2010年12月20日

流れ星 第十話 最終回「二人の決断」4

岡田健吾(竹野内豊)が警察に出頭した後、発熱し倒れた
槇原梨沙(上戸彩)は、神谷凌(松田翔太)の知り合いの
病院に入院する。  
一方その頃、槇原修一(稲垣吾郎)は岡田マリア(北乃きい)の
病室にいた。修一がじっと見つめる視線の先には、ぐっすりと
眠っているマリアがいた。
すると、修一はゆっくりとマリアの首に手を伸ばした。 
梨沙が目を覚ますと、そこには付き添っている神谷がいて、
梨沙は「あいつ(健吾)、本当に警察に行ったんだな?」と尋ねる。
すると神谷はうなずき、健吾の覚悟を理解するよう梨沙に促し、
落ち着いたら健吾と連絡をとってみたらと提案する。
しかし梨沙は「もういい」と言い、神谷に背を向けた。  
神谷が帰った後、梨沙が病室でぼんやりしていると、突然、
携帯電話が鳴った。画面を見るとそれは、修一からの着信だった。
しかし、梨沙はその電話には出ないでいた。
留守番電話には、修一から
「覚えてるか、前に頼むから死んでくれって言ったよな?
お兄ちゃんが梨沙にできることってそのくらいかな・・・
お前がいないと生きられないからさ・・・だから・・・」と
自殺を意図するメッセージが残されていた。
                                      
   

一年後

姿を消した梨沙は小さな魚のペットショップで働いていた。
 
屋上から飛び降りた修一は、病院での車椅子生活でリハビリに
励む日々。
自転車買って乗り方を教えてやるという修一に、
「自転車くらい乗れるよ。もうガキじゃねぇんだから」
梨沙は返す。
 
店HPの写真に梨沙がチラっと移っているのを留美(北川弘美)
から教えてもらった神谷は、梨沙に会いに店にやってくる。
マリアの絵が出展されている美術コンクールの作品展の
チケットを梨沙は神谷から受け取る。
 
作品展に向かった梨沙は、橋の上で楽しそうに話して写真を
撮っている、健吾たちをみかける。
幸せそうな健吾たちの姿をみて、梨沙は笑みを浮かべるが、
寂しそうな顔になり視線を落とす。
振り返った健吾は、梨沙によく似た後ろ姿をみつける。
 
閉館した美術館、梨沙は一人マリアの作品をみていた。
題名は「つながる命」
そこに、入ってくる一人の足音が。
ドキっとする梨沙だったが、それは神谷で梨沙は落胆の
表情をみせる。
 
「去年できなかったことを全部やりたい」
マリアは友達とふたご座流星群を見に行く約束をしていた。
お兄ちゃんは去年やりのこしたことはあるのかと、マリアに
問われた健吾は…。
 
配達作業をしていた健吾は、受付をした荷物の宛名の店に
梨沙の名前をみつける。
 
修一のベッドの上にかばんを置きっぱなしにしてしまった梨沙。
修一はそのかばんの中から、通帳を発見する。
そして、梨沙に何も言わずに入院費を払って退院した修一は、
杖を置いてスタスタとどこか目指して歩いていく。
 
修一に貯金を全部もっていかれてしまった梨沙は、神谷の
病院へ行き、愚痴をこぼす。
健吾とのことは全部夢だったんじゃないかと思うと寂しそうに
話す梨沙に、本当は夢じゃないって分かっているのでは?と
神谷はかえした。
 
健吾が家に帰ると、ポストにこれが入っていたと和子が
通帳を健吾に渡した。
毎日少しづつでも貯金をされていた通帳。
それを見た和子は、梨沙さんは私たちにお金を返そうと
していたのではないかと健吾に話す。
 
閉店する店に梨沙が寄り道をすると、店長が
「梨沙さんいますかって男の人きたよ」との伝言。
それを聞いて走り出しそうになった梨沙だが思いとどまる。
「アホな兄貴なんで」どうせ秀一だろうと。

水槽をみつめる梨沙に落ち着くもんねぇと店長が言うが、
「ホントはクラゲがいいんですけどね」と梨沙。
「フフ、兄弟揃ってクラゲ好き。お兄さんも言ってた。
クラゲ置いてないんですかね、って」
それを聞いて驚く梨沙。
「あの、もじゃもじゃ頭の人でしたその人」
「ううん全然」
「背が高くて無駄にイケメンでした?」
「ハハハ、無駄にイケメン分かる分かる」
梨沙は街の中を走り出した。
 
立ち止まり、梨沙のメモリーを開く健吾。
その時梨沙は反対の階段を登っていた。
あがったところで健吾をみつけた梨沙は慌てて後を追う。
しかし、見失ってしまい、梨沙は諦めて肩を落として帰る。

ふたご座流星群。
テレビのニュースを見た梨沙は立ち止まった。
 
展望台でクラゲの水槽の点検をしていた健吾。
そこに梨沙が。
クラゲを見て嬉しそうに近づく梨沙。
健吾が水槽の向こうから梨沙をみつけ、梨沙も健吾を
みつけて驚く。

「なんで来たんだよ」
「え?」
「店。来たんだろ」
健吾は通帳をポケットから出す。
「これ返そうと思って。ポストにいれたでしょ」
通帳を見て梨沙は驚き、急いで残高をチェックするが
お金は一円も使われていなかった。
戸惑いつつもホッとする梨沙。
「…。糞兄貴。余計なことしやがって」
「そっか」
「いらない」「いいよ」
二人は通帳の譲り合い。
「いいから」
健吾は通用を梨沙のかばんに入れる。
「どっち?流れ星」
「あっちかな」
指を指す健吾。
「こっからでは見えない」
梨沙はガッカリする。
「そうかな」
「あんたんちのクラゲ元気?」
「もういないよ。水族館に全部引っ越した」
「そうなんだ。今頃寂しいって泣いてんじゃないの」
「クラゲには脳がないからね、寂しいとか悲しいとか
そういう感情はないだよ」
「それ前に聞いた」
梨沙は笑い健吾に背中を向ける。

「外でたら見れるかな」
「梨沙」
健吾は梨沙の背中に呼びかける。
「ん?」
振り向いた梨沙を健吾はじっとみつめる。
「梨沙、一緒に帰ろう」
「それも前に聞いた」
梨沙は少しすねたような表情で、また健吾に背中を向ける。
健吾は目を瞑ると、梨沙を後ろからぎゅっと抱きしめた。
「帰ろう」
健吾は耳元で囁く。
「帰ろう」
何度もそう言って強く、強く抱きしめる。
梨沙は健吾の腕を掴むと涙を零した。
「……うん」
振り向いて強く健吾に抱きつく梨沙。
健吾も強く抱きしめ返す。
梨沙はほっぺにキスをし、健吾は笑い梨沙も笑う。
そして、二人はキスを交わす。


(おわり)
 

良かった~(´;ω;`)
実にいい最終回でした。
梨沙と健吾が幸せになって本当に良かったです
恋愛もので泣きそうになっちゃうの初めてかも。
ただ、出来ることなら15分でいいから延長ほしかったかな。
突然終わっちゃってえっって感じでした。
提供で二人がクラゲみながらいちゃいちゃしてるシーンが
流れてましたが、本編でみたかったもの。
キスシーンはちゃんとしてたのかな??
  
飛び降りちゃったもずくは、死んだかと思ったら車椅子で
生きておりました。なんとも悪運の強い奴だなぁ。
それでも通帳を見たもずくを見て、やっぱり反省なし?
と思っていたら、通帳から色々と読み取って健吾と梨沙の
キューピットに。
しかし、杖を置いてスタスタ歩き出したのには笑ったなぁ。
妹を一年間一人しめするために演技してたんかいっ。
そして、どっか女のところに電話をしていて、ひもで生きて
いく予定なのか。やっぱり働く気はなさそうです( ̄▽ ̄;)
 
神谷は病院やめて小さな医院で働いているようで。
でも北海道へ行くのかな。
「環境をかえるのはいい」とか言って、梨沙を遠まわしに
北海道に誘ってた?
やたらストーカーっぽかったです(⌒-⌒;)
神谷と梨沙も結構お似合いだったけど、やっぱり健吾が
いるからねぇ。
 
全体の感想として、久々に面白くはまった月9でした!
梨沙と健吾のじれったい関係に毎週キュン死に
ゆったりとした展開でしたが、充分引き込まれてました。
予想外の展開もあったりで。
竹野内豊はやっぱりかっこいいねぇ。

今まで女優上戸彩って特に興味なかったのですが、
(十代の頃は女優なんてやりたくないって発言してたし…)
梨沙は最高のはまり役だったかな。
強がりで、でも人一倍寂しがりやで、ぶきようだけど優しくて、
とても魅力的な女性だったなぁ。
女だけど毎回梨沙の太ももは目の保養でした(* ̄∇ ̄*)

そして、なんといってももずく!
この最悪兄ちゃんが凄く憎たらしいのに、今度は何を
しでかすのかと、出番が楽しみだったくらいで。
吾郎ちゃんのいい意味での胡散臭さが、もずくの役にまた
ぴったりでしたねぇ。吾郎ちゃんを見るたびにムカムカした
くらいもずくはハマり役だったと思います
 
唯一残念だったのはマリア。あの二回がうざかった…
マリアの回は一回で収めてほしかったかな。

それにしても、録画消しちゃって後悔です…。
再放送したら録画して保存しときたいくらい、好きなドラマに
なりました.。゚+.(・∀・)゚+.゚











1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話


【脚本】 臼田素子  秋山竜平  判一彦
【企画】 金井卓也
【プロデュース】 中野利幸
【演出】 宮本理江子  石井祐介  並木道子
【主題歌】 「流星」コブクロ(ワーナーミュージック・ジャパン)

流星流星
コブクロ

ワーナーミュージック・ジャパン 2010-11-17
売り上げランキング : 33

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


butubutu07 at 22:38│Comments(0)TrackBack(9) 10年10月期ドラマ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 流れ星 第10話(最終回) 感想「二人の決断」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2010年12月20日 22:53
流れ星ですが、岡田健吾(竹野内豊)が全ての責任を負って警察に出頭し梨沙(上戸彩)とも別れます。先週は修一(稲垣吾郎)がマリア(北乃きい)の首に手を伸ばしたところで終わっていましたが、別に殺す理由も無いので何も起きません。マリアは修一を記者だと信じ込みます...
2. 流れ星 第10話(最終回) 二人の決断  [ レベル999のマニアな講義 ]   2010年12月20日 22:59
『二人の決断』内容梨沙(上戸彩)との離婚を修一(稲垣吾郎)たちに告げた後、健吾は、警察へ出頭する。同じ頃、修一は、マリア(北乃きい)の病室にいた。クビに手をかけようとす...
3. 流れ星  最終話  [ よくばりアンテナ ]   2010年12月20日 23:16
ん〜〜〜 なんか最後の最後までもったいつけて、 ラストがあっさりしすぎじゃないですか〜!? なんか、もっと!もっと、熱く涙するくらいの感動が欲しかった・・・ ちょっともの足りない・・・最後までじ...
4. 流れ星 10話(最終話)「二人の決断」感想  [ けろりん的ひとりごと ]   2010年12月20日 23:29
終わった…なんともあっさりさっぱり。思い返すともずく兄のことばかり思い出されるんですけど。
5. 流れ星 #10 最終回  [ ぐ〜たらにっき ]   2010年12月21日 00:08
『二人の決断』
6. 流れ星 最終回「二人の決断」  [ のほほん便り ]   2010年12月21日 09:22
ハッピーエンドながら、あっさり気味の幕切れが賛否両論、呼んでるみたいですが、とりあえず、すべて丸くおさまりホッ ヨカッタ。いったんは魔が差して、首に手をかけた修一(稲垣吾郎)ながら、記者と勘違いしたマリア(北乃きい)と、同じ兄妹という境遇から心が通い、...
7. 月9『流れ星』最終回〜稲垣吾郎、通帳でキューピットになる  [ 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) ]   2010年12月21日 11:31
月9『流れ星』最終回〜二人の決断 流星/コブクロ価格:555円(税込、送料別) サブタイトルの「二人の決断」・・・この”二人”ってシンプルに健吾(竹野内豊)と梨沙(上戸彩)を指すのかなぁ。 修一(稲垣吾郎)も、ある意味では「妹離れ」を決断したんだし・・・。 ...
8. 流れ星 最終話:二人の決断  [ あるがまま・・・ ]   2010年12月21日 14:04
良かったぁ〜o(*´∇`*)oニコ 健吾と梨沙、幸せそうだった あの笑顔が見れただけでもうれしいぞ 例え、最後が尻切れっぽくとも・・・(笑) そして、...
9. 【流れ星】最終回(第10話)と視聴率「二人...  [ ショコラの日記帳 ]   2010年12月22日 10:30
最終回の視聴率は、前回の13.4%より上がって、15.8%♪このドラマの最高視聴率で、優秀の美を飾りました♪平均視聴率は14.1%で、今のところ、『相棒9』『フリーター、家を買う。』に...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Profile

みんと

ブログリスト


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ランキング赤

F2

記事検索
楽天市場