2008年10月23日

小児救命 第ニ話「女医が挑む余命24時緊急オペ」3

狩矢(塚本高史)から連絡を受け、宇宙(小西真奈美)が探して
いた拓実(田中碧海)が、川で溺れたと搬送されてきた。
啓翠会へ移送される拓実に付き添う宇宙。無事拓実も意識を
取り戻し、青空クリニックに戻ってきた宇宙。
腹痛を訴える14歳の少女の診察をするが、どうも様子が
おかしかった。サッカー部に所属するつぐみは胸をサラシで
巻いていて、宇宙の質問にも歯切れが悪い。
そこに、無遠慮に診察室に入ってきたつぐみの顧問の先生。
宇宙は診察中だからと顧問を待合室まで追い出す。
「やっぱ女子は駄目か」と顧問は吐き捨てて、女は使い物に
ならないと言い、宇宙に頬を叩かれた。
暴力だと声を荒げる顧問だったが、待合室で待っていた他の
母親達も顧問の言動を批判し、苛立ち帰っていく顧問。


つぐみの診察に戻った宇宙は、つぐみが生理を止める薬を
飲んでると知る。
「サッカー駄目になったら誰も私のことを見てくれない」
震えるつぐみを優しく抱きしめる宇宙。
「誰も見つけてもらえないの怖いよね。一人で頑張るの
つらいよね。でもこんなことしてたら体がボロボロに
なっちゃう。みんな心配するよ」

宇宙はつぐみのことを抱きしめながら、昔の記憶を
思い出していた…。
つぐみの母親が向かえに来て、笑顔で帰って行くつぐみ。

小夜子(渡辺えり)には、顧問を殴ったことを説教される。
それを聞いて納得する宇宙。

階段から落ちた少年が緊急搬送されてきた。診察中に意識を
なくす少年。
受け入れしてくれる病院はなかなかみつからない。
最悪の現状を考え、小夜子たちが止めるのも聞かず、オペの
準備を始める宇宙。
移送された病院で、危険な状態になる少年。
先生の到着を待たずに、宇宙はオペを始めてしまう。



(つづく)


医療ものでありがちな、手術しちゃ駄目な人が緊急の為
強行突破で手術をしちゃうパターンです。
予告を見ると普通に青空クリニックは続いていたので、
特に問題は大きくならなかったのかな。
宇宙は小児科なので、外科の免許は持ってないのかな。
でも手術しないと助からない可能性高いし、難しいですね。

今回も暴走がちだった宇宙先生。
暴走するけどやっぱりいい先生なのですよね。
最初のつぐみちゃんは、てっきり性同一性障害なのかと
思いましたが、期待に押しつぶされそうになってたのですね。
宇宙の優しさで、つぐみの心を解きほぐしせました。
一緒に待合室にいた男の子は、つぐみが好きな設定??
先生はムカついたので、張り倒してくれてちょっとスッ。
でもやっぱりあそこで叩いちゃいけないよな、とも思った
ので、小夜子さんの説教も良かったです。
小夜子さんは手厳しいけど、いいこといいますね。
基本つねに正論です。渡辺えり子がいい感じにはまってる!

啓翠会病院には睨まれてるようですね。
院長?にもキツイ一発をもらってました。
色々と睨まれる存在なんでしょうね、宇宙って。
バイトの医者も雇えなくなって、ますます労働が厳しく
なりそうな青空クリニックです

今回も思い出してた小さい頃の映像…。
宇宙は幼い頃にネグレクトされ、今の大杉蓮パパの家に
引き取られたのかな。そのお母さんは痴呆症なのかな…。
宇宙の仕事場をこっそり見に行く大杉パパは可愛かったな

地味だけど、やっぱりじわじわ面白いなぁ
小暮(勝地)と狩矢で今後三角関係とか??
眼鏡っこ先生は、宇宙のこと逆恨みしてなくて良かったぁ。


1話

脚本:龍居由佳里、
演出:片山修
主題歌:B'z「いつかまたここで」(VERMILLION RECORDS)


ULTRA Treasure(DVD付)

きらきら研修医DVD BOX


butubutu07 at 22:18│Comments(2)TrackBack(4)08'10月期ドラマ(テレ朝) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 小児救命 2 (ドラマ)  [ どらまらんきんぐ×学生日記 ]   2008年10月23日 22:50
またまた今回も突っ走った宇宙先生でした{%流れ星webry%} 赤池先生、呆れつつも宇宙についてきてくれてますよね{%上昇webry%}
2. 小児救命 第2話 ちょっと、、、空回り。。。  [ レベル999のマニアな講義 ]   2008年10月23日 23:55
『女医が挑む余命24時緊急オペ』内容急きょ、開院して大忙しの『青空こどもクリニック』宇宙(小西真奈美)は、赤池(渡辺えり)らの助けにより、何とか乗り切ることに成功。だが、、それからというモノ。毎日大忙し。休みもない状態の宇宙。そのうえ片桐(笛木優子)の...
3. 小児救命 第2話:女医が挑む余命24時緊急オペ  [ あるがまま・・・ ]   2008年10月23日 23:59
また泣かされそうに( ノД`)シクシク… 階段から落ちた根本優太@富田光里くんが危篤状態になり、啓翠会総合病院に 移送する事になった際、いつも待たされて文句ばっか言ってたおっさんが 「絶対、助けてやれよな。」 うわぁ〜ん、この言葉にうるっとしちまっただよ{/face_na...
4. ドラマ・小児救命 〜第2回〜  [ いわぴいのドラマ日記 ]   2008年10月24日 13:20
 今回のラストシーンは完全に暴走じゃないですか?というか「Tomorrow」や「Ns'あおい」のときに問題になった看護師の医療行為ほどじゃないですが、主に内科を見ているように思えた宇宙が手術するのは、麻酔医の先生も言ってましたがかなりやばいんじゃないでしょうかね...

この記事へのコメント

1. Posted by まこ   2008年10月24日 14:49
正義感だけでは通用しない医療の世界・・・
だけど、せめてドラマの中だけでも
という、世間の思いを組みつつも、小夜子さんが
ビシッとしめてくれるのがいいですよね〜
男性教師へのビンタもやりっぱなしではなく
セリフだけだったけど、きちんと折り合いをつけに
いくような描写があったのでホッでしたわ〜
2. Posted by みんと   2008年10月24日 20:03
>まこさん
現実世界では医療界、特に小児科は厳しい時代
ですからね。宇宙先生みたいな先生がもっと
いたらいいのに…と思うものの、実際体力が
もちませんからねσ(^_^;)
ドラマの中でもちゃんと暴走しがちの宇宙先生を、
小夜子さんがちゃんと窘めてくれるので、
見ていて不快感が残りません。
これからも波乱がありそうですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Profile
ブログリスト


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ランキング赤

F2

記事検索
楽天市場