』内容さつき(稲森いずみ)は、ふたたび被害者家族への手紙を書き、その手紙を葉子(田中美佐子)に手渡すのだった。『生きていくことを許していただきたい』ただ、その一心だった。数日後、少しだけ前向きな気持ちになり始めた小沢家では、生前、清...
「アイシテル-海容-」第7話は再び清貴ちゃんの家族へ手紙を書いたさつきは智也との面会で智也の心を開こうと接するが智也は最後の扉を開けない。一方聖子は富田からさつきの手紙を受け取り、さつきの心境を読んでいく内にその苦しみを感じて涙する。その手紙を受け取った事....
4. アイシテル〜海容〜 第7話  [ shaberiba ]   2009年05月28日 00:40
「僕は死刑になるんでしょ・・?」 --あなたは生きていくの。いろいろなことを知るためにね。たとえば・(中略)・ 命はなぜ重くかけがえ??.
5. 『アイシテル??海容??』 第7話  [ 美容師は見た… ]   2009年05月28日 15:33
「僕、全部話すよ」ってここで終わる?やっぱりまだまだ引っ張るのね┐(´-`)┌「二度めの手紙となります」って書き出しは必要だったんでしょうかねぇ。時期尚早な二度目の手紙とも思えますが、さつきが「生きてることの意味」を見せないといけないですしね、この手紙が小沢...
6. アイシテル〜海容〜 第7回 感想  [ ぐ〜たらにっき ]   2009年05月28日 19:00
『僕は死刑になるの?』
7. 「アイシテル〜海容〜」 第7回  [ トリ猫家族 ]   2009年05月28日 22:57
 今回は、智也(嘉数一星)が最後の扉を開けてくれる前の、揺れ動くそれぞれの家族の姿が描かれました。  自分が生きていく事の意味を「智也が犯した罪を一緒に背負い、共に生きていく事だ」と気づいたさつき(稲森いずみ)は、小沢家に宛てた手紙を富田(田中美佐子)....

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Profile

みんと

ブログリスト


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ランキング赤

F2

記事検索
楽天市場