2010年12月14日

ギルティ 悪魔と契約した女 第十話「遂に登場・黒幕の素顔」3

堂島(唐沢寿明)を自殺に追い込んだ疑いで逮捕された
宇喜田(吉田鋼太郎)が逃走し、そのまま姿をくらました。
一方、真島(玉木宏)は芽衣子(菅野美穂)に復讐を
止めさせようと自分のマンションに閉じ込め、宇喜田は
自分が捕まえると約束。
堂島が死ぬ前に言い残したことを聞き出そうとするが、
芽衣子は何も話そうとしない。 
捜査一課では、宇喜田の行方を追う万里(吉瀬美智子)や
門倉(RIKIYA)らが、不祥事を隠蔽しようと宇喜田を
指名手配しない警察上層部の対応にいら立っていた。
そんな折、真島が現れ、辞表を撤回して宇喜田の捜索に加わる。
その頃、宇喜田はある大物代議士の家に潜んでいた…。  
まもなく、芽衣子の監視を頼まれて真島のマンションにやって
来た万里は、芽衣子が姿を消していることに気づく。
芽衣子はマンションを抜け出し、ペットサロンに来ていた。
店を辞めたいと言い出す芽衣子に驚く琴美(横山めぐみ)と
彩乃(滝沢沙織)。そんなとき、芽衣子に電話が入る。
「堂島から預かった原稿のデータを渡せ」と芽衣子を脅す
聞き覚えのあるその声…。
ペットサロンの襲撃をほのめかす言葉にハッとなった
芽衣子が外を見ると、宇喜田が店の前に立っていた。
                                    
       

宇喜多を追おうとしていた芽衣子を、真島は暴行の現行犯だと
逮捕して拘束をする。真島なりの芽衣子の守り方だった。

万里に堂島とのことを問われてる中、宇喜多から店にいると
電話が入る。芽衣子は「また人が死ぬ事になる」と、万里に
ここから出してくれるように必死に頼む。
 
約束の場所で芽衣子と宇喜多は落ち合った。
USBは持ち歩いていないという芽衣子に、宇喜多は拳銃で
脅して案内するように命令をする。
車の影に隠れていた万里に気づいて発砲をする宇喜多。
宇喜多はその場から余裕の逃走を図る。
 
芽衣子と宇喜多の事を聞いた真島は、血相を変えて戻った。
そんな真島を見て、芽衣子は真島との出会いだったアンを
救出してくれた時のことを思い出して話す。
アンのことを羨ましがる芽衣子に、真島はまわりも自分も
君のことを大切に思っていると告げる。
だが、芽衣子は今の私は大切になれるような人間じゃないと、
真島の声は届かない。
甥に禁止されてるチョコレートをあげた自分が悪かったと、
自分を責め始める芽衣子。母親は愛人を作って出て行った
父親とそっくりの芽衣子をずっと嫌っていた。
だから人が喜ぶ顔がどうしてもみたかったのかもしれないと。
真島は芽衣子の頭を優しく撫でて慰める。
 

三沢から連絡を受けた芽衣子は、署内に宇喜多を呼び出す。
準(柏原収史)が偽の目撃情報を流し、署内の刑事は
総動員していて誰もいなかった。
 
どうして私に罪をなすりつけたかと芽衣子は宇喜多に問う。
「お前が生きる価値もないどうでもいい安い人間だったからだよ」
宇喜多はそう吐き捨て、面白おかしく犯行を話し出す。
「恨むなら守られる価値もない自分を恨め」
「必ずあなたに罪を償わせる」
「なら、その口をふさぐまでだ」
宇喜多は芽衣子に銃口を突きつけた。撃っても正当防衛に
なると自信満々の宇喜多だったが、芽衣子は「ありがとう」と、
笑い出す。芽衣子は電話のスピーカー機能をで記者クラブと
会話が通じていたのだ。
 
そこに怪しんで隠れていた万里が登場。
「最低な人間」万里の宇喜多に対する怒り。
ゆっくり近づいた万里を、宇喜多は隙をついてねじ伏せて、
また拳銃を手にする。

万里からメールで連絡をもらっていた真島が、駆けつけて
ドアを蹴破りはいってくる。
そこには、腕の中の芽衣子に銃口を突きつけている宇喜多の
姿があった。躊躇する真島に芽衣子は叫ぶ。
「撃って!!」

万里が椅子を蹴飛ばし、それに注意がそがれた宇喜多に
真島は発砲した。肩を撃たれた宇喜多が芽衣子を話し、
万里が芽衣子を救出する。
宇喜多は最期に一服タバコを吸わせてくれて懇願するが、
真島はそれを許さない。
胸ポケットに手を入れた宇喜多は隠しもっていた拳銃を
すばやく抜くと真島に向けて発砲。
同時に真島も発砲する。
真島の銃弾は宇喜多の胸を貫いた。
 
椅子に倒れこんで絶命する宇喜多。
真島は拳銃を握り締めたまま、凍り付いたままだった。
そんな真島を見て、芽衣子はそっと姿を消す。
刑事や記者たちも戻ってきて署内は大騒ぎになる。
 
万里は宇喜多が持っていたUSBをパソコンから見て驚愕する。

真島が芽衣子の家に急いで向かうが、そこはすでにもぬけの
からになっていた。
 
自宅前で車から降りた準に着信が。
「堂島の原稿持ってきてあげたわよ、あなたの家まで」
準は物陰からでてきた芽衣子の姿を見て、ニヤリと笑う。

 

(つづく)


なんだか今回は突っ込みどころが多いですねぇ( ̄▽ ̄;)
宇喜多やりたい放題やん。
署内に呼び出して、なんで人っこ一人もいないのさ。
防犯とかなってなさすぎでしょ
芽衣子も携帯使いたい放題だし、没収しなくてもいいの?

万里も二度も不覚をとっちゃうし。
椅子で注意をそらしたので、一応プラマイ0?
もっと鍛えときなさいっって感じです。
 
宇喜多の壮絶な最期。
胸を撃たれたのにしばらく息があって、血を吹く派手な
演出とかありましたが、まるでコントをみているようでした
とりあえず、死んでサマーミロって奴ですね。
出世欲のために人を蔑み、罠に陥れて、平然と開き直る
その根性。腐ってますなぁ。
万里も真島も早く撃てよ!って思っちゃいましたが、
最期は撃って一安心でした。
 
そして、すぐに芽衣子を追いかけたはずの真島。
芽衣子の撤収の早さどんだけだよ
ってか、真島が道にでも迷ってきたのか?と。
 
来週は、いよいよラスボスの準が相手?
全ての謎が明らかに?
芽衣子と真島の恋もどうなるのか。





※誤字があるかもしれませんが、箇所をご指摘くださるか、
ご容赦ください。






1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話


【原案】 相沢友子 
【脚本】 大久保ともみ  平野悠希
【プロデュース】 吉條英希 稲田秀樹
【演出】 小林義則 植田泰史
【主題歌】「この夜をとめてよ」JUJU

この夜を止めてよ
この夜を止めてよ
posted with amazlet at 10.10.19
JUJU
SMAR (2010-11-17)
売り上げランキング: 1324


butubutu07 at 23:10│Comments(0)TrackBack(6) 10年10月期ドラマ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ギルティ 悪魔と契約した女 #10  [ ぐ〜たらにっき ]   2010年12月14日 23:11
『遂に登場 黒幕の素顔』
2. ギルティ 悪魔と契約した女 第10話 遂...  [ レベル999のマニアな講義 ]   2010年12月14日 23:13
『遂に登場 黒幕の素顔』内容宇喜田(吉田鋼太郎)が、堂島(唐沢寿明)を自殺に追い込んだとして、万里(吉瀬美智子)らにより逮捕された。だが宇喜田は、逃走し。。。。一方、真...
3. さらば宇喜田サザエ!ミサワホーム前で待ち合わせ(ギルティ 悪魔と契約した女#10)  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2010年12月14日 23:31
『ギルティ 悪魔と契約した女』パトカー内で門倉了@RIKIYAを襲い、宇喜田元@吉田鋼太郎逃亡!!!三沢準@柏原収史の父親“黒幕”民自党代議士・三沢豪法務副大臣は、津嘉山 ...
4. ギルティ 悪魔と契約した女 第10話 感想「遂に登場・黒幕の素顔」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2010年12月15日 00:24
ギルティ 悪魔と契約した女ですが、堂島(唐沢寿明)の犠牲により捕まった宇喜田(吉田鋼太郎)は手錠で刑事の首を絞めるという離れ業で脱出します。宇喜田は大物政治家親子に匿われていますが、野上芽衣子(菅野美穂)をはめた黒幕はこのラインです。 宇喜田は堂島が残した...
5. ギルティ 悪魔と契約した女 (第10話 12/14) 感想  [ ディレクターの目線blog ]   2010年12月15日 09:09
10/12からフジテレビで始まった『ギルティ 悪魔と契約した女(公式)』の第10話 『遂に登場・黒幕の素顔』の感想。 先週は3倍、ついに今週は5倍希釈ドラマ! 物語云々以前に、時間稼ぎと言うか、引き延びし過ぎって感じ。核心部分は、宇喜田(吉田鋼太郎)と芽衣子(...
6. ギルティ 第10話 感想  [ オタクと呼ばないで ]   2010年12月15日 22:26
フジ系ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」第10話の感想など。今回は野晒しの駐車場と、警視庁内部の2箇所で銃撃戦があり、息をのむ展開で楽しめました。榎本万里(吉瀬美智子さん)は、防弾チョッキを着ていたということなんですね、駐車場で宇喜田(吉田鋼太郎さん)に

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Profile

みんと

ブログリスト


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ランキング赤

F2

記事検索
楽天市場